2019年03月

2019/03/31

Time is the most valuable thing ever!

社会人になってから感じることがある。ボーッとしていられる時間が沢山ある生活がどれだけ幸せだったのかと。

僕が言うボーッとしているとは、文字通りボーッとするだけのみならず、テレビをダラダラ見たり、ゲームをしたり、ひたすらネットサーフィンしている時間も含む。社会人になってからというもの、こういう時間が著しく減ったと言わざるを得ない。

僕は学生時代RPGゲームを良くやっていた。ポケモン、ドラクエ、FFなどプレイ時間100時間超えたゲームがいくつかある。しかし、社会人になって以来、僕はこれらのゲームをやるのをやめた。理由は簡単でまとまった時間がないからだ。

また、ネットサーフィンする時間も学生時代に比べて減ったような気がする。この理由も簡単でまとまった時間がないからだ。

僕は社会人になってからしばらくしてからは、なんとかサラリーマンを卒業したくて隙間時間に気力と集中力が続く限り、学びのために時間を使ってきた。英語や法律、ファイナンスを中心に勉強をしてきた。(今となってはこれらだけではサラリーマン卒業はできないと気づいたけれど。)

週末の夜は、勉強に飽きたら夜遊びもしていた。いや、小金を持ったので覚えたという方が正しいだろうか。世間では所謂社会人デビューと言われるのかもしれない。(今は結婚してメッキリやめて健康的な生活を送っているけれど。)。

今振り返ると、あの頃の僕は朝起きて会社に行って、夜まで働き、帰ってきてから隙間時間に勉強し、眠くなったら寝るだけの単調な生活を退屈に感じていた。

退屈な生活に飽き飽きした僕は、ただ刺激が欲しかった。バーなんかで女性に話しかけて仲良くなって、その後の展開をうまく持っていく。この遊びはRPGほど時間を取られない。時短で楽しめて、刺激的で、ゲームのような感覚だった。多分相手も同じだっただろうからWinWinだっただろう。

別に結婚した今は夜遊びしたいとは微塵も思わない。だけれどボーッとする所謂非生産的な時間がもっと欲しいと思う今日この頃である。

やっぱりそんな生活をするにはVoicyの人気パーソナリティのサウザー氏が言うように、自分のビジネスを持って、ビジネスモデルにお金を稼がせるしか道はないのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)日常 | 戯言

2019/03/24

積立投資は最良の貯蓄手段…だけれど

 僕はインデックスファンドを積立投資している。思うにこの方法は時間のないサラリーマンが貯蓄する手段としては、最良の方法である。

 だけれど、それだけではサラリーマン卒業を成し遂げることは絶対にできない。もし既に運用資産が1億とか2億あるんだったら話は変わってくるだろうけれど、僕を含めた一般的なサラリーマンにそんな人はまずいないだろう。

積立投資はただの消費の先送り

 貯蓄とは消費の先送りである。僕が積立投資をやっているのは、単純に銀行にただ預けておくより期待リターンが高いからである。そう僕は積立投資を貯蓄の一手段と位置付けている。

 勿論、積立投資の期待リターンが銀行預金より高いだけがメリットではない。保有資産の分散、買付のタイミングの分散により、リスクの低減を図れるのは大きなメリットだ。

 だけれど、それだけではサラリーマンを卒業できない。積立投資を定年まで続ければ、高い確率で老後は安泰だろうけれど、僕は定年前に卒業したいのだ。

結局労働以外で金を生む仕組みを作らないとタダの貯金と変わらない

 結局のところそれ自体が金を生む仕組み、ビジネスだったり、商品を持たないとサラリーマンを卒業するのは不可能だと思う。

 普通のサラリーマンが1年間に投資に充てられる金額なんてせいぜい100万くらいだ。僕は100万すらできていない。仮に出来立てして100万円をインデックスファンドで運用したとしていくらになるだろうか?調子が良くて10〜15万、平均だと5〜7万が関の山だろう。

 僕の昨年の年収は税引き前530万くらいで手取りだと400万くらいだった。僕のライフスタイルだったら、毎年勝手に同程度の金が入ってくるならば働く必要はないだろう。

 インデックスファンドの期待リターンを5%と仮定すると税引き前で500万の利益(税率約20%のため)必要になる。500万の利益を生むためにはちょうど1億必要になる。

 仮に毎年100万、利回り5%で複利運用すると1億に届くのに約37年かかる。つまり1億出来上がる頃には残念ながら定年しているのである。

働きたくないならより強力な仕組みが必要

 結局のところ資産運用だけでサラリーマンをアーリーリタイアするのは絶望的なくらい可能性が低い。だったらどうか。

 サラリーマンを卒業したいならば、非労働集約型のビジネスを作るしかないという結論にならざるを得ない。お金と時間を同時に手に入れたいなら、どうやら間違いなくこれが答えのようである。

 なぜなら独立したとしても、労働集約型のビジネスだったらサラリーマンの方がマジだろう。だって失敗しても怒られるだけで、最悪クビになるかもしれないけれど、給料はもらえるし、命までは取られないんだから。

 ようやく答えにたどり着いた。あとは自分のビジネス、商売を見つけるだけだな。それが難しいんだけれど。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)資産運用 | ビジネス

2019/03/10

ファッションに金かける必要なくね?

 レディースファッションは非常にリーズナブルな価格で楽しめるのに対して、メンズファッションは割高の様に思う。男はデート代を多めに出す機会も多いだろうし、身体も大きいから食費も女性よりかかる。

 上記のような状況だと必然的に若い男性の可処分所得は、女性よりも低くなるのではないだろうか?事実そうだと思う

 そんな状況だと、若い男性にファッションに金をかけるほど余裕はなくなってくる。趣味、彼女なし、貯金しない、投資や資産運用はしない、本を買うなどの自己投資も一切しない、というならば金をかけることができるだろうけれど。多くの人は違うだろうし、違う事を願う。

 ところが、そんな状況だけれど朗報がある。それはファストファッションの台頭である。僕達は今までは考えられないほど安価な価格でオシャレが出来る。

 僕の去年の年収は大体530万くらいで、ここ数年は横ばいか微増傾向にある(もしかしたら今年は、最近残業時間が減少傾向にあるので減少するかもしれないけれど)。ところが、衣服にかける金はむしろ減少傾向にある。

 むしろ大学生や社会人1年目とかの方が衣服への出費が多かったくらいだ。オシャレに対する意識が高かったのもあるかもしれないけれど、多分それだけではない。

 答えは簡単で、昔よりファストファッションがオシャレになっているのである。ユニクロ、GU、無印良品はシンプル、ベーシックな商品が多く、コーディネートを考えるのに非常に役立つ。ユニクロは自社の服をコーディネートの部品として捉えていると聞いたことがあるが、おそらく本当だろう。

 上記ファストファッションブランドはシェアを伸ばして儲かっているから、品質も上がっているように思う。特にここ最近でGUの品質は明らかに上がった(一方ユニクロは商品によっては下がった疑いがあるけれど)。

 いずれにしても、上記のファストファッションのデザイン性、品質の向上により、僕は他の店で服を買う必要性を感じられない。むしろオシャレに気を配るならば、服のブランドより筋トレをして引き締まった身体を維持することに注力して方が良い様に思う。

 僕達はファッションに金をかける必要がない時代で生活しているのである。むしろファッションに金をかけるならば他の事に金を使った方が賢い時代だろう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ファッション | Opinion

2019/03/03

基本スキルを売り物にしてはいけない

 僕が考えるビジネスマンの基本スキルは英語、ITリテラシー、ファイナルシャルリテラシー、リーガルリテラシーである。できるビジネスマンはこれらを一定水準以上持っているように思える。

 ただし、あなたが上記のスキルを高水準にで有していてとしても、それらを商品とするのは賢明ではない。上記のスキルはビジネスをする上でのただのツールだと割り切って、それ以外の何かを商品とした方が賢明だろう。

 僕は英語を話すことができるし、ある程度はビジネスの場でも使っている。だけれど、それ自体を商品にしようとは思わない。何故なら非ネイティブでも僕より英語ができる人なんてごまんといるからだ。帰国子女とかね。

 僕はFPの資格も持っているから、ある程度ファイナルシャルリテラシーがあると言えるだろう。少なくとも訳のわからない保険商品や銀行や証券会社オススメの投資信託を買ったりなどはあり得ないだろう。だけれど、僕程度のファイナルシャルリテラシーが商品になるかと言われると答えはNOだ。世の中には会計士や税理士などお金周りのプロが沢山いるのである。

 同様に法律知識も一部の人を除いて商品とはなり得ないだろう。世の中には弁護士や司法書士など法律の専門家はごまんといる。資格がないとそもそもできない業務も多いし、仮にあったとしても競争相手は彼ら弁護士、司法書士となる。いずれにしても厳しい環境だ。

 ITリテラシーについてはそこまで詳しくないけれど、昨今の傾向を見てると、何か革新的アイディアがないならば、ビジネスツールとして割り切って身につける方が賢明なように思う。単純作業を自動化して効率化したりね。

 とは言え、自分でビジネスをする上では上記はあった方が間違いなく良いと思われるので日々の自己研鑽は継続するべきだろう。

 自己研鑽に使う時間に加えて、新しいビジネスを創造しないといけないんだから、社畜脱脚はとても難しい。新しい商品を見出すことの方が遥かに難しいからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス