ライフスタイル

2018/09/30

モノを減らすのではなくて選ぶ

 僕はシンプリストである。僕のライフスタイルは必要なモノや好きなモノを選んで所有し、それ以外は極力持たないようというものであるである。

僕が目指すのはミニマリストの方が仰っている必要最小限しか持たない生活ではない。好きなモノのみに囲まれる生活である。

 僕はシンプリストであり、ミニマリストではない。だから、僕はミニマリストの考え方にはあまり賛同できない。あれはただの病気だとすら思っている。この記事をミニマリストの人が見たら、怒られてしまうかもしれないけれど、それが僕の率直な意見だ。

 例えば、まともな人がテーブルの代わりにダンボール、茶碗の代わりにタッパーを使いたいと思うだろうか?段ボールはモノを入れて運ぶ道具で用事が済めばゴミであり、タッパーは保存用、若しくは軽いことから携帯用に使うための容器であり、日常的に皿として使うモノではない。

 上記のまともな人が~に対する答えは否であろう。そんな生活をしている人に聞きたい。その生活は本当に自分で望んでしているの?と。

 勿論ミニマリストの方を全否定したいわけではない。過剰に着飾るためのモノやいつ使うかわからないモノ、いつ着るかわからない服、何となく買ったモノはすべて不要だという彼らの考え方には僕は同意する。でも何事もホドホドにするのが肝要だろう。

 必要なものに加えて、なくても生きていけるけれど、あると幸せを感じることが出来るものに囲まれて生活する。それが本当の質の高い生活なのではないだろうか?

適度な無駄が幸せのカギである


 僕は旅行を趣味としている。国内海外問わず僕は旅行が好きだ。一人で行くのも、気の合う友人や彼女と行く旅行もすべて好きである。

 でも旅行をしなくても生きている。旅行に行ったからといって誰かを幸せにするわけではない。僕は幸せだけれど。

 それに昨今は地方でしか売っていなかったモノや海外のモノをネットで簡単に買うことができる。

 旅行は、ある人にとっては人生においての完璧無駄である。でも僕には必要な無駄なのである。旅行に行くことで新たな価値観を見つけたり、ひとり旅ならば自分と向き合う良い機会を得ることができるたり、と色々なメリットがあるのである。

 要は、自分は何が好きで、何が必要なのかを明確に線引きできれば、部屋の中がモノで溢れたりはしないのである。別に病的にモノを捨てる必要はないのである。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/09/16

高い服を買うなら金融資産を買う

服に金なんてかけたくない

 僕は週末に着る服に、コート類を除いて1万円以上出さない。なぜなら1万円以上出さなくてもオシャレはできるからである。

 僕は服にそもそもそこまでの価値を見出していない。過剰に持てば場所も取られる。たとえ高いものでも一生使えるわけではない。服の値段が高いのと僕自身に似合うかは別の問題である。理由を挙げたらキリがない。

1着10000円のTシャツとか信じられない

 たまに10000円以上するTシャツを見かけるけれど、そんなもの買う人の気が知れない、と言うのが僕の考えだ。正直そんなものに喜んで金を出しているとしたら、その人は狂っているのではないかとすら思う。

 Tシャツの耐用年数はせいぜい数年だ。まぁ寝巻としてならずっと長く着られるかもしれないが。

 一方で、金融資産はどうか?それらは耐用年数などを特に気にする必要はない。勿論一過性のブームの中にある会社や投資商品はあるけれども。今はそういう会社の株の話ではない。

 僕が自己資金を投下している個別株やインデックスファンド、ETFはある程度の金額を保有していれば、それ自体が価値を生み出す。

 金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバート・キヨサキ氏の定義だと、資産とは自分の富を増やすもの、負債とは自分の富を減らすものである。

 余談だけれど、僕が昨年買った婚約指輪の代金の一部は資産運用から生まれた利益が原資となっている。僕の資産自体が富を生んだ結果だと言えるだろう。

 話が飛ぶけれど、1年に10000円以上を自動的に生み出すような自己資産があれば、上記のTシャツは不労所得で買えるのである。それを望めばだけれど。

 事実、現在僕は資産運用から生まれた不労所得のみで10000円のTシャツを毎月買うことができる。多分月によっては5,6枚は買えるだろう。

 もっとも、そういう状況になった今も、僕は10000円以上するTシャツに興味は持てない。価値を見出せないからね。

 それに残念ながらファッションを極めてもモテないのである。一部の異性にはウケてもね。

 考えても見て欲しい。異性のファッショントレンドとかわかります?僕なんかメンズファッショントレンドすらイマイチわからないのにレディースなんて絶対無理である。

 上記の理由によって僕は服にそんなに金をかける気にはなれない。服の代金が経費で落とせて、節税できるとかだったら考えても良いかな?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/07/15

学校の先生が言ってたことなんて気にする必要はない

 タイトルの通り学校の先生が言ってた価値観、人生観なんて全く聞き入れる必要はない。理由は彼らが学校という狭い世界しか知らない、歪な環境で生活している人種だからだ。


 考えても見て欲しい。彼らは学校という閉鎖社会しか経験していないのである。学校の先生になるには学校を卒業する必要がある。学校を卒業して、学校に就職する。同僚も同じような境遇の人が多数である。彼らの知っている世界は学校の世界だけなのである。


 彼らは多様性を良しとしない。イメージして欲しい。自分が属しているグループに変わり者、アウトライアーズがいたらそのチームのまとまりは悪くなるだろう。それは学校でのクラス運営においても同じなのである。そもそも狭い世界でしか生活したことがない人種に多様性なんて理解できないのである。


ところが、会社においてはその変わり者やアウトライアーズが結果的に利益を生むことがあるので、会社はそれを許容するだろう。実際に組織に変革をもたらすのはそういった人種である。だから彼らをクビにはしないし、過剰な同調圧力を(公には)かけない。もっとも、あまりにも仕事ができない、やらない場合は物凄く厳しい仕打ちを受けることになるけれど。


 一方、学校のクラスで問題がある生徒をクビにはできない。が、同調圧力をかけ、従わなければ村八分(無視)するよう、学校の先生が周りの生徒に仕向けることはあり得る。直接的な表現をせず、上手い具合に。子どもを誘導するのなんてかんたんでしょう?まぁ手がかかるからね。変わり者は。


 クラス運営においてみんな同じ(考え方が共産主義みたいで気持ち悪い)が彼ら教師のモットーである。 なぜなら管理が簡単だから。


そして、教師は教師の人間性を読み取ってしまう精神年齢が高い生徒は接するのに気を使うから嫌う。また、勉強があまりにもできる生徒も嫌う。なぜなら彼ら教師より勉強ができてしまうと、間違いを指摘されてしまう恐れがあるからである。


 また、狭い世界しか見てこなかった人は才能がある人をそもそも理解できない。そして理解できないから怖がる。彼ら教師は才能がある人も結果的に嫌うことになる。



そして、勉強があまりにできない生徒も個別に対応しなければいけない面倒があるので嫌う。あと団体行動ができない生徒も嫌うな。慣例的にある行事に積極的に参加しない生徒(僕みたいな)ってどこにでもいるじゃないですか?


 彼らの思考回路は共産主義そのものなので、良い意味でも悪い意味でもアウトライアーを嫌うのである。みんな同じが素晴らしいのである。


思いつく限り教師の悪口を書いてみたが、概ね当たっていると思う。何が言いたいかと言うと、学生生活のまさに延長の人生、本当にどうしようもなく狭い世界でしか生きてこなかった教師の薄っぺらな考察、批判なんて聞く価値も、気にする価値もない。もしあなたがそんな取るに足らない事で悩んでいるなら、馬鹿馬鹿しいからやめなさいって事である。そんな事に自分のリソースを割くくらいなら、自分の好きな事をやってた方が幸せですから。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/07/01

年収が上がっても生活水準を一定に保つ

 僕の将来の夢は、アーリーリタイアして世界中を旅行することである。その為には金がいる。そしてとても大事な事だけれど、アーリーリタイア後も継続して収入源を確保する必要がある。貯金を取り崩しながら生活するのは精神衛生上良くないからである。

 僕が考える将来に収入源を確保する方法は、資産運用である。資産運用には種銭がいる。 種銭を確保するには月々の収支を必ずプラスにする必要があるのであるが、案外これが難しい。ついつい使いすぎたりしてしまうしね。自分への投資だとか言い訳を作って。

 さて、ここで月々の余った分を投資資金の種銭に充てるという考えは絶対に持ってはいけないと断言できる。何故ならそれは強い苦痛を伴うからだ。貯金と同じでこれは難しいのである。我慢が目に見えてしまうから。

 僕が考える月々の収支を常にプラスに保つ方法は、月々にいくら資産運用に充当するか予め決めてしまうである。最初から家賃などと同様に、生活費の固定費用としてカウントしてしまうのである。仮にそれ以外に余った金を全て使ってしまったとしても、収支は常にプラスになるという寸法である。

 加えて、定期昇給などの収入の増加に併せて、資産運用に充当する金額も徐々に増やすのが理想形である。徐々に種銭を増やすことでアーリーリタイアまで要する期間を短縮させる事ができるのである。

