ビジネス

2019/03/24

積立投資は最良の貯蓄手段…だけれど

 僕はインデックスファンドを積立投資している。思うにこの方法は時間のないサラリーマンが貯蓄する手段としては、最良の方法である。

 だけれど、それだけではサラリーマン卒業を成し遂げることは絶対にできない。もし既に運用資産が1億とか2億あるんだったら話は変わってくるだろうけれど、僕を含めた一般的なサラリーマンにそんな人はまずいないだろう。

積立投資はただの消費の先送り

 貯蓄とは消費の先送りである。僕が積立投資をやっているのは、単純に銀行にただ預けておくより期待リターンが高いからである。そう僕は積立投資を貯蓄の一手段と位置付けている。

 勿論、積立投資の期待リターンが銀行預金より高いだけがメリットではない。保有資産の分散、買付のタイミングの分散により、リスクの低減を図れるのは大きなメリットだ。

 だけれど、それだけではサラリーマンを卒業できない。積立投資を定年まで続ければ、高い確率で老後は安泰だろうけれど、僕は定年前に卒業したいのだ。

結局労働以外で金を生む仕組みを作らないとタダの貯金と変わらない

 結局のところそれ自体が金を生む仕組み、ビジネスだったり、商品を持たないとサラリーマンを卒業するのは不可能だと思う。

 普通のサラリーマンが1年間に投資に充てられる金額なんてせいぜい100万くらいだ。僕は100万すらできていない。仮に出来立てして100万円をインデックスファンドで運用したとしていくらになるだろうか?調子が良くて10〜15万、平均だと5〜7万が関の山だろう。

 僕の昨年の年収は税引き前530万くらいで手取りだと400万くらいだった。僕のライフスタイルだったら、毎年勝手に同程度の金が入ってくるならば働く必要はないだろう。

 インデックスファンドの期待リターンを5%と仮定すると税引き前で500万の利益(税率約20%のため)必要になる。500万の利益を生むためにはちょうど1億必要になる。

 仮に毎年100万、利回り5%で複利運用すると1億に届くのに約37年かかる。つまり1億出来上がる頃には残念ながら定年しているのである。

働きたくないならより強力な仕組みが必要

 結局のところ資産運用だけでサラリーマンをアーリーリタイアするのは絶望的なくらい可能性が低い。だったらどうか。

 サラリーマンを卒業したいならば、非労働集約型のビジネスを作るしかないという結論にならざるを得ない。お金と時間を同時に手に入れたいなら、どうやら間違いなくこれが答えのようである。

 なぜなら独立したとしても、労働集約型のビジネスだったらサラリーマンの方がマジだろう。だって失敗しても怒られるだけで、最悪クビになるかもしれないけれど、給料はもらえるし、命までは取られないんだから。

 ようやく答えにたどり着いた。あとは自分のビジネス、商売を見つけるだけだな。それが難しいんだけれど。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2019/03/03

基本スキルを売り物にしてはいけない

 僕が考えるビジネスマンの基本スキルは英語、ITリテラシー、ファイナルシャルリテラシー、リーガルリテラシーである。できるビジネスマンはこれらを一定水準以上持っているように思える。

 ただし、あなたが上記のスキルを高水準にで有していてとしても、それらを商品とするのは賢明ではない。上記のスキルはビジネスをする上でのただのツールだと割り切って、それ以外の何かを商品とした方が賢明だろう。

 僕は英語を話すことができるし、ある程度はビジネスの場でも使っている。だけれど、それ自体を商品にしようとは思わない。何故なら非ネイティブでも僕より英語ができる人なんてごまんといるからだ。帰国子女とかね。

 僕はFPの資格も持っているから、ある程度ファイナルシャルリテラシーがあると言えるだろう。少なくとも訳のわからない保険商品や銀行や証券会社オススメの投資信託を買ったりなどはあり得ないだろう。だけれど、僕程度のファイナルシャルリテラシーが商品になるかと言われると答えはNOだ。世の中には会計士や税理士などお金周りのプロが沢山いるのである。

 同様に法律知識も一部の人を除いて商品とはなり得ないだろう。世の中には弁護士や司法書士など法律の専門家はごまんといる。資格がないとそもそもできない業務も多いし、仮にあったとしても競争相手は彼ら弁護士、司法書士となる。いずれにしても厳しい環境だ。

 ITリテラシーについてはそこまで詳しくないけれど、昨今の傾向を見てると、何か革新的アイディアがないならば、ビジネスツールとして割り切って身につける方が賢明なように思う。単純作業を自動化して効率化したりね。

 とは言え、自分でビジネスをする上では上記はあった方が間違いなく良いと思われるので日々の自己研鑽は継続するべきだろう。

 自己研鑽に使う時間に加えて、新しいビジネスを創造しないといけないんだから、社畜脱脚はとても難しい。新しい商品を見出すことの方が遥かに難しいからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2019/02/24

大人のケンカとは

突然ですが、皆様は大人のケンカとは何を思い浮かべるだろうか?トーク力で相手を圧倒?暴力?答えは否である。答えは法律知識を駆使して、相手を屈服させるである。

我々は法治国家で生活している。個人も法人もすべて法律による支配の下で存在している。もし、イザコザが発生したら、最終的には法律知識を駆使して、相手をねじ伏せる必要がある。

勿論イザコザになる前に、当事者同士の話し合いでお互い合意のもので取引をしたりもあり得るわけだけれど。その話し合いも法律の下で利害を調整するのである。

法律に違反していたら、どんなにトーク力に優れていようが、相手より優位な立場にいようと最終的に裁判になったら勝てない。これを理解していない人がいかに多いことか・・・・。当然暴力を使っても何の解決にもならない。

我々の権利、義務は法律によって調整される。だから、法に基づいて自分の権利を守り、また同時に相手の利害も考えないといけないのである。

さて、法律と言っても何を学べば良いだろうか?答えは民法である。民法は我々の生活で最も身近な法律であり、私人間のすべての法律の一般法である。

勿論、民法は一般法なので、優先して適用される法律、所謂、特別法があるわけだけれど、そう言った法律は適用される場面が限定されている。だから、まずは民法の知識があれば良いだろう。民法はすべての法律を理解する上でのベースなのである。

話は逸れるが、そもそもの話、最低限の法律知識がなかったら自分の利益が侵害されている事すら気づかない可能性がある。最終的に弁護士に依頼にするとしても、最低限の法律知識がなかったら依頼することすらできないのである。

 自分を守るのは他でもない自分である。自分を守るにはある程度の法律の知識が必要なのである。

僕は別に弁護士でもなんでもない。行政書士の試験に落ちるくらいのへっぽこである。だけれど、社会に出て法律を使う仕事をしていてわかったんだけれど、何も知らない人は一方的にむしり取られる。僕達はむしり取られたくなかったら法律知識を身に着ける必要があるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2019/02/17

アイディアを組み合わせるスキル

 僕達の日常で、単体では買わないけれど、組み合わてならば買うモノやサービスってたくさんある。ところが組み合わせてならまあまあの頻度で買ったり、利用したりするモノやサービスがあったりする。

 例えば、僕はイカの塩辛やビーフジャーキーなどのツマミは単体では絶対に買わない。だけれどビールやウィスキーなどの酒とならば結構買ったりする。

 海外旅行に行く時、海外旅行保険に入ることがある。僕も昨年の終わりに新婚旅行に行ったんだけど、一応最低限入っておいた。旅行保険は単体では絶対使わないサービスだろう。

 上記の考え方は自分が作るスモールビジネスや日々の仕事に使えるのではないだろうか?

 例えば、異文化交流を趣向するパーティービジネスと語学スクールを融合させることはできないだろうか?外国人と日本人の出会いの場を作るパーティビジネスを手がけて、そこに語学スクールを併設するのである。パーティビジネスだけだと競争が激しい、語学スクールだけの場合も同様だろう。

 だけれど、2つを組み合わせればどうだろう?外国人と出会いたいけれど語学力が不足している人、語学力はあるけれどそれを使う機会がないって人、若しくはその両方を満たしたい人はある程度いるような気がする。最も必然的に外国人とのビジネスになるので、日本人以上にリスクマネジメントが必要になるだろうけれど。

 もし2つの商品、サービスを同時に展開するほどの財力や時間がない場合は、自分の提供するサービスや商品と相性の良いビジネスをやっている人を見つけて、仲良くなって業務提携してしまうのも手じゃないだろうか?

 僕は将来、最低限の生活を維持できるだけのキャッシュポイントをサラリーマンをやりながら作り、その後フリーランスや自営業の様な働き方をしたいと思っている。それが僕の目標である。

 独立後、僕は2つのビジネスをやるほど器用ではないし、そもそも時間の余裕が欲しいので、何か小資本で始められるビジネスを始めて、自分のビジネスと相性の良いビジネスをやっている人を探すだろう。

 とは言え、先ずは核となるビジネスを作るところから始めないといけないんだけれどね。僕は金持ちじゃないし、怠け者なので小資本で始められて、自動化がしやすいビジネスモデルを作らないとな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2019/02/10

「LINEで発見たまごっち」はビジネスモデルの宝庫

 ちょっと前にLINEでたまごっちをやってたんだけど、このアプリはものすごく優れたビジネスモデル使っているな、と僕はとても感心させられた。

 このアプリからLINEは広告収入を得ていた。その広告も、ゲーム内でのお金を稼ぐ為に、プレイヤーの能動的な意思で見させるよう設計されていたのである。(先日の更新でプレイヤーは広告を見なくても良くなったみたいだけれど。)

 この広告についても5秒くらいの短いものなので、それ程見るのに苦にならない。広告がクドくないので、負担にならないのである。

 僕達が広告をみることでLINEにいくら入っているのかはわからないけれど、LINEを使用している人口は膨大だろうから、このLINEアプリだけで相当儲けていた事だろう。

 一方で、アプリで遊ぶプレイヤーからは1円も取っていない。驚くことにアプリ内で、プレイヤーに課金はないのである。これはアプリをプレイする為のハードルを大幅に下げている。僕みたいに金がかかるならやらないって人は結構いるはずだからだ。

 また、友達のたまごっちに話しかけることで、友達について聞かれる。たまごっちがその友達に僕が言った事を伝える。その逆も然りで、これが結構プレイヤーを楽しませてくれる。学生さんだったら気になる異性と遊ぶこともできるかもしれない。そう、顧客獲得の手段も巧妙に盛り込まれているのである。

 僕は残念ながらプログラミングを組むことが出来ない。だけれど、ビジネスモデルを考えるにあたって、このLINEアプリから非常に参考になることがあった。

 まず、隙間時間を埋めることに特化している。我々の時間は有限である。だから一つの事に多くの時間を割くのは難しいのである。僕は学生時代ドラクエやFFをやっていたけれど、社会人になってからは残念ながら、一度もやっていない。理由は簡単で時間がないからである。

 続いて、時間を取られない、無料など、遊ぶためのハードルをを極限まで低くすることで、幅広い顧客を獲得できるのも強みだろう。これ非常に大切である。

 そして、ゲームでプレイしているプレイヤーに、新たなプレイヤーを呼び込ませる仕組みを構築しているのも素晴らしい。友達を招待したらゲーム内のお金をあげる、たまごっちと話せるなど、実によく考えられている。などなど。

 僕もこんな風にビジネスモデルを組めるようになりたいものである。プログラミング勉強しようかな?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)