結婚

2018/12/02

お小遣い制なんて時代遅れでしょ?

 今の時代夫婦共働きは普通だ。僕も夫婦共働きである。それならば家賃や光熱費などの共有する部分はお互いにお金を出し合って、後はそれぞれの自由で良いのではないだろうか?

 そもそも、夫婦のお金をどちらか一方が(多くは奥さんが)管理するのは公平性に欠ける。なぜなら僕がそうだからなんだけれど、お金を細かく管理するのは結構たいへんだからである。少なくとも僕は、夜遅くまで働いている妻に僕の財布の管理までやれとは言えない。

財布を3つに分けている。

 我が家は財布を3つに分けている。その1つは共有口座である。家賃、光熱費、水道料金、NHK、インターネットなど共有のコストについてはすべてこの口座で管理している。因みに我が家では毎月これくらいかかるだろうと予測して、予算化して毎月一定の金額をお互いに拠出する方法で管理している。余ったお金に関しては余剰金として備蓄している。

 そして、残りの2つはお互いに管理する財布である。これらについては別にお互いいい大人だし、自分で管理すれば良いだろう。

 僕は自分の財布から、自分のお小遣い、毎月決まった額のインデックスファンドの積立投資、貯金に回している。おそらく奥さんも資産運用はやっていないようだけれど、同じようなもんだろう。

 お金の問題は、夫婦仲が悪くなる原因の1つだ。性格の不一致は、ある意味仕方がないことかもしれないけれど、お金の問題は事前に防げる問題なのだから、事前に対策しておいた方が良いだろう。

今後は?

 最も子供ができたら妻の収入が一定期間減る、もしくは無くなる可能性があるので、これから対策を考えておかないといけないけれど。

 おそらく奥さんが産休、育休中は、家賃や光熱費などの固定費を僕がすべて負担して、今まで自分の小遣い、自分自身の貯金に充てていた部分を減らして、奥さんの小遣いと積立投資への投資資金を捻出する必要があるだろう。

 上記を踏まえるとやっぱり労働の対価としての給与収入って安定しているようで安定していないんだよな。そういう意味で自動的に収入を得られるような仕組み作りが必要だな。誰がサラリーマンは安定しているって言いだしたんだろう?全然安定なんてしてないじゃん。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/04/08

面倒な結婚式はやりたくない、だったら?

それをやることで本当に満足感を得られるのか

 僕たちは何かをやるにあたって満足感を得る。しかし中にはやっても満足感を得られないものがある。僕達はやっても満足できないようなことをやる必要はない。いや、寧ろやるべきではない。だってその時間を他のもっと有益なことに使えるかもしれないのだから。

 例えば結婚式から満足感を得られないんだったら、上記のやるべきでない事柄の一つになり得る。僕自身婚約中なので、まさに婚約者とそれについて話し合っている真只中である。僕は、所謂世間一般的な結婚式を執り行う事で得られる満足感は、果たして挙式費用や手間に対して妥当なものなのか非常に疑わしいと考えている。

 300万超ってどういう金額かわかっている?

 見積金額300万超、式場によっては350万超、自己負担120万以上って普通に考えてふざけた金額じゃないだろうか、と思ってしまうのである。確かに人件費もかかるし、会場代もあるのはわかるけれど、それにしたってボッタクリもいい所だろう。

誰をどこに座らせる?そんなの考えるの面倒!

 また、僕を含めて多くの人はサラリーマンだから会社の同僚、先輩、上司のうち、誰を呼ぶかを考えたり、呼んだ人の中から誰はどこに座ってもらおうなんて考えたりする手間もあるのである。正直死ぬほど面倒臭いし、そんなこと考えている時間はとても非生産的なものだと思う。そもそも論だけれど、僕は休日中に仕事で関わる人の顔なんてみたくもないのでおる。

でも挙式をやらないのは女性側がかわいそう。

 多くの男性が挙式について面倒であると考えいるだろう。僕はその気持ちが物凄い強い方だと自負している。だから世間一般で良く行われているホテルでの挙式、披露宴なんてものはやりたくないのである。とは言っても、まったくやらないのでは女性はかわいそうだろう。ウエディングドレスを一度着てみたいと思う女性は多いのではないだろうか?僕の婚約者もその一人の様である。その機会を男性側の意見で奪うのはあまりにもかわいそうである。

 海外挙式ならば解決できそう!

 そこで、予定しているのが海外挙式である。実際調べていてわかったんだけれど、残念ながら二人だけでやらないならば、ネットで言われているほど格安ではない。渡航費もあるので。因みに二人だけでやる場合は超格安である。家族を呼んで海外挙式をやるならば、日本国内で挙式するのより少し安い程度なんだけど、誰を呼んで、どこに座らせるかなんて考える必要はない、また家族だけなので過度な装飾もいらないし、気疲れも少ないことだろう。

 メリットはそれだけではない。挙式自体のオリジナリティーである。実際結婚式に何度も行ってわかったんだけれど、どこで挙式をしても内容、演出はほぼ同じである。一言で表すと非常に堅苦しい。それはまさに日々の業務の様である。式をやって、披露宴を行い、そこで司会者が二人の馴れ初め紹介したり、幼い時の写真を編集して流したり、上司や友人がスピーチしたり等毎度おなじみ、予定調和的な流れである。あとは新郎新婦の親が最後挨拶か。旧知の仲ならば感動もしたのだけれど、職場の同僚や何となく呼ばれて参加しただけの時に過去を紹介されてもね・・・・・。そんな堅苦しいことはせず、好きなようにできるのは海外挙式のメリットだと僕は思っている。