 また、上記を実践する事で、生活水準を一定に保つことができる。僕達はたとえ収入が上がっても、それに合わせて生活様式を変える必要はないのである。

 ところで、生活水準を一定に保つ事には、たとえ収入が下がったとしても精神的苦痛を軽減する事ができるという、副次的な効果があるのである。 年収500万の人、Aさんが年収300万の人と同じ生活をしていたとする。ある日突然、Aさんの年収が本当に300万まで下がってしまったとしてもいきなり生活が破綻することはないだろう。勿論実際にそれが起こったら悲しいだろうけれども。

 僕はアーリーリタイアするまでの過程でも、精神的苦痛を軽減し、幸福度の高い生活を送りたいと思っている。将来の為、という漠然とした目標の為だけに、高い収入だからという理由だけで仕事を続けるのは不幸である。(僕は高給取りではないけれど。)

 ところで、上記Aさんが今やっている仕事が嫌で嫌でしょうがなかったとしよう。Aさんは収入の割にかなり質素な生活をしているので、仕事を選択する際に、多少年収が下がることがわかっていたとしても躊躇なく決断できるだろう。だって生活水準は変わらないからである。

 もし僕達が転職を考えたり、フリーランスになりたいと考えたりした時、転職や独立の前後で、生活水準が一定に保つことができるのであれば、少ない苦痛で決断する事ができるだろう。上記のAさんのように生活水準をある程度セーブしているのであればそれは可能かもしれない。まぁ僕は旅行くらいしか趣味がないので普段の生活はかなり質素なほうなんだけれどね。この考えはアーリーリタイヤにもつながる考えだと思う。

 話がそれてしまったが、アーリーリタイヤ後には収入源が必要だから資産運用しておく必要がある。アーリーリタイヤ後は派手な生活はしないことになるだろうから(そもそも散財している人がアーリーリタイヤできるとは到底思えないけれど)、生活水準も馬鹿みたいに上げるのは避けた方が良いだろうってことで締めておく。

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)

2018/06/17

戦略的ダウンシフト

この世界においては、サラリーマンのままでは満たされない

 僕たちはサラリーマンのままでは満たされることはできない。たとえ高給取りと言われらようになってもである。なぜなら、たとえ高給取りになったとしても、更に上には上がいて自分が一番になる事は永遠にないからである。また、こちらの方が深刻だろうけれど、たとえ高給取りになってもその金を、時間を要する用途に使うのはサラリーマンのままでは難しいだろう。

サラリーマンとしての成功って散在する事?

 もしあなたが高給取りのサラリーマンになったならば、ブランド品で身を包むこともできるだろう。高級車を乗り回すことも可能だろう。でもそれらは本当に欲しいものなんだろうか?確かにブランド品や高級車で他者への承認欲求を満たすことはできるかもしれない。でも、もし誰かが自分より良いものを持っていたら?

 また、仕事でスーツを着る人が多いだろうけれど、スーツの値段は年収に比例してが高くなりがちである。安っぽいスーツだと格好がつかないとか言ってね。でも僕はたかが仕事着に何十万も価値があるなんて、到底思えないのである。

視点を変えて解決策を考える

 上記を踏まえて、どうせ満たされないなら、自分を満たすために他の方法を模索したらどうだろうか?その方が現実的ではなかろうか? という何ともぼやけた考えが浮かんでこないだろうか?

 僕自身は高給取りじゃないので、上記はもしかしたらただの負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれない。また、お金を僕より沢山持っている人に対して妬みが全くないかと言われたら嘘になる。ただ僕としてはブランド品で身を包んでも、高級車を乗り回しても満たされないのを自分でわかっている。僕はモノより自由が欲しいのである。

 僕が今欲しいものは上司の顔色を伺うための仕事を一切やらなくても良い職場環境と好きな時に、好きなところへ旅行に行けるだけの金と時間である。ブランド品や高級車も、アホみたいに高いスーツも要らないのである。自己を誇示することで満たされる必要はない。少なくともどうでも良い相手には。

 僕は服に拘りはないので、すべてファストファッションやネットで購入したモノで満足できる。実際昨今は全身ファストフッションでもそれなりのコーディネートができる良い時代である。また、靴、財布、カバン、時計などの小物も2、3万くらい出せば質が良くてオシャレなものが手に入るので、僕はそれ以上出す気にはならないのである。

 僕はサラリーマンをやらなくても生活できるのならば、サラリーマンなんてやりたくないと思っている。幸いなことに年収は徐々に上がっている。ここで他人からの雑音に惑わされず、今のライフスタイルを貫き続ければ、セミリタイヤ後の資金を貯めることができる。早く本当の意味で満たされたいものである。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink