恋愛

2018/09/09

あなたは自分に自信はありますか?

 先日以前からお付き合いさせていただいている彼女の誕生日だったので、お祝いをする為ちょっと小洒落たレストランで食事をしていた。そこで溜息を吐きたくなる場面に出くわしてしまった。

 店内に多分大学生か社会人1,2年目くらいの合コンのグループが入ってきて近くの席に座ったのである。そして何を勘違いしたかメンズ陣の一部が店員さんに横柄な態度を取っていた。

 多分彼等的にはそれがカッコいいと思っているんだろう。その時点であ〜あ、このメンズ陣はモテないだろうなと思ってしまった。一言言わせてもらうと…。それすげぇダサいよ!

自信がある男は他人を見下さない

 そもそも自分に自信がある男は誰かに横柄な態度を取らない。他者を見下して自分を大きく見せる必要性がないからだ。そもそも店員さんに横柄な態度を取る行動自体が自信のなさの裏返しである。

モテるには自分に自信を持つ必要がある

 男は女性にイケメンだから、金持ちだから、それとも両方だからモテるのだろうか?勿論両方あれば可能性は上がるだろう。でもその両方があっても、自信がなければモテない。

 ルックスも金も副次的な要素であって、モテの主要な要素ではないのである。あくまで主要な要素は自信である。

 ではその自信はどう表現すれば、女子にうまく伝わるだろうか?偉そうな態度だろうか?答えは否である。

 例えば、ある人が他者から軽度の理不尽な事される場面を想像してみてほしい。その人がポーカーフェイス又は笑顔でその理不尽な事をした相手を流したらどう思うだろうか?僕は器の大きな人だと思う。

 また、自分ではなく自分の大切な人に同じことをされた時のみ、冷静に怒るような人がいたらその人も器が大きな人だと僕は思う。

 要は些細なことでは目くじらを立てず、大切なことにのみ怒れる人がモテるのである。自分に自信があるから、そう振る舞えるのである。

 上述の店員に横柄な態度を取っていたメンズは自分のプライドのみの為に怒る人種だろう。実に器の小さい。自分がそういう人種でない事を切に願いたい。

 あなたは自分に自信はありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/07/29

ホット&コールドリーディングを駆使したコミュニケーション

ホットリーディングとは研究によるコミュニケーション
 皆様はホットリーディングという言葉をご存知だろうか?恐らくコールドリーディングという言葉をご存知の方は結構いると思うけれど、ホットリーディングを知っている方は少数ではないだろうか?

 かくいう僕も最近まで知らなかった。とは言っても無意識にはやっていたけれど。ホットリーディングとは、相談者の情報を予め入手し、それを利用することで、信頼関係を築く方法のことである。ホットリーディングはビジネスの現場でも非常に有用な方法である。
 
 昨今はSNSを使って、相手の情報を事前に仕入れることができる。その人の趣味やハマっていること等のプライベート、仕事観、人間関係などそれこそ色々と。
 
 SNS等を利用してその人のことを良く知ることができればビジネスチャンスも拡がることだろう。僕達は技術革新が進むと勘違いしがちだけれど、どんなにテクノロジーが発展してもビジネスは人と人がやるものだからね。
 
 ホットリーディングにコールドリーディングを組み合わせれば、更に円滑なコミュニケーションができる。円滑なコミュニケーションは人間関係の構築にも役立つのである。

コールドリーディングとは経験則によるコミュニケーション

 コールドリーディングとは、誰にでも当てはまる問いかけなどを行い、予めこちらが用意しておいたルーティンにうまく誘導し、信頼関係を築く手法である。

このコミュニケーション方法は経験則からくる部分が多いと思う。なぜなら自分が考えたルーティンに相手に悟らせずに持っていく必要があるのと、そもそもそのルーティン自体が経験則からできあがるものだからである。また、ある程度の話術も必要になるのはいうまでもないだろう。

 僕たちはビジネス現場において、予め相手について仕入れた情報を元にコミュニケーションを取り、所謂ホットリーディングを駆使し、信頼関係を築き、そして、コールドリーディングを駆使して場を盛り上げ、更に信頼関係を強固にする事ができる。人は肯定する事を続けると相手を無意識に信用しようしてしまうのである。

 実はホットリーディング、コールドリーディングは恋愛にも応用可能である。藤沢数希氏が提唱しているメソッドに、イエスセットと言うコールドリーディング理論を応用した戦略があったと記憶している。

 イエスセットとは相手にイエスと思わせる質問を継続的に投げかけて、自分が持っているルーティンに持ち込み、場を盛り上げ、信頼関係築くコールドリーディングの応用例である。僕も若かりし頃に実践してみたんだけれど、かなり強烈な破壊力を秘めていたことを覚えている。

 上記のイエスセットに加えて、意中の相手の情報をFacebookなどのSNSを使い、事前に情報を仕入れたらどうなるだろう?意中の相手は、この人は私のことを本当に理解してくれる素晴らしい人だと思わせることができるのではないだろうか?

 僕は今の彼女と付き合う前は、ホットリーディング、コールドリーディングの両方を組み合わせた戦略を使って、週末の夜の街に繰り出していた。漫画や小説ほどではなかったけれど、学生時代大してモテなかったにも関わらず、そこそこの成果を上げていた。今はやらないけれどね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/07/08

君がモテないのは外見や金のせいじゃない

 よく彼はイケメンだから、奴は金持ちだからモテる、俺はイケメンじゃないから、金持ちじゃないからモテないと愚痴っている男性を見かける。僕の意見ではこれは半分正解、半分不正解である。


イケメンは顔面偏差値が高いからモテるのではない。顔面偏差値が高いことから来る自信によってモテるのである。これ本当である。


大学生まですごくモテていたイケメンが、社会人になって以降、全くモテなくなる現象を多く見るのはその為だ。新しい環境に適応するのに精一杯で、自信を保てないからモテなくなり、それがさらに自信を削がれてしまうのである。まさに非モテスパイラルである。


逆にイケメンじゃなくても恋人が途切れない人も社会人になると見かけるようになる。彼らはイケメンじゃないが、金持ちだからモテるのだろうか? 上記の問いの答えは半分正解、半分不正解である。資産の多寡のみがモテにつながっているのではない。潤沢な資産が彼らに自信を与えて、結果的に彼らがモテるようになったのだ。


最も、イケメンでも、金持ちでもないけれど、モテている人が一定数いるわけなので、モテには外見も、資産の多寡ももしかしたら全く関係ないのかもしれない。


僕は現在31歳、もう少しで32歳のオッサンだ。僕は26から28歳の時に所謂モテ期を迎えた。自分で言うのもどうかと思うけど、同世代の中で結構モテていた方だと思う。僕は外見も年収も至って普通で、イケメンでも金持ちでもないが、なぜかその時期はモテた。


当時の僕は少々仕事にも慣れて余裕があった。また、こっちの方が重要だろうけれど、僕は超がつくほどマイペースな人間である(ノロマという意味ではない、僕はむしろせっかちである)。僕は社会に出ても大して染まらず、学生時代のゆるふわな一面を色濃く残している。今振り返ると、何物にも染まっていない、染められない僕は自信に満ち溢れている、と彼女たちに映ったのかもしれない。


そして僕は28歳から32歳間近の現在に至るまで、今の彼女と付き合っており、今年結婚する予定である。余談だがあと10歳、歳をとった後ならば大して珍しくはない歳の差だが、31歳現在の年齢にしては、所謂歳の差婚である。因みに歳の差婚にありがちなデキ婚ではない。


僕達男性陣はたとえイケメンじゃなくても、金持ちじゃなくても、自信があるように女性陣に見せなければならない。 ただし自信があるように見せるのに周りに横柄な態度をとってはいけない。社会人になってからそれをやると逆に自信のなさの裏返しだと認識されてしまうからである。(事実そうだろう。)


僕たちが女性陣に自信があるように見せるには、ただ素の状態を保持していれば良い。変にカッコつける必要はない、背伸びをし過ぎたモノを身に着ける必要もない。そもそも弱い人は、社会に出た後に自己を保ち続けることが出来ない。自己を保つことが出来た時点で弱い人間ではないのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2017/11/12

自分がイケてない事を受け入れよう

願望は口に出すのも大切だけれど、行動に移して初めて叶う

 「彼女欲しい。」が口癖になっている人をたまに見かける。そしてその後に続く言葉が「出会いがない。」である。気持ちはわからなくはない。でも同時に愚痴っていても何も変わらないのを僕は知っている。

 現代は出会いのツールで溢れている。街コンや合コン、SNS、加えて新しく生まれる様々なイベントもある。「出会いがない」って言葉は単に自分が動いていないから、機会を作ろうとしていないから、ただの言い訳である。同じような境遇の男とお互いの傷を舐めあっていても何も生まれない。 機会を作る努力が必要なのである。

 またこれもよく考えて欲しいのだけれど、今までモテなかった人がある日突然モテるようになるがわけないでしょう?ある日相手から言い寄ってくる、交際を申し込んでくるわけないでしょう?相手の方から求愛してくるなんてシチュエーションはドラマや漫画の世界だけである。自分はそこそこイケているっていう希望的観測を捨てることがはじめの一歩である。

 上記を踏まえると答えは見えてくるハズである。それは、第一に自分から行動することである。自分から出会いのある所に行く。機会を作るよう努める。僕も含めた9割の大してイケてない男は待っていても何も始まらない、悲しいけれどそれが現実である。

 続いてチャンスがあると見たら、勇気を出してそのチャンスに賭けること。過剰にリスクを取る必要はない。ただしリスクはリターンの対価であることは紛れもない事実である。何もリスクを取らなければリターンは得られない。そんな事僕が言わなくてもわかりきっている現実だろう?