 さて、日取りも決まったし、式場も押さえたので後は衣装を何にして、オプションは何をつけて、何を削るか考えるくらいである。それくらいならそこまでストレスはない。グアムで挙式をやる予定なので金土日の三日間で挙式を行い、新婚旅行は別に行くつもりなので、そちらの計画に集中できるというものである。

※この記事を読まれた方の中には気分を害された方もいたかと思われます。お詫び申し上げます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2018/03/18

結婚式は自分達のためにやる

 僕は日本で結婚式をやらないで、家族だけで海外挙式にしようと思っているんだけど、先日某ホテルのウェディングフェアに行った。ウェディングフェアに行った理由は美味いものがタダで食べられるからである。まぁ飯はタダだし、相方も楽しそうだと喜んでたしね。

 そして僕にとってその日、ウェディング業界なんて水物商売、虚業だと思い知らされた日となった。たまたま担当者が外れなだけだったのかもしれないけど、正直気分は最悪だった。

 まず、提示された見積書で想定している料理のコースは、そのホテルが用意している料理コースで、一番下のランクだった。因みにそれを僕が指摘して、せめて真ん中のランクで計算し直して見積書を作り直すよう依頼したら、話をはぐらかして、挙げ句の果てに早く決めないと埋まってしまいますよ?と強引に契約を成立させようと迫ってくる始末であった。

 僕達を担当したウェディングプランナーの彼女の様子は、まるで僕が実家に住んでいた時たまに電話がかかってきた、よくわからない不動産会社か証券会社の営業とそっくりだった。今決断しないと物件が売れちゃいますよ? 株価は今が買い時ですよ?みたいな論調のあれである。結婚しない男女が増えているこのご時世でノルマを達成するのは本当に大変なんだろう。お疲れ様ですである。

 また担当したウェディングプランナーから「当ホテルで結婚式をやればお招きする方には絶対失礼になりません。きっとご新郎様のお勤め先での今後の評価が変わってきますよ。」みたいな事も言われた。 まぁそこそこ格式のあるホテルだからその話自体嘘ではないとは思ったけれど、一つの疑問が浮かんだ。こんな法外な金額を払って参加者を中心に考えて結婚式をやらないといけないのか?と。結婚式なんて法外な金額を払うんだから、自分達が楽しむものではないのか?と。

 また強い違和感も同時に感じた。正直契約が成立して、具体的な話を詰めてる段階でこれを言うのはアリかもしれないけど、まだ成約すらしてないからね。全く響かないよね。

  結局当初の予定通り海外で挙式をやる事でほぼ決まりそうである。僕自身あんな法外な金額を払って、当日はまともに飯も食えない、席割りをどうするか、そもそも誰を呼んだ方が良いかなんて考える、予定調和的な進行なのに唯々気疲れするなんて愚行をやりたくないのである。やっぱりそれなりの金額を出すなら自分達が楽しくなくちゃね。そんな僕の考えに同意してくれた相方には感謝である。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2017/10/18

現代の結婚のリスクはむしろ少ない

 「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」BY ゼクシィ  

 上記はゼクシィのキャッチフレーズである。僕は実にうまいと思っている。なんでそう思うかと言うと、このフレーズが実に時代背景を反映させているからである。昨今は女性の社会進出が一昔前に比べてかなり進んでいる。僕の働いている部署の管理職も女性である。女性が男に養われなければ生きていけない時代はもう終わったのである。本記事では僕の結婚論について書きたいと思う。

 恥ずかしながら僕は学生時代、男は女性を養わなければいけない生き物だと勝手に勘違いしていた。女性からしたらとんでもなく失礼な話である。だから学生時代にあまり恋愛経験を高めることができなかったんだろう。今そんなこと言ったら石を投げられることだろう。

 バランスが大事

 僕が思う結婚観は、「お互いに経済的にも精神的にも独立している男女が、一緒にいても良いかな、一緒にいた方が一人でいるより幸せかなと思えたら結婚すればよい」である。理由はどちらかにパワーバランスが偏りすぎていたらうまく行かないと思うからである。

 夫が外で働き、妻が専業主婦なんてアンバランスの極みである。かつて妻は夫から生活費を貰えなかったら生きていけなかったのである。片方が経済的に独立していない、依存するしか道がないなんて不幸以外の何物でもないだろう。

 逆に夫はと言うと、夫婦平等の原則から、仮に夫婦仲が悪くなって離婚したくなっても、できなかったのが現実だったはずである。夫から離婚を切り出して別居でもすれば、自分の収入の文字通り半分を別居中の生活費として差し出さないといけなかったはずだからである。一緒にいても幸せではないのに別れられないなんて、とんでもなく不幸だと僕は思う。

 現在はむしろリスクが減った

 ところが今はそうではない。女性も経済的に独立している。だから依存する必要もない。収入は完全に対等ではないかもしれないけれど、かつてよりは大分マシだろう。一方の男性はと言うと、仮に離婚を切り出しても、女性にも収入があるので、自分の収入を半分持っていかれる事もなくなった。慰謝料は別だが。つまりは、かつてより結婚しても男女ともにリスクが少ないのである。

 そう考えると結婚を難しく考える必要はないのかもしれない。上記の「お互いに経済的にも精神的にも独立している」、「一緒にいた方が一人でいるより幸せ」という条件を満たしているならば、結婚のハードルは大分低くなるのではないだろうか?勿論、性格の一致とか、価値観とか、金銭感覚とかその他にも色々あるけれど。全部一致するなんてそもそもないわけで、どこかは妥協しなければいけないわけだしさ。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink