ビジネス

2018/11/18

キャッシングポイントを増やす

僕はしがないサラリーマンだ。しかし、将来は組織に依存しない生き方ができればと思って生活している。それには何が必要だろうか?

その答えは簡単である。給与に依存しなくても生きていけるだけの経済力である。これさえあれば会社に依存する必要はない。当たり前の事だけれど、それが難しい。

実際、事業を所有し、そこからの事業所得、加えて自己の資産からインカムゲイン、キャピタルゲインで生活できるのならば、会社にしがみつく必要は皆無だ。極論を言えばニートになることも可能だろう。

僕は会社の帰りにサウザー氏がパーソナリティを務めているサウザーラジオを聴くのが日課になっている。

彼が言っていることはいつも同じだ。そして概ね正しい(彼は否定的だが、僕は投資、資産運用をアーリーリタイヤする前からある程度やっておくべきだと考えているけれど。)取り上げるお題が多様なのは流石だと思う。毎回ついつい聞き入ってしまう。

彼は毎晩サラリーマン辞めたいなら何か商品を持て、ビジネスを持てと説く。さすればニートになれると。彼の生活を聞いているとニートではないような気がしないでもないけれどね。

僕自身はニートになりたいとは思っていない。目指すのは週の4日くらい好きな事をやって残り3日働くような生活だ。週3日ならば楽しく働けるような気がするしね。

4日あればアメリカやヨーロッパなどの遠方への旅行は厳しいけれど、国内やアジア圏、ミクロネシアなどなら十分楽しめるだろう。僕はそんな生活が欲しいのだ。

残りの3日を仕事に使うのは、社会との接点をある程度確保して、一定水準以上の社会性を維持するためだ。金のために働くのではない。僕はコミュ障だから、一定水準以上のコミュ力を維持する努力をする必要があるのである。

サウザー氏が彼のラジオで仰っていた「芸人+α」のような生活が僕の目指すところだ。生活するための収入を自分の事業から稼ぎだし、残りの遊ぶ為の金を労働から得るような生活が僕の理想だ。遊ぶためにお金を稼ぐんだったら、モチベーションを維持しながら働けるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/11/11

変化の時代での稼ぎ方を考察してみる

 昨今は変化の時代だ。良い学校に入って、良い会社に入れば安泰の時代は終わったと言えるかもしれない。

 学歴は就職活動の時は役に立つけれど、社会に出たら何も価値はないのが昨今の時代である。だって学歴は要領の良さを面接でアピールするためだけの道具だからね。
会社の名前もその会社がうまくいっている時は良いけれど、そうじゃなくなれば価値はなくなってしまう。それが現代の流れである。

 別に僕は高学歴でもなければ、誰もが知っているような会社で働いているわけでもない。平凡な大学を平凡な成績で卒業して、特に有名でない会社でサラリーマンをやっている。正にザ・普通のサラリーマンである。

 21世紀は個人の時代と言われて久しい。しかし、今後もサラリーマンが圧倒的多数派だろう。一方で同時に21世紀は、かつてないほど個人が個々の力で稼げる時代になる事は間違いないだろうと僕は確信している。

 と、言うのも月並だけれど、情報発信がかつてよりも容易かつ安価になったからである。HPやブログ、各種SNSなど実に多くの手段を僕たちは持っているのである。
また、上記の情報発信メディアに広告を載せてうまくいけば、キャッシュインフローが望める。それは一つ不労所得の獲得を意味するのである。寝ている間でもお金が入る可能性があるのだから。

 そして情報発信が容易になったと言うことは、誰も思いつかなかったアイデアがあれば、各種メディアを駆使してそのアイデアを販売することができるのである。

 21世紀は個人が新しい商品やサービスを生み出す時代になるのではないだろうか?僕もそんな21世紀の人材になれればと思う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/10/21

副業禁止とか最早時代遅れだろ

 昨今は空前の副業ブームである。しかし一方で、多くの会社で、副業禁止を就業規則で定めている。僕はこれを時代遅れだと思っている。だって会社がずっと面倒を見てくれる時代は終わったんだから。

そもそも就業時間以外に口を出すこと自体ナンセンス

 確かに就業時間外に法に触れる事をやったり、会社の品位を下げる事をやったり、会社の不利益を与えるような事をやっていたら、それは問題だろう。

 また就業時間内に副業をやられるのも、雇主からしたら困るだろう。だってお金を払っているのに自分のところに利益をもたらさないんだから。

 でも、僕が言っているのはそういう事ではない。就業時間外にビジネスをやるのであれば、ガタガタ言うなと言っているのである。本来就業時間外は自由時間のハズである。

 また、本業に影響が出るとは言うけれど、その根拠もハッキリ言って皆無である。要はやり方次第ではないだろうか?

 むしろ、次の日も仕事があるのに、連日深夜まで飲み歩いている人のほうが問題なのではないか?本題から外れるけれど。アルコール摂取は睡眠を浅くし、次の日の生産性を著しく下げる効果があるのに異論を唱える人は誰もいないだろう。それは野放しして副業には目くじらを立てるのに合理性は皆無だろう。

 ところで、僕は思うんだけれど、もし副業により従業員がスキルアップしたら、むしろ雇主からしたらプラスなのではないだろうか?自分で事業をやるとなると非常に多くの事を考える必要がある。

 例えば、そもそもどんな商品やサービスを提供するか、どうやってマーケティングするか、運転資金をどうやって資金調達はどうするか、流通経路はどうするか、価格設定はどうするか、幸運にも売上がでたら、会計処理や税務処理はどうするかなど考える事はてんこ盛りである。

 もし、これらのすべて経験している人材を雇えるんだったら、雇主としては間違いなく嬉しいのではないだろうか?

 以上の理由から、雇用主にとっては良い人材確保にもつながると同時に、従業員を今より経済的により豊かにすることができる副業は許されて然るべきだと僕は考える。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/10/14

体育会系重視って時代錯誤じゃない?

 僕は就職活動をしている時からこの多様化、変化の時代に体育会系をもてはやすなんて、時代遅れも甚だしいと思っていた。その考えは30を過ぎた今でも変わっていない。

体育会に所属していた人は体力がある。それは認めよう。おそらく連日の残業も彼らなら体力でカバーできることだろう。(僕はさっさと帰りたいけれど。)

また、体育会は縦社会だ。上下関係の中で生きてきた彼らなら、上司、先輩の指示には忠実に従う事だろう。きっと彼らは目上の人に言われた通り仕事をすることだろう。そう昨日までと同じように。

サラリーマンは本来、同じ仕事をやるんだったらいかに効率的に仕事をして、作業時間を短縮するかを評価されるハズだ。その方が残業代を支払わなくても良いし、より多くの仕事を振れるからね。なのに、多くの会社ではどうやら違うようである。とにかく従順に言われたことをやるのが評価されるらしい。たとえ非効率な方法で、時間がかかったとしても。

自衛隊や警察、消防など、やることが明確で、行う仕事も基本毎日同じという職業ならば、体育会出身の人は大活躍することだろう。体力があるし、上の人の言いつけ通り仕事をするのだろうから、管理職も指揮監督するのも容易だろう。断わっておくけれど僕らは彼らの仕事をディスっているのではない。思ったままに書いているだけだ。

勿論、自衛隊や警察、消防も日夜新しいことに遭遇することだろうけれど。行う事業は通常の事業会社より単純明快だろう。僕たちが安心して生活出来ているのは、彼らが毎日愚直に、一定水準を維持して仕事をしてくれているからだろう。

ところが、現在は多様化、変化の時代である。多くの事業会社は昨日と同じことをしていても生き残れないのである。これは事務系公務員とかにももしかしたら当てはまるのかもしれないけれど。

技術革新も目まぐるしく起こっている。今までなかった商品やサービスが現在どんどん生まれてくる。そしてこれは今後ずっと続くだろう。

そして同時に、今まであったサービスが無価値になることもこれからは頻繁に起こる事だろう。 

新しい商品やサービスは昨日と同じことをやっていても生まれない。もし企業の採用担当の方が見ていてくれたら是非考えていただきたい。これからの時代は、体力があって従順な人材だけでなく、より多様な考え、価値観を持った人材を確保する必要があるのではないだろうか。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/09/23

競争を避けないと結局価格競争になる

 先日ニッセイアセットマネジメントが運用する<購入・換金手数料料なし> シリーズ及び三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドの信託報酬を相次いで下げた。

 ニッセイと三菱UFJ国際投信の該当ファンドに積立投資している僕としては嬉しい限りである。なぜならリターンは不確定だけれど、コストに関しては確定的について回る問題だからだ。

 一方で、商品の内容で差別化できないと、又は競争を回避する戦略を取らないと最後は価格競争なんだな、とまざまざと見せつけられニュースだと痛感した。

 例えばニッセイの外国株式の信託報酬(税込約0.12%)のうち、委託会社であるニッセイの取り分は税込0.05%未満である。絶望的は低さだろう。普通の会社がそれをやったらすぐ潰れてしまうだろう。

 因みにニッセイにしてみれば0.05%はあくまで売上である。

 ところでニッセイのそれは、eMAXSIS Slimやその他のインデックスファンドと商品の中身はほぼ同じである。違いはコストだけなのである。

 僕の将来の目標はセミリタイヤしてフリーランス、自営業者として気が向いた時に仕事をする事である。

 その生活を実現するには一定水準以上の利益率が必要になる事だろう。つまり、価格競争とは程遠い所にいないといけないのである。

価格競争に晒されないビジネスには何が必要だろうか?

 何個か挙げてみると、商品の差別化、オリジナリティ、一定水準以上の参入障壁、明確なターゲット層などなどが必要かと思われる。

 高い利益率を確保するために、他者との違いを有していること、他の人が思いつかないような独創性があること、簡単には真似できないこと、どういう層に売り込むのか明確にしていること、これらは価格競争から遠ざかるための絶対条件である。

 上記の条件をすべて満たした商品、サービスを開発できれば長期的なスパンでお金が入ってくることだろう。

 別に万人ウケする必要はない。だけれどある種クセのある商品、サービスを生み出すのは中々大変だな。僕はそれを見つけたい。だってサラリーマンてつまらないんだもん。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)