 そしていざチャンスが到来し、リスクを考慮してリターンと釣り合っていると判断した時に躊躇なく行動に移すには、自分にある程度自信がある必要がある。その自信は自分を磨いていくことで身につくものである。この自分磨きの方法はどんな方法でも良い。身体を鍛えるでも良いし、教養を身に着けるでもなんでも良い。自分の特性に合わせて磨ければ自ずと自信がつくハズである。

 僕自身は大して外見が良いわけでも、大してお金を持っているわけでもない。ただ上記を理解して自己研鑽をして自信をつけ、積極的に行動するように努めたら、良い出会いにも恵まれることが出来た。そしてこのことを20代前半までに理解していたらなと30代になって振り返っている。

 上から目線でこの記事を書いてしまったことをお詫びいたします。ただクリスマスも近づいてきて皆様全員に幸せになって欲しいと思い、敢えて厳しい内容を書かせていただきました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2017/10/22

小さいハート、大きいハートどっち?

 小さいハート、大きいハートどっち?

 あなたは大きいハートが欲しいの?それともすぐ消えちゃう小さいハートが沢山欲しいの?いつだったか、付き合っている彼女にそんな事を聞かれた。

 大きいハートとは所謂世間一般で言うちゃんとした恋愛、小さいハートとは短期的なもの、主にワンナイトの事である。念のため。

 もし上記を問われたら、20代半ば位までは多分小さいハートを沢山欲しいと心の中では回答していたと思う。僕自身誰か一人に決めたいと考えてなかったし、恋愛なんてのは、そもそも確率のゲームであり、暇潰しの一つくらいにしか当時は考えていなかったからだ。 しかし、今同じ問いかけをされたら、大きい方が欲しいと回答するだろう。

 本記事では大きいハートが欲しいと相手に思わせる方法を男目線で書きたいと思う。もし女性の方で本記事を読んでいる方がいらっしゃいましたら参考にして欲しい。

 そもそも、なぜ男は一人の相手に決めようと思うのだろう?僕は男が一人の相手に決める要因は大きく分けて四つあると思う。

四つのシンプルな理由 

 一つ目は胃袋を満たしてくれることである。女性はわからないだろうけれど、大多数の一人暮らしの男の食事なんてひどいものである。仕事が終わった後の晩飯は外食だったら大手牛丼チェーン店の牛丼かラーメンがメインで、家で食べるとしてもスーパーやコンビニなどの弁当か、良くても適当な惣菜を買って、後は白飯を炊くくらいのものである。そんな状況で家にたまに来て、ご飯を作ってくれたりしたら、もう男はその相手を手離したくないと思うのである。余談であるが、このご飯は凝った料理である必要はない。作ろうと思えば男でも作れるもので良いのである。

 二つ目は人間の三大欲求の一つ、性欲を満たしてくれることである。草食系男子と言う言葉が生まれて久しい世の中であるが、彼らにその欲がなくなったわけではない。ただその欲の比重が下がっただけである。健全な男は女性と食事などのデートをしていてそういう状況になったら、したいと思うものである。そして何度か事に及び、この欲が満たされている状況が継続されると、今度は失うのが怖くなってしまうものなのである。

 三つめは男の周りとも会って関係を良好にしておくことである。具体的に親は勿論、友人、職場関係などである。ただし会って関係を形成する順番は絶対に間違ってはいけない。必ず友人が最初である。いきなり親や職場関係だと男は重たい、逃げたいと思ってしまうからである。親と職場関係の順番は通常親が先になると思われるが、状況によっては前後してしまっても大きく結果は変わらないだろう。

 四つ目は男を尊重することである。これは男に尽くした方が良いと言うことではない。やりたい事をやらせてあげるという事だ。僕は給与はそれ程だけれど、そこそこ業績の安定した会社で働いている。しかし息が詰まりそうな閉鎖的な社風にウンザリしていて転職したいと思っている。その事を付き合っている彼女に伝えたら、私は○○で働いている僕が好きなんじゃないと言ってくれた。彼女の本心はわからないけれど、嘘でもそう言ってくれる女性と一緒にいたいと思うのが男の性である。

 勿論上記以外にも男が一人の相手に決める要因はある。ただ上記のすべてを満たしている状況において、(一部の物凄くモテている男はどうかわからないが)男がその相手を手放したいと思う事は稀である。少なくとも自分は上記のすべてを満たしている今交際中の彼女を手放したいと思わない。女性の皆様参考にしてみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink