日常

2018/07/01

年収が上がっても生活水準を一定に保つ

 僕の将来の夢は、アーリーリタイアして世界中を旅行することである。その為には金がいる。そしてとても大事な事だけれど、アーリーリタイア後も継続して収入源を確保する必要がある。貯金を取り崩しながら生活するのは精神衛生上良くないからである。

 僕が考える将来に収入源を確保する方法は、資産運用である。資産運用には種銭がいる。 種銭を確保するには月々の収支を必ずプラスにする必要があるのであるが、案外これが難しい。ついつい使いすぎたりしてしまうしね。自分への投資だとか言い訳を作って。

 さて、ここで月々の余った分を投資資金の種銭に充てるという考えは絶対に持ってはいけないと断言できる。何故ならそれは強い苦痛を伴うからだ。貯金と同じでこれは難しいのである。我慢が目に見えてしまうから。

 僕が考える月々の収支を常にプラスに保つ方法は、月々にいくら資産運用に充当するか予め決めてしまうである。最初から家賃などと同様に、生活費の固定費用としてカウントしてしまうのである。仮にそれ以外に余った金を全て使ってしまったとしても、収支は常にプラスになるという寸法である。

 加えて、定期昇給などの収入の増加に併せて、資産運用に充当する金額も徐々に増やすのが理想形である。徐々に種銭を増やすことでアーリーリタイアまで要する期間を短縮させる事ができるのである。

 また、上記を実践する事で、生活水準を一定に保つことができる。僕達はたとえ収入が上がっても、それに合わせて生活様式を変える必要はないのである。

 ところで、生活水準を一定に保つ事には、たとえ収入が下がったとしても精神的苦痛を軽減する事ができるという、副次的な効果があるのである。 年収500万の人、Aさんが年収300万の人と同じ生活をしていたとする。ある日突然、Aさんの年収が本当に300万まで下がってしまったとしてもいきなり生活が破綻することはないだろう。勿論実際にそれが起こったら悲しいだろうけれども。

 僕はアーリーリタイアするまでの過程でも、精神的苦痛を軽減し、幸福度の高い生活を送りたいと思っている。将来の為、という漠然とした目標の為だけに、高い収入だからという理由だけで仕事を続けるのは不幸である。(僕は高給取りではないけれど。)

 ところで、上記Aさんが今やっている仕事が嫌で嫌でしょうがなかったとしよう。Aさんは収入の割にかなり質素な生活をしているので、仕事を選択する際に、多少年収が下がることがわかっていたとしても躊躇なく決断できるだろう。だって生活水準は変わらないからである。

 もし僕達が転職を考えたり、フリーランスになりたいと考えたりした時、転職や独立の前後で、生活水準が一定に保つことができるのであれば、少ない苦痛で決断する事ができるだろう。上記のAさんのように生活水準をある程度セーブしているのであればそれは可能かもしれない。まぁ僕は旅行くらいしか趣味がないので普段の生活はかなり質素なほうなんだけれどね。この考えはアーリーリタイヤにもつながる考えだと思う。

 話がそれてしまったが、アーリーリタイヤ後には収入源が必要だから資産運用しておく必要がある。アーリーリタイヤ後は派手な生活はしないことになるだろうから(そもそも散財している人がアーリーリタイヤできるとは到底思えないけれど)、生活水準も馬鹿みたいに上げるのは避けた方が良いだろうってことで締めておく。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/06/24

目標はサラリーマンをなるべく早く卒業すること

会社の飲み会に行くと毎度違った意味で奮い立たされる

 先日会社の飲み会に参加した。僕の中では9割は時間の無駄だ。金はかかるし、飲み会中の話題は仕事の愚痴、誰かの悪口、人事などの噂話に終始し、挙げ句の果てに説教されたりもする。金を出してなんでこんなくだらない事をしているのだろうと毎回思ってしまうのである。

 一方で1割はメリットがある。それは早くこんなくだらない世界を卒業したいと自分を奮い立たせることができることである。


オジサンはいつも好き勝手な事を言う

 僕は歳を取ってもあーはなりたくないと思う。飲み会中の目の前のオッサン達は、若い頃の苦労話を得意げに話し、お前達も頑張れと部下に言う。プライベートの話になると早く結婚しろ!と勝手な事をほざいている。そして酔いが回ると(会計の時間が近づくと)妻からの小遣いが少ないと愚痴り始める始末である。はっきり言ってすべてにおいて聞くだけ無駄である。

 そもそも今の時代、わからないことはほとんどGoogleで調べることができる。生きてきた期間の長さによる、知識量の差は過去のそれに比べたら限りなく減っているのではないだろうか?少なくとも僕にはそう思えてならない。歳を取るとそれがわからなくなるんだろうか?

 また、頑張れと言うけれど、仮にサラリーマンとして頑張ったとして、将来の自分の姿は今目の前にいるオッサンと同じような姿だろう?角がなくなり、自分では何も考えられなくなり、会社に管理されないと生きていけず、家に帰っても妻に財布を握られ管理されて生きるオッサン。そんなモノに僕は成り下がりたくないのである。僕は結婚しても妻に管理されるような生き方は御免である。

サラリーマン=現代の小間使い

 ところで、サラリーマンはどんなに出世してもずっと小間使いである。仕事ができる、できないはあっても、それは不変の事実である。もっとも仕事ができる、できないも「与えられた」仕事をいかに効率的に処理するかでサラリーマンは評価されるのであるが。

 また、サラリーマンは安定していると言われるけれど、本当だろうか?提供できるのは自分の労働力のみだ。その労働力も原則その会社のみで使える技能である。

 社会情勢や会社の方針が変われば、業務で身に着けた技能は無駄になる可能性がある。業務に必要ない技能は会社にとって当然不要なので、突然クビにされる可能性だって0ではないのである。

 法的にそんなことは無理?少子高齢化の日本で将来不要な社員を飼い続ける企業が果たしてどれくらいあるでしょうか?余裕のある大企業でもなかったら、無理でしょう?

 サラリーマンはどんなに出世しても小間使いである。小間使いをやり続けた後に待っている姿は、常に誰かに管理されなければ生きることができない情けないオジサンである。また、サラリーマンは必ずしも安定しているわけではない。

 それならば、サラリーマンをやる意味は?僕は、会社勤めは誰か、何かに依存しないで生きていく為の種銭を作る手段として捉えている。長くやり過ぎると、自分も情けないオジサンに成り下がってしまうので、なるべく早く卒業したいものである。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2018/05/20

自分で勝手にハードルを上げない

挫折するには理由がある

 僕たちは変化を恐れる。だから何か新しいことをやる時、初めて何かをする時、何かと理由をつけてそれらを回避しようとしがちである。それはなぜだろうか?挫折するのを本能的に知っているからである。つまり最初から実現できないと諦めているのである。でもそれだといつまでたっても成長できない。と言うか成長したと実感できない。

ハードルを上げすぎない

 例えば、今あなたは英語学習しようと考えているとしよう。あなたは自分には無理だと思うかもしれない。確かに今まで生きてきた中で英語にそれほど触れてこなかったのならば、中々難しい作業だろう。ネイティブの様に英語を使いこなしたいなど、理想が高ければ尚更である。しかし、目標を英語で外国人の方とコミュニケーションを取れるようになりたい、にしたらどうだろうか?僕の経験則だと簡単ではないけれど不可能な目標ではない。

 あなたは日本語を話す外国人と会話したことがあるだろうか?彼らの多くは我々が話すのと同じように日本語を話せるわけではない。しかし、意思疎通は取ることが出来るだろう。これは僕達にも言えることである。たとえ僕達が英語を完璧に話せなくてもコミュニケーションを取ることは可能なのである。

 他の例も書いてみよう。ダイエットをしたいと思っているとする。男性ならばアスリートのよう筋肉質は身体、女性ならばモデルのような細い身体を理想とするかもしれない。しかしながら、自分の体型がそれらとかけ離れているのならば、実現は不可能ではないけれど難しいだろう。そして我々の多く挫折する。もしくは挫折するのを知っているので初めから挑戦しないだろう。

 しかし、ここで目標を変えたらどうだろうか?例えば男はムキムキだはないけれど、ポッコリお腹ではない、健康的な身体、女性も、モデルのようなガリガリではなく程よく肉付きがあって健康的な身体(実はそっちの方がモテるという事実を多くの女性は知らないように見受けられる)と言った具合に変えてみるのである。これらは実現するのは不可能ではない。暴飲暴食をしない(特に炭水化物を)、適度に運動する事でそれらの体型を手に入れることが出来るだろう。

 この「ハードルを上げすぎない」は非常に大事な考え方である。「継続は力なり」という諺があるけれど、何か大きな事をやるには継続することが必須になる。いきなりハードルを上げすぎず、徐々にハードルをあげるのならば、実現可能な事も同時に徐々に増えていくことだろう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2018/04/08

面倒な結婚式はやりたくない、だったら?

それをやることで本当に満足感を得られるのか

 僕たちは何かをやるにあたって満足感を得る。しかし中にはやっても満足感を得られないものがある。僕達はやっても満足できないようなことをやる必要はない。いや、寧ろやるべきではない。だってその時間を他のもっと有益なことに使えるかもしれないのだから。

 例えば結婚式から満足感を得られないんだったら、上記のやるべきでない事柄の一つになり得る。僕自身婚約中なので、まさに婚約者とそれについて話し合っている真只中である。僕は、所謂世間一般的な結婚式を執り行う事で得られる満足感は、果たして挙式費用や手間に対して妥当なものなのか非常に疑わしいと考えている。

 300万超ってどういう金額かわかっている?

 見積金額300万超、式場によっては350万超、自己負担120万以上って普通に考えてふざけた金額じゃないだろうか、と思ってしまうのである。確かに人件費もかかるし、会場代もあるのはわかるけれど、それにしたってボッタクリもいい所だろう。

誰をどこに座らせる?そんなの考えるの面倒!

 また、僕を含めて多くの人はサラリーマンだから会社の同僚、先輩、上司のうち、誰を呼ぶかを考えたり、呼んだ人の中から誰はどこに座ってもらおうなんて考えたりする手間もあるのである。正直死ぬほど面倒臭いし、そんなこと考えている時間はとても非生産的なものだと思う。そもそも論だけれど、僕は休日中に仕事で関わる人の顔なんてみたくもないのでおる。

でも挙式をやらないのは女性側がかわいそう。

 多くの男性が挙式について面倒であると考えいるだろう。僕はその気持ちが物凄い強い方だと自負している。だから世間一般で良く行われているホテルでの挙式、披露宴なんてものはやりたくないのである。とは言っても、まったくやらないのでは女性はかわいそうだろう。ウエディングドレスを一度着てみたいと思う女性は多いのではないだろうか?僕の婚約者もその一人の様である。その機会を男性側の意見で奪うのはあまりにもかわいそうである。

 海外挙式ならば解決できそう!

 そこで、予定しているのが海外挙式である。実際調べていてわかったんだけれど、残念ながら二人だけでやらないならば、ネットで言われているほど格安ではない。渡航費もあるので。因みに二人だけでやる場合は超格安である。家族を呼んで海外挙式をやるならば、日本国内で挙式するのより少し安い程度なんだけど、誰を呼んで、どこに座らせるかなんて考える必要はない、また家族だけなので過度な装飾もいらないし、気疲れも少ないことだろう。

 メリットはそれだけではない。挙式自体のオリジナリティーである。実際結婚式に何度も行ってわかったんだけれど、どこで挙式をしても内容、演出はほぼ同じである。一言で表すと非常に堅苦しい。それはまさに日々の業務の様である。式をやって、披露宴を行い、そこで司会者が二人の馴れ初め紹介したり、幼い時の写真を編集して流したり、上司や友人がスピーチしたり等毎度おなじみ、予定調和的な流れである。あとは新郎新婦の親が最後挨拶か。旧知の仲ならば感動もしたのだけれど、職場の同僚や何となく呼ばれて参加しただけの時に過去を紹介されてもね・・・・・。そんな堅苦しいことはせず、好きなようにできるのは海外挙式のメリットだと僕は思っている。

 さて、日取りも決まったし、式場も押さえたので後は衣装を何にして、オプションは何をつけて、何を削るか考えるくらいである。それくらいならそこまでストレスはない。グアムで挙式をやる予定なので金土日の三日間で挙式を行い、新婚旅行は別に行くつもりなので、そちらの計画に集中できるというものである。

※この記事を読まれた方の中には気分を害された方もいたかと思われます。お詫び申し上げます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2018/03/18

結婚式は自分達のためにやる

 僕は日本で結婚式をやらないで、家族だけで海外挙式にしようと思っているんだけど、先日某ホテルのウェディングフェアに行った。ウェディングフェアに行った理由は美味いものがタダで食べられるからである。まぁ飯はタダだし、相方も楽しそうだと喜んでたしね。

 そして僕にとってその日、ウェディング業界なんて水物商売、虚業だと思い知らされた日となった。たまたま担当者が外れなだけだったのかもしれないけど、正直気分は最悪だった。

 まず、提示された見積書で想定している料理のコースは、そのホテルが用意している料理コースで、一番下のランクだった。因みにそれを僕が指摘して、せめて真ん中のランクで計算し直して見積書を作り直すよう依頼したら、話をはぐらかして、挙げ句の果てに早く決めないと埋まってしまいますよ?と強引に契約を成立させようと迫ってくる始末であった。

 僕達を担当したウェディングプランナーの彼女の様子は、まるで僕が実家に住んでいた時たまに電話がかかってきた、よくわからない不動産会社か証券会社の営業とそっくりだった。今決断しないと物件が売れちゃいますよ? 株価は今が買い時ですよ?みたいな論調のあれである。結婚しない男女が増えているこのご時世でノルマを達成するのは本当に大変なんだろう。お疲れ様ですである。

 また担当したウェディングプランナーから「当ホテルで結婚式をやればお招きする方には絶対失礼になりません。きっとご新郎様のお勤め先での今後の評価が変わってきますよ。」みたいな事も言われた。 まぁそこそこ格式のあるホテルだからその話自体嘘ではないとは思ったけれど、一つの疑問が浮かんだ。こんな法外な金額を払って参加者を中心に考えて結婚式をやらないといけないのか?と。結婚式なんて法外な金額を払うんだから、自分達が楽しむものではないのか?と。

 また強い違和感も同時に感じた。正直契約が成立して、具体的な話を詰めてる段階でこれを言うのはアリかもしれないけど、まだ成約すらしてないからね。全く響かないよね。

  結局当初の予定通り海外で挙式をやる事でほぼ決まりそうである。僕自身あんな法外な金額を払って、当日はまともに飯も食えない、席割りをどうするか、そもそも誰を呼んだ方が良いかなんて考える、予定調和的な進行なのに唯々気疲れするなんて愚行をやりたくないのである。やっぱりそれなりの金額を出すなら自分達が楽しくなくちゃね。そんな僕の考えに同意してくれた相方には感謝である。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink