人間関係

2018/11/04

学校嫌いなんて気にする必要なんてない

 僕は学生時代(主に小学校から高校まで)まで学校が嫌いだった。正直本当に楽しいと思ったことなんて一度もなかったのではないだろうか?その一方で今はそこそこ楽しんで生活できている。

 小学校から中学校までの僕は、何かと理由を作って欠席していた。頭が痛いとか、熱があるとか言ってね。不登校と言われるレベルではなかったけれど、サボりマンだったことは間違いないだろう。だってテレビゲームの方がやりたかったんだもん。

 高校生の時は家から学校までの通り道に映画館があったので、朝家を出て、適当なところで時間を潰して、映画を観てから登校するなんて日常茶飯事だった。だって学校の授業よりそっちの方が楽しかったからね。

 そんな話をすると、僕が学校でいじめられていたとか、学校の授業について行けなかったとか思う人もいるかもしれない。けれど、僕はいじめられていなかったし、勉強はそこそこできる方だった。単純に僕は学校生活が好きじゃなかっただけだ。

 何故好きじゃなかったのか?僕はあのみんな同じ、人と違うことをしたら顰蹙を買う同調圧力、村文化に若いながらウンザリしていたのである。だからサラリーマン生活も好きではない。(給料を貰っているわけだから、学生時代のようにサボったりしないけれど。)

 でも大学に進み、アメリカ留学を経験したら視点が変わった。留学中、個人主義的な思想で生きていても問題ないんだということを初めて肌で感じることができた。

 別に僕は海外かぶれとかではない。現に僕は日本で生活することを選んでいる。日本のご飯の方がおいしい、良いサービスを受けられる等優れているところが多いのを僕は知っているからだ。

 僕はこの記事で視野を広げる為に海外に飛び出せとか、適当なことを言いたいのではない。小学校から高校までのような閉鎖的な世界に嫌気がさしても、人生捨てたものではないと言っているのだ

 現に今年32のオジさんの僕は、仕事は正直好きではないけれど、学生時代より人生を楽しんでいる。何故なら社会人の方が付き合う人を能動的に選べるからだ。

 会社や取引先の人とは仕事以外では付き合う必要はない。完全に断ち切るのは難しいけれど、避けることはできるだろう。

 そして学生時代の友人は社会人になれば切ろうと思えば簡単に切ることができる。何度か誘いを断れば向こうから切ってくれるだろう。

 でも不思議と古い関係を断ち切ると新しい出会いがあったりするのである。そして新しく出会いでは、学生時代のようなウェットな付き合いはしなくて良いからかえって楽である。そんな生活ならば学生生活より楽しいだろう?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/06/03

人間関係≠利害関係

人間関係≠利害関係を理解しよう

 学生の時に一緒にいる人との付き合いと社会に出てからのそれは何が違うか? 前者は人間関係、後者は利害関係という点が異なっていると僕は考えている。まぁ全部がこれに当てはまるわけではないと思うけれども。

利害関係は利害がなくなれば終わらせることができる関係

 僕は多くの場合、後者の方が楽だと個人的に考えている。利害関係はお互いの利害がなくなれば関係を続ける必要がないからである。 仕事関係で付き合う人と、利害関係ではなく、人間関係を築こうと頑張ってしまうと、上手くいっていれば良いけれどそうでない場合は、とても辛いものになるだろう。絶対やめた方が良いと僕は思う。

 例えば、会社の同僚が風邪で体調を崩したとして、お見舞いにわざわざ行くだろうか?ほとんどの人は行かないだろう。これはそんなことをしても何の利益にもならないからである。一方、自分の大切な人が風邪で体調を崩したらどうだろうか?多くの人はお見舞いに行くのではないだろうか?たとえそれが何の利益を生まなかったとしても。

 また、もし取引先が倒産したとしよう。取引先が倒産したとして、あなたはそれ以降もそこで働いていた人と付き合おうとするだろうか? 僕だったら多少の同情はしても、付き合おうとは微塵も思わないだろう。とは言っても、日本人にあるあるのハッキリとあなたとはもう関係ないとは言わず、スーッとフェイドアウトする行動をとるだろうけれども。

人間関係は利益度外視

 一方で人間関係となるとそう簡単な話ではない。なんたって利益度外視で付き合うのである。親、兄弟、恋人、配偶者や子ども、親友以外と利益度外視で付き合えるだろうか?答えは否だろう。勿論、上記の人以外にも分け隔てなく平等に付き合う事ができる聖人君主もいるのだろう。が、それは少数派だろう。

 僕は大切な人に対してならば、たとえ自分の得にならなかったとしても良いと思うことができる。多くの人もそうだろう。だけれど、それ以外の人に対しては、そんなことは微塵も思わない。お金であればたとえ1円でも無駄になるとわかっていて使いたくないし、時間であればたとえ1分、1秒でも無駄になるとわかっていて使いたくないのである。だって自分の利益にならないのだから。

 僕は仕事関係で付き合う人は一人の例外なく利害関係のみで付き合うようにしている。飲み会は必要なもの以外欠席するし、彼らとプライベートでの付き合いは皆無である。そもそも会社の外で仕事関係の人の顔なんて見たい人がいるのだろうか?

 全部の飲み会を欠席しないのは、それをやると仕事がやりづらくなるから、それだけの理由である。個人的には、飲み会に参加しないことに対して、一々目くじらを立てる人なんて二流以下の人だと思っている。だけれど、みんながみんな一流の人ではないのである。サラリーマンとして働いていれば、そういう人とも上手く付き合わなければならないのである。だから必要経費としてたまに参加するのである。

 結論を言うと、僕達はもし息苦しさを感じずに快適に生きたいならば、人間関係と利害関係の違いを理解し、使い分けをしながら生きる必要があるという事である。ある人と利害関係のみで付き合うと決めたならば、自分なりの線引きを決めて、上手く付き合えば良い。人間関係を築くと決めたならば、全力でその人と付き合えば良いのである。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2018/02/18

女性社員への立ち振る舞い

 皆様の職場の男女比率はどれくらいだろうか?僕の職場はどうかと言うと、パートさんなどを含めるとほぼ半々である。因みに課長は女性である。その前も、前の前の課長も女性である。どうやら管理職のポストに女性が座ることが多い部署の様である。本記事では女性が多い部署でどのように立ち回れば平和に過ごすことができるか書いてみたいと思う。

ピラミッドの上位にいる女性は絶対敵に回さない

 これすごく大事である。女性で単独で生きている人は少ない。大体グループを形成して生活している。たとえ職場であっても。グループが形成されれば上下関係のピラミッドが生まれる。このピラミッドの上位に位置する女性を僕たちは絶対敵に回してはいけない。さもなければその職場でまともに働く事ができなくなる可能性がある。

 女性を敵に回して、左遷された人の話をしよう。彼は階級的にいったら僕の会社でいう係長クラスだった。会社によっては彼の立場は課長クラスかもしれない。その彼はそこの係長に就任してから早々、女性パート社員数人にパワハラを働いた(因みにそこの部署は男性が3人、全員正社員で、女性は全員パート社員だった)。彼は就任早々、パート社員に就業開始時間より早く来てオフィスを掃除するように命じたり、自分のお茶を汲むのを習慣づけるように命じたりしたのである(今の時代信じられない話だが)。

 そして3か月後に事件が起きた。上記のパート社員の一人がそこの部署を統括している部長の親族だったのである。そのパート社員は、他のパート社員を引き連れ、統括部長に直談判した。「上記係長を早急に異動させることを約束していただけないならば、私たち全員今月いっぱいで退職させていただきます。」と。結果的にその係長は配属されてから5か月で異動させられることになった。

 上記は極端な例かもしれないけれど、僕が勤めている会社で本当にあった話である。上記係長はその部署の女性ピラミッドのトップに嫌われた為、左遷させられたと言っても過言ではない。

態度を変えない

 上記を読むと女性に媚びへつらえば良いのか?と考える極端な人が出てくる。答えはNoである。媚びへつらえば軽く見られる。そこで僕が考える対応策は、男女で態度を変えないである。女性は長いこと男尊女卑だった時代背景から、自分が女性だから舐められているのではないか、と考える傾向にある。だから態度を変えればそう認識されてしまうのである。ただし、重いものを持っていたら手伝ってあげるなどの心遣いは時に必要であるが。

すべての女性に対して平等に接する

 たまに美人にはすごく甘いけれど、そうではない人に厳しい男がいる。これ職場で絶対やってはいけない行動である。他の女性一人にでもこれをやっているのがバレたら、最悪その他の女性全員を敵に回すことになるからである。女性は男子以上に平等を重視するのである。男は下心がある生き物である。会社外でそれをやるのは良いのかもしれないけれど、職場では命取りになるのである。

 全員に平等に接するには他にも理由がある。そもそもピラミッド上位=美人とは限らないのである。そしてピラミッド内の序列を完璧に理解するのも男からすると至難である。トップとボトムはすぐわかるだろうけれど、それ以外の序列は非常にわかりづらいのである。

 女性は中身を見てほしいと思っている

 女性は、美人に媚びを売る男=中身を見ようとしない浅はかな男と認識する傾向がある。別に女性から特別に尊敬される必要はないと僕は思うけれど、一方で絶対に変なレッテルを貼られるのは避けないといけないと僕は思うのである。

 つまりは、うまく仕事を回して早く帰りたいと思うならば、女性に舐められるような行動はしてはいけないのである。

 いかがだっただろうか?僕の文才がないせいでうまく伝わったかは分からないけれど、お役に立てたのならば幸いである。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2018/01/14

ノリが良いなんて思われない方が良い

ノリが良すぎるのはマイナス効果 

 ノリが良い、目立つのが好きな人なんて誰かに思われる必要なんてない、と僕は思っている。そんな風に思われたら、トータルで考えると決してプラスではないからである。

 もしあなたはノリが良いなんて思われたら、参加したくもない飲み会やイベント行事にまで誘われて自分の時間を確保できなくなる。会社の飲み会は、一次会は仕事だからしょうがないけど、二次会より後は正直面倒、時間外手当の出ないサービス残業と同義である。しかも生産性ゼロのサービス残業である。

 様々な行事に何でもかんでも参加していたらお金がいくらあっても足りない。それが将来の肥やしになるんだったら、先行投資だと割り切って参加する方が良いんだろうけれど、残念ながらその可能性は低いと言わざるを得ない。二次会以降は往々にして会社の愚痴や誰かの悪口で盛り上がるだけのひどく生産性が低いものである。皆様もよーく知っていることだろう。

 ところで、僕はたとえそれが難しくても、一人の時間を確保するよう努めたほうが良いと思っている。理由として良いアイディアはボーっとしている時とか、一人で何かに没頭している時とか何気ない時に閃いたりすると考えているからだ。常に誰かと一緒に行動していたら、その瞬間は訪れないだろう。

 いつか自分の時代は終わる

 加えてあなたがどんなにノリが良くて、目立ちたがり屋でも、いつかは集団の中での中心の座を明け渡さないといけなくなる。何故ならば若い人がドンドン入ってきて、将来は彼らにその座を望む望まないに関わらず明け渡す運命だからである。

 身近な例で言うと、芸能界を見ていたらわかるのではなかろうか?芸能界は活発な新陳代謝によって成り立っている業界だ。大御所として残っている人の大多数は、自分がステージの中心に居座り続けるのではなく、後から入ってきた有望な若手、中堅とうまく調和する道を選び生きながらえたと言ってよいと僕は思う。それが出来なかった人は煙たがられ、いつの間にかテレビから消えてしまっているでしょう?

 もしあなたが第一線に居続けたいと思うならば、過度にノリを良くし過ぎず、目立ち過ぎないことに気を配るのが肝要である。ノリが良すぎればお財布にはマイナスに働き、また良いアイディアを見つけることが難しくなる。また、目立ちたがりも大概にしないといつかは干されてしまう。ほどほどに存在感を出し、うまいこと立ち回ろう。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink

2017/09/24

過剰な承認欲求は持たない

過度な承認欲求は捨てる

 過度な承認欲求はストレスを生む。僕はそう思う。僕たちは自分の人生を生きているのであって、誰かのために生きているのではないのである。

 職場であなたはどうだろうか?僕はと言えば、僕がまだ新人だった頃、今思うと結構無理をしていたと思う。僕は当時、周りからよく思われたいとか、こいつは有能だとか、頭が良いとか思われたいと考えていた。

 それにより、引かれるんじゃないか、嫌われるんじゃないかと過度に考え、素の自分を出すことをあまりしなかった。また、聞けばすぐ終わる様な事に関しても、過去の事例を調べる、インターネットや書籍などで調べる等して仕事をしていた。(まぁ自分で考えず、何でもかんでも聞く人はどうなのかとは思うけれども。)

 今思うと大分窮屈な過ごし方をしていたなと振り返っている。素を出して嫌われたりするんだったら、長期的に良好な関係を築くなんて最初から無理だし(そもそも会社の同僚とは仕事上の付き合いだけでも何も問題ないのだから、無理に好かれる必要はない)、何かを聞くにしてもよほどアホな事を聞いたり、同じことを何度も聞くようなことをしなければ大した問題じゃないのである。ましてや新人だったんだから。

 友人や恋人に対しても同様である。自分をよく見せようと過度に考えなくて良い。と言うのも無理をして付き合っても長くは続かないからである。友人や恋人は一緒にいて居心地が良いから成り立つ関係のハズある。違うだろうか?

 今回の記事では僕の文章力不足や人間性の深さの欠如のため具体的な解決策を提示することが出来なかった。ただ僕は「自分は変れても、人は変えられない」のならば、あんまり無理をせず肩の力を抜いて生きたほうが幸せだと言い切ることができる。

 



 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)