日常

2019/02/24

大人のケンカとは

突然ですが、皆様は大人のケンカとは何を思い浮かべるだろうか?トーク力で相手を圧倒?暴力?答えは否である。答えは法律知識を駆使して、相手を屈服させるである。

我々は法治国家で生活している。個人も法人もすべて法律による支配の下で存在している。もし、イザコザが発生したら、最終的には法律知識を駆使して、相手をねじ伏せる必要がある。

勿論イザコザになる前に、当事者同士の話し合いでお互い合意のもので取引をしたりもあり得るわけだけれど。その話し合いも法律の下で利害を調整するのである。

法律に違反していたら、どんなにトーク力に優れていようが、相手より優位な立場にいようと最終的に裁判になったら勝てない。これを理解していない人がいかに多いことか・・・・。当然暴力を使っても何の解決にもならない。

我々の権利、義務は法律によって調整される。だから、法に基づいて自分の権利を守り、また同時に相手の利害も考えないといけないのである。

さて、法律と言っても何を学べば良いだろうか?答えは民法である。民法は我々の生活で最も身近な法律であり、私人間のすべての法律の一般法である。

勿論、民法は一般法なので、優先して適用される法律、所謂、特別法があるわけだけれど、そう言った法律は適用される場面が限定されている。だから、まずは民法の知識があれば良いだろう。民法はすべての法律を理解する上でのベースなのである。

話は逸れるが、そもそもの話、最低限の法律知識がなかったら自分の利益が侵害されている事すら気づかない可能性がある。最終的に弁護士に依頼にするとしても、最低限の法律知識がなかったら依頼することすらできないのである。

 自分を守るのは他でもない自分である。自分を守るにはある程度の法律の知識が必要なのである。

僕は別に弁護士でもなんでもない。行政書士の試験に落ちるくらいのへっぽこである。だけれど、社会に出て法律を使う仕事をしていてわかったんだけれど、何も知らない人は一方的にむしり取られる。僕達はむしり取られたくなかったら法律知識を身に着ける必要があるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2019/01/13

お待たせ!の段階でファッションチェックは始まっている。

最初に書いておくと、僕自身は全くファッションには興味がない。だけれど、同時にそれなりの身だしなみをしていないと、自分が損することを僕は知っている。身だしなみを整えるとは独創性でオシャレな格好をすることだろうか?僕の答えは明確にNOである。 

僕が考える「それなり」の身だしなみとは相手に不快感を与えない、ダサいと思わせないファッションのことである。僕達が誰かに会う時、別に個性的な服を着る必要もないし、この人すごいオシャレだとか思わせる必要は全くないのである。

だけれど、どの瞬間から人はこの人はダサい、この人はオシャレだと評価しはじめるのだろうか?相手の顔をハッキリと認識できる瞬間だろうか?それとも・・・・?

ところで、休みの日のコーディネートを考える時に、皆様はトップスを先に考えるだろうか?それともボトムスからだろうか?多くの人はトップスから考えがちだ。なぜなら相手の顔を見た時に同時に視界に入るのはトップスだからである。

ところが、この考えは大事な事を見落としているのである。皆様にデートや待ち合わせしている状況をイメージしてほしいんだけれど、僕達の視界に最初に映る相手の姿はどんなだろうか?

答えは簡単で、全体像である。僕達が相手にお持たせ!と言う時も、僕達が相手に言われる時も、最初に視界に映る相手の姿は全体像である。つまり、トップスが視界に入るころには、相手のファッションチェックはもう既に終わっているのである。 

だから、僕は敢えてコーディネートをボトムスから考えるのを提案したい。なぜなら汎用性の高いボトムス選べば、トップスはある程度適当でもそれなりのコーディネートが作れるからである。

僕は週末用のボトムスを黒スキニー、ベージュのスリムチノ、白のスリムチノ、ブルーのスリムデニムで回している。すべてユニクロでOKである。余談だけれどユニクロならば無料で裾上げもしてくれるので、スッキリ着ることが出来る。

上記に共通しているのはすべて細身であることである。また細見に加えて、何も柄が入っていない無地のものを選ぶとなお良いだろう。ボトムスにシンプルかつスッキリしたフォルムを持ってくるとコーディネートが本当に簡単になるからである。

ファッションチェックは、僕達が考えているより早い段階で始まっており、トップスの柄をハッキリ見られる頃には既に終了している。だから全体像を意識してコーディネートを考えないといけないのである。 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2019/01/01

2019年の目標

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年も今年の目標をあげたいも思う。と言ってもほぼ焼き回しですけれど。以下が50個の目標である。


  • 英語力を磨く

  • 英語以外の外国語を学ぶ

  • 小説以外の本を10冊以上読む

  • 小説を5冊以上読む

  • 諺や漢字などの学習

  • ビジネスマナーを勉強しなおす

  • オフィスソフトを含むITスキル向上

  • 今後のキャリアに役立ちそうな資格(主に法律関連)を取得する

  • その他雑学を得るために常にアンテナを張る

  • より効率的に仕事を進める

  • 業務をマニュアル化して休みを取りやすくする

  • 有給消化15日以上を目指す

  • 休日出勤を昨年より少なくする

  • 仕事上のケアレスミスを減らす

  • 自分自身で始められるビジネス、商品を模索する

  • 月々の積立投資額を増やす

  • ボーナスの30%以上は投資資金に充てられるようにする

  • 資産運用のランニングコストを下げる

  • 今年こそはふるさと納税をする

  • 今年こそは株主総会に出席する

  • 純資産額を殖やす

  • 今年こそはiDeCoを始める(去年は結局やらなかった)

  • 2019年のマネープラン・資産運用を早いうちに決める

  • 投資、資産運用とはある程度距離をとって付き合う

  • 生活費を下げることができる個別株に投資する

  • 旅行積み立てを月5000円はする

  • ポートフォリオのリスクをより正確に把握する

  • Fund of the Year2019に投票する

  • ブログを最低週に1回は更新する

  • ブログの話題を増やす

  • ブログアクセス数を倍増させる

  • 妻を大切にし、今よりももっと幸せにする

  • 海外旅行に最低1回は行く

  • 国内旅行に近場2回、遠くへ1回行く

  • 旅行先で食べた事ないものに挑戦する

  • 健康に気を遣う(手洗いうがいの徹底)

  • 身体を絞る

  • お酒の量を減らす

  • 外食の回数を減らす

  • 料理のレパートリーを増やす

  • 週に最低1回は運動するようにする

  • 映画を20本以上は観に行く

  • ライブ、コンサートに最低1回は行く

  • 新しい趣味を見つける

  • ダーツを練習する

  • ビリヤードを練習する

  • 雰囲気の良いカフェを開拓する

  • シンプル、ベーシックコーディネートを徹底する

  • 手入れがより楽で自分に合うヘアスタイルをみつける

  • コスパを意識して買い物し無駄遣いしない



  • 多分達成率は例年同様低いだろうけれど頑張ろう(笑)




    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

    2018/09/09

    あなたは自分に自信はありますか?

     先日以前からお付き合いさせていただいている彼女の誕生日だったので、お祝いをする為ちょっと小洒落たレストランで食事をしていた。そこで溜息を吐きたくなる場面に出くわしてしまった。

     店内に多分大学生か社会人1,2年目くらいの合コンのグループが入ってきて近くの席に座ったのである。そして何を勘違いしたかメンズ陣の一部が店員さんに横柄な態度を取っていた。

     多分彼等的にはそれがカッコいいと思っているんだろう。その時点であ〜あ、このメンズ陣はモテないだろうなと思ってしまった。一言言わせてもらうと…。それすげぇダサいよ!

    自信がある男は他人を見下さない

     そもそも自分に自信がある男は誰かに横柄な態度を取らない。他者を見下して自分を大きく見せる必要性がないからだ。そもそも店員さんに横柄な態度を取る行動自体が自信のなさの裏返しである。

    モテるには自分に自信を持つ必要がある

     男は女性にイケメンだから、金持ちだから、それとも両方だからモテるのだろうか?勿論両方あれば可能性は上がるだろう。でもその両方があっても、自信がなければモテない。

     ルックスも金も副次的な要素であって、モテの主要な要素ではないのである。あくまで主要な要素は自信である。

     ではその自信はどう表現すれば、女子にうまく伝わるだろうか?偉そうな態度だろうか?答えは否である。

     例えば、ある人が他者から軽度の理不尽な事される場面を想像してみてほしい。その人がポーカーフェイス又は笑顔でその理不尽な事をした相手を流したらどう思うだろうか?僕は器の大きな人だと思う。

     また、自分ではなく自分の大切な人に同じことをされた時のみ、冷静に怒るような人がいたらその人も器が大きな人だと僕は思う。

     要は些細なことでは目くじらを立てず、大切なことにのみ怒れる人がモテるのである。自分に自信があるから、そう振る舞えるのである。

     上述の店員に横柄な態度を取っていたメンズは自分のプライドのみの為に怒る人種だろう。実に器の小さい。自分がそういう人種でない事を切に願いたい。

     あなたは自分に自信はありますか?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

    2018/09/02

    エリートなんて疲れるだけ

     先日取引先の同年代の方とお茶する機会があり、ちょっと世間話をしていた。その時に僕がその方に思うところがあった。

     と言うのも、その方は世間的に見たら僕の所属する会社よりランクがずっと上の会社で働いている、所謂エリートだ。勿論僕より年収も高いはずだ。にもかかわらず、全く幸せそうには見えなかったのである。と言うか激務すぎて、若しくは社内での競争が厳しすぎて、またはその両方で潰れそうなのでは?という印象だった。

     話を聞いてみたら、まぁ激務である。平日は早朝から夜遅くまで働き、時には土日も出勤し、休みはほとんど取れないという生活とのことだった。念のため書いておくと、その方は仕事ができる優秀なビジネスマンである。ゆるふわサラリーマンの僕なんかよりずっと優秀だろう。

     実は僕は学生時代、その取引先の採用面接を受けて、最終面接まで進んだんだけれど、結局落ちたという過去がある。今だから思うんだけれど、学生だった当時にその会社に受からなくて良かったなと心の中で思った次第である。

     僕も時には夜遅くまで残業することはあるし、休日出勤も時にはあるけれど、頻繁にはない。最近では、繁忙期以外は比較的休みは取れている。と言うか、そうしないとモチベーションが上がらないので空気を読まず休むようにしている。だって有給休暇ってサラリーマンをやっている唯一のメリットではないだろうか?そんな風に考えているからサラリーマンを卒業できないのかもしれないけれど。

    若い時は良い、でも歳を取ったらその生活に堪えられない

     若かった学生時代の当時の僕は、社会人になったら毎日夜遅くまで働き、時には土日返上で働き、ガツガツ稼ぐ生活に憧れていた。バリバリ働いている自分の姿をイメージをしていた

     学生時代、金がなかった僕は、金を欲していた。金があれば今よりずっと幸せなんだろうと信じて疑わなかった。当時の僕はビジネスマン(サラリーマンとしてが正しいかもしれない)としての成功を理想としていた。

    時間こそもっとも貴重な資産
     
     一方で、現在の僕は毎日夜遅くまで働いて、休みがあまりない、時間がない生活なんて微塵もうらやましいと思わない。と言うか、現在の僕は、極力労働時間を減らして金を稼げないものかと毎日考えているくらいである。

     僕は正直お金があれば週に5日も働きたくないと思っている。もっともニートのような生活はまだ良いかなとは思っているけれども。なぜなら僕のようなコミュ障があまりにも社会との接点がないと社会性を失ってしまうからである。気が向いたときに働くような生活が僕の理想とするライフスタイルである。

     多分取引先のその方が働いている会社には、エリートビジネスマンが大勢いることだろう。そこでは僕が働いている会社では考えられないような競争が日夜繰り広げられているんだろう。しかしながら、僕はそんなライフスタイルを微塵もうらやましいとは思わない。

     やっぱりサラリーマンを続けている限りは、大してお金の面でも時間の面でも裕福な生活なんて手に入らないんだろう。やっぱり僕はアーリーリタイヤしたいな。


    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)