ビジネス

2018/09/02

エリートなんて疲れるだけ

 先日取引先の同年代の方とお茶する機会があり、ちょっと世間話をしていた。その時に僕がその方に思うところがあった。

 と言うのも、その方は世間的に見たら僕の所属する会社よりランクがずっと上の会社で働いている、所謂エリートだ。勿論僕より年収も高いはずだ。にもかかわらず、全く幸せそうには見えなかったのである。と言うか激務すぎて、若しくは社内での競争が厳しすぎて、またはその両方で潰れそうなのでは?という印象だった。

 話を聞いてみたら、まぁ激務である。平日は早朝から夜遅くまで働き、時には土日も出勤し、休みはほとんど取れないという生活とのことだった。念のため書いておくと、その方は仕事ができる優秀なビジネスマンである。ゆるふわサラリーマンの僕なんかよりずっと優秀だろう。

 実は僕は学生時代、その取引先の採用面接を受けて、最終面接まで進んだんだけれど、結局落ちたという過去がある。今だから思うんだけれど、学生だった当時にその会社に受からなくて良かったなと心の中で思った次第である。

 僕も時には夜遅くまで残業することはあるし、休日出勤も時にはあるけれど、頻繁にはない。最近では、繁忙期以外は比較的休みは取れている。と言うか、そうしないとモチベーションが上がらないので空気を読まず休むようにしている。だって有給休暇ってサラリーマンをやっている唯一のメリットではないだろうか?そんな風に考えているからサラリーマンを卒業できないのかもしれないけれど。

若い時は良い、でも歳を取ったらその生活に堪えられない

 若かった学生時代の当時の僕は、社会人になったら毎日夜遅くまで働き、時には土日返上で働き、ガツガツ稼ぐ生活に憧れていた。バリバリ働いている自分の姿をイメージをしていた

 学生時代、金がなかった僕は、金を欲していた。金があれば今よりずっと幸せなんだろうと信じて疑わなかった。当時の僕はビジネスマン(サラリーマンとしてが正しいかもしれない)としての成功を理想としていた。

時間こそもっとも貴重な資産
 
 一方で、現在の僕は毎日夜遅くまで働いて、休みがあまりない、時間がない生活なんて微塵もうらやましいと思わない。と言うか、現在の僕は、極力労働時間を減らして金を稼げないものかと毎日考えているくらいである。

 僕は正直お金があれば週に5日も働きたくないと思っている。もっともニートのような生活はまだ良いかなとは思っているけれども。なぜなら僕のようなコミュ障があまりにも社会との接点がないと社会性を失ってしまうからである。気が向いたときに働くような生活が僕の理想とするライフスタイルである。

 多分取引先のその方が働いている会社には、エリートビジネスマンが大勢いることだろう。そこでは僕が働いている会社では考えられないような競争が日夜繰り広げられているんだろう。しかしながら、僕はそんなライフスタイルを微塵もうらやましいとは思わない。

 やっぱりサラリーマンを続けている限りは、大してお金の面でも時間の面でも裕福な生活なんて手に入らないんだろう。やっぱり僕はアーリーリタイヤしたいな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/08/19

3つ以上の肩書を持つ

 堀江貴文氏が、彼の書籍の中で、これからの時代は3つ以上の肩書を持つ必要があると言っていた。僕はこの意見に強く同意している。彼の議論は特にサラリーマンを卒業したいと思っている人には当てはまるだろう。

1つの事を極めることも素晴らしい。が、上には上がいる

 僕は英語で外国人とコミュニケーションが取れる。実際、時には外国人のお客様と英語で折衝を行うことがある。簡単なプレゼンも学生時代の英語力に比べれば衰えているとはいえ、今でも行うことができる。

 が、僕くらいのレベルならば、代わりは幾らでもいるのである。悲しいがそれが現実である。マイナーな外国語だったら僕程度のレベルでも十分需要があるだろうし、差別化ができる。だけれど、英語でコミニケーションが取れる人材はまだまだ日本では少数派だけれど、相当数いるのである。僕程度の英語力では、多少は重宝はしても、決定的に差別化することはできないのである。

 僕はサラリーマンとして働く一方、個人投資家としての顔もある。現在僕は、主にインデックスファンドで資産運用を行なっている。そして、個別株への投資も少額ながら行なっている。僕は21歳から資産運用を行なっており、今まで10年以上生き残ってきた。

 個人投資家として経験から、各アセットクラスのオススメのインデックスファンドをいくつか挙げることができるし、ライフステージに合わせたアセットアロケーションについても相談があれば、アドバイスすることができる。

 でも、それだけで飯を食って行くのは難しいと思う。なぜか?まず、僕より優れたインデックス投資家はゴマンといるのである。それこそ水瀬ケンイチ氏、カン・チュンド氏、kenz氏、nantes氏など挙げたらキリがないのである。インデックス投資のみでの差別化はどうやらむずかしそうである。

 僕はFP資格を持っている。勉強の成果から税金関係の知識も多少身につけることができた。自分のライフプランニングもある程度できているのだから、誰かから相談があれば多少の提案はできるだろう。

 でもFP資格なんて金融機関に勤めてればみんな持っているのである。それだけで他と差別化なんてできないのである。また、FPは個別の税務相談に乗ることができない。税務相談は税理士の独占業務だからである。

 そして、僕は現在行政書士資格の試験に向けて絶賛勉強中である。理由は以前の記事で書いたとおりである。だけれど、ある程度の参入障壁があったとしても、やはり資格だけで差別化を図ることは難しい。だって資格だけが武器だと資格を持っていれば誰でも真似できてしまうからである。

 しかしながら、上記を全て組み合わせればどうか?もしかしたら他との差別化になるのではないだろうか?英語が話せて、資産運用にも明るく、税金関係やライフプランニングの知識も備えてて、尚且つ法律にも詳しい人材って案外少ないのではなかろうか?まぁ他にもいるだろうけれども、少ないと思われる。

 とは言え、僕の将来の理想は、労働時間を最小限に抑えて、好きなことにより多くの時間を使って過ごすことである。上記のスキルを組み合わせたら、所謂コンサルタント的な働き方になるだろうから、やはり労働時間の減少はそこまで期待できないだろう。

 うーん。中々難しいところである。世間では働き方改革なんて言われてるけれど、働き方なんて誰かに言われて変えるものではなくて、自分で変えるものである。やはり好きな事により沢山の時間を使いたいならば、何か仕組みを作る必要があるのかな。

多動力 (NewsPicks Book)
堀江貴文
幻冬舎
2017-05-26




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/08/12

フリーランスへの道筋

 僕は現在、行政書士の資格試験の勉強をしている。独学でやっているし、僕自身元々地頭が良い方ではないので、合格できるかわからないけれど。本記事では行政書士の資格試験をなぜ受けようと思ったのか書いてみたいと思う。受からないかもしれないし、勉強したけれど結局意味がなかった、で終わってしまうかもしれないけれど。

 本題に入る前に大前提を書いておくと、僕は将来サラリーマンを卒業したいと強く思っている。と言うのもサラリーマンを続けていても、クオリティーオブライフは高くならないだろうと切実に思うからである。

大して価値がない仕事のために長時間労働を強いられ、仕事は選べない、長時間労働により自分の好きな事に時間を使えない、愚痴を挙げろと言われれば、永遠と挙げ続けられるだろう。

 さて、行政書士の仕事は、主に書類仕事である。勿論自ら仕事を取ってくる等、営業的な仕事もあるし、顧客の相談に乗る等のコンサルティング的な仕事もあるわけだけれど、主業務はあくまで書類の作成などの事務処理である。

 この書類の作成だけれど、僕は今の仕事が事務屋さんだからわかるんだけれど、一度テンプレを作ってしまえば使い回しが効くので、書類の作成自体はそれほど難しくないし、時間も取られないのである。労働時間を減らせれば家族との時間も増やせるだろうし、趣味にも時間を使うことが出来るだろう。

 また、事務仕事ならば、パソコンとインターネットがあれば、どこでも(変な話、観光地や海外のビーチリゾートとかでも)働ける事にも僕は強い魅力を感じるのである。

事務仕事ならば、わざわざオフィスに出社し、同僚と肩を並べて仕事する必要性はないのである。顧客との打ち合わせがある時は、旅行先から帰ってきて、カフェなどで打ち合わせすれば良いし、顧客もおいしいコーヒーを飲みながら話せばリラックスして、普段ならば話さない事も話してくれるのではないだろうか?

事務所を借りる場合も、必要なのは事務机、椅子、パソコン、プリンターなど最低限あれば良いので広いスペースは不要だろう。

 僕は仕事とプライベートをはっきりと切り離して生活したいと考えている人間である。上記の様に時間的、場所的な拘束を減らすことが出来るのであれば、クオリティーオブライフの向上につながると思うのである。

 また、行政書士の業務領域は広いので色々なビジネスに繋げられる。実際守備範囲はかなり広い。業務領域が広いという事は、仕事を選べる事を意味する。苦手な事はやらなくて良いのである。この守備範囲の広さを生かして、独自のビジネス領域を見いだせば、長期的な事業継続が望める、ビジネスモデルを作りやすいと思ったのも理由である。

 そして、試験に合格し、登録しなければ行政書士を名乗ることができないので、ある程度の参入障壁がある事にも魅力的を感じるのである。

 実際のところ、行政書士だけでなく、士業の仕事の多くは、資格を持っていなくてもやろうと思えば出来るものがほとんどである。だけれど、資格を持っていないと、自分の名前では仕事ができないのである。参入障壁がある程度確保されている事、実はこれ事業を長期継続する上で肝になってくる部分だと思うのである。

 と、色々と御託を並べたが、僕はまだ試験に合格していない。また、行政書士試験以外も受けたいと思っているものがあるので、色々勉強しないといけないのである。さて、サラリーマンをやりながら頑張ろう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/08/05

ゆるふわサラリーマンだからこそ自己研鑽

 僕は所謂世間で言うゆるふわサラリーマンである。比較的上下関係も緩めの部署で働いており、月々の平均残業時間は30〜40時間くらいに落ち着いている。繁忙期もMAXで80時間位だから、まぁそんなにきつくはないだろう。


 僕が所属する部署はバックオフィス部門で、僕の仕事自体が直接、会社に利益を生むことはない。会社内部の調整と取引先や一般のお客様からの問い合わせに対応するのが僕の主な業務内容である。利益を生まないので商売感覚を身に着けることができないのが残念である。


 別に今の仕事から何も得られないと言っているのではない。法律知識も必要になるから、勉強になる部分はある。突発的に起きるトラブルもあるのでトラブルシューティングのスキルも多少は身に着けることができただろう。外国人のお客様も中にはいるので、英語で商品、サービスについて説明することがある。クレーム対応も英語でやることがたまにはある。であるが、ビジネスの全体像と言うか、一連の流れを掴むには至っていない


 ビジネスの一連の流れとは、商品やサービスを企画する、できあがった商品やサービスを営業する、売上金や営業活動に掛かった費用を会計処理するといった一連の流れのことである。勿論それ以外にもブランディングを行なったり、法律を駆使して知的財産権を保護したり、人事として新しい人材を確保したり、運転資金を資金調達はしたりなど色々な仕事があるわけだけれど。


 ところで、僕はブログやツイッターに何度か書いているけれど、いつか会社員を辞めて、アーリーリタイヤしたいと思っている。同時に、アーリーリタイヤ後には多少の収入源が必要になるので、何か商品を持つ必要があるなと漠然と思っているのである。


 残念ながら資産運用から得られるインカムゲイン、キャピタルゲインだけでは少々苦しいと思っている。サラリーマンを定年までやり、着々と積立投資していけば、老後には十分な資産を築けるだろう。でも僕は定年までサラリーマンをやりたくないのである。


 僕は、ゆるふわなサラリーマンをやっている今がビジネスチャンスを探ったり、自己研鑽したりする良い機会だと思っている。やはり余裕がある時に何か新しいものを見つけ、自己を見つめ直して改善できるからである。


 また、ビジネスチャンスを探ったり、自己研鑽を行うのは、もし今の仕事がなくなったりした時の備えになるのである。今後テクノロジーの進歩と共に消える仕事はかなりあるだろう。自分の仕事が将来もある保証はないのである。


 と、口で言うのはたやすいけれど、ビジネスチャンスを見つけたり、ビジネスモデルを作ったりはかなり難しい。ひとまず、どのようなビジネスが社会から求められているのかを常にアンテナを張る事、IT、ファイナンス、語学などのベーシックスキルを磨く事から始めてみようと思う。


 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/07/29

ホット&コールドリーディングを駆使したコミュニケーション

ホットリーディングとは研究によるコミュニケーション
 皆様はホットリーディングという言葉をご存知だろうか?恐らくコールドリーディングという言葉をご存知の方は結構いると思うけれど、ホットリーディングを知っている方は少数ではないだろうか?

 かくいう僕も最近まで知らなかった。とは言っても無意識にはやっていたけれど。ホットリーディングとは、相談者の情報を予め入手し、それを利用することで、信頼関係を築く方法のことである。ホットリーディングはビジネスの現場でも非常に有用な方法である。
 
 昨今はSNSを使って、相手の情報を事前に仕入れることができる。その人の趣味やハマっていること等のプライベート、仕事観、人間関係などそれこそ色々と。
 
 SNS等を利用してその人のことを良く知ることができればビジネスチャンスも拡がることだろう。僕達は技術革新が進むと勘違いしがちだけれど、どんなにテクノロジーが発展してもビジネスは人と人がやるものだからね。
 
 ホットリーディングにコールドリーディングを組み合わせれば、更に円滑なコミュニケーションができる。円滑なコミュニケーションは人間関係の構築にも役立つのである。

コールドリーディングとは経験則によるコミュニケーション

 コールドリーディングとは、誰にでも当てはまる問いかけなどを行い、予めこちらが用意しておいたルーティンにうまく誘導し、信頼関係を築く手法である。

このコミュニケーション方法は経験則からくる部分が多いと思う。なぜなら自分が考えたルーティンに相手に悟らせずに持っていく必要があるのと、そもそもそのルーティン自体が経験則からできあがるものだからである。また、ある程度の話術も必要になるのはいうまでもないだろう。

 僕たちはビジネス現場において、予め相手について仕入れた情報を元にコミュニケーションを取り、所謂ホットリーディングを駆使し、信頼関係を築き、そして、コールドリーディングを駆使して場を盛り上げ、更に信頼関係を強固にする事ができる。人は肯定する事を続けると相手を無意識に信用しようしてしまうのである。

 実はホットリーディング、コールドリーディングは恋愛にも応用可能である。藤沢数希氏が提唱しているメソッドに、イエスセットと言うコールドリーディング理論を応用した戦略があったと記憶している。

 イエスセットとは相手にイエスと思わせる質問を継続的に投げかけて、自分が持っているルーティンに持ち込み、場を盛り上げ、信頼関係築くコールドリーディングの応用例である。僕も若かりし頃に実践してみたんだけれど、かなり強烈な破壊力を秘めていたことを覚えている。

 上記のイエスセットに加えて、意中の相手の情報をFacebookなどのSNSを使い、事前に情報を仕入れたらどうなるだろう?意中の相手は、この人は私のことを本当に理解してくれる素晴らしい人だと思わせることができるのではないだろうか?

 僕は今の彼女と付き合う前は、ホットリーディング、コールドリーディングの両方を組み合わせた戦略を使って、週末の夜の街に繰り出していた。漫画や小説ほどではなかったけれど、学生時代大してモテなかったにも関わらず、そこそこの成果を上げていた。今はやらないけれどね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)