2019年01月

2019/01/27

貧乏は金持ちを検証してみた

 先日橘玲氏の書籍、「貧乏は金持ち」を読んだ。内容としては、法人を設立して自分の収入を法人と自己の給与に分けて、税金を徹底的に削れば、裕福になれるという内容だ。読みやすい文章だったのでスラスラ読み進めてしまった。




 良い本を読んだので早速アウトプットしようと思い、自分自身の現在の年収を法人と個人で折半してどうなるか検証してみた。

法人は経費を計上できる

 経費を使えるのは法人成立の最大のメリットだろう。家賃や光熱費、携帯代、パソコンなどの機器の一部、そして自分自身の給与は法人の経費とすることができる。可処分所得を増やすにはこれが肝となる。

サラリーマンは経費を計上できない

 サラリーマンには給与所得控除があるけれど、上記のすべては経費として認められない。これを考えるとどちらが経費としてより多く計上できるかは誰の目にも明らかだろう。まずは、僕個人がいくら税金を納めているか計算してみる。

 僕の昨年の年収は500万を少し上回ったくらいだった。ここで計算をわかりやすくする為丁度年収を500万とし、実際の社会保険料を代入して、税額を計算したいと思う。計算方法は以下である。
1. 500万÷4=125万(小数点が出たら切り捨て)
2. 125万×4=125万
3. 給与所得控除を控除する。僕の年収は500万だから給与所得控除額は154万である
500万-154万=346万(これが所得である)
4. 続いて各種所得控除を行う。僕は結婚しているが、奥さんも働いているので扶養親族はいない。基礎控除(所得税38万、住民税33万)と社会保険料控除(75万)だけである。
346万-38万-75万=233万(所得税に対する課税所得)
346万-33万-75万=238万(住民税に対する課税所得)
5. 僕の所得税率は10%だから所得税=23.3万だ
6. 住民税はもう少し多くて4に戻る。課税所得は238万
7. 238万に対して10%(市民税6%、県民税4%)をかける。(これが所得割)
県民税:238万×4%=9.52万
市民税:238万×6%=14.28万
8. 続いて均等割(県民税1500円、市民税3500円)を住民税の課税所得から控除する。
9. 調整控除を行う。僕の場合は2500円(県民税1000円、市民税1500円)であるので、住民税額から控除する
10. 以上から住民税の合計は以下である。
県民税:9.12万+0.15万-0.1万=9.42万
市民税:13.68万+0.35万-0.15万=14.13万
  住民税合計:23.55万である
 僕個人としての税金は46.85万だ。

半分を法人、残りを個人としたらどうなる?

 もしこの500万を僕名義の法人が受け取り、そのうちの半分を僕に給与として支給したとしたらどうなるだろうか考えてみたいと思う。

 法人の収入は500万になるわけだけれど、僕が個人で払っている家賃や電気費、インターネット、携帯代の半分を経費に計上できる。また、僕個人に法人として支払う給与も経費にできるのである。控除額はわかりやすく以下とする。
家賃:5万×12=60万
電気代:2500×12=3万
インターネット代:2500×12=3万
携帯代:2500×12=3万
僕に支払う給与:250万
法人の所得は181万である。マイクロ法人の実効税率は30%だから54.3万、均等割が7万だから61.3万が法人税額である。うん?高いな。

 ここで個人の税金を計算する。年収250万の人(国保、国民年金加入を前提)の税金は所得税約4.4万、住民税約9.4万である。合計13.8万である。

 法人と個人の合計は75.1万である

 あれ?法人を持っている方が、税額が高くなってしまったw しかし、給与収入の低下に合わせて社会保険料が激減していることだろう。ついでに、家賃や電気代、インターネット代、携帯代も既に半額法人が負担しているのもミソである。

 上記に加えて、ここで定年した親などの親族を1人雇って、非課税の範囲(103万円)で給与を支払ったらどうなるか検証してみよう。これだけで、法人税を30.9万円圧縮できる。もし2人雇えば所得割は0、均等割が7万になる。つまり支払う税金は個人部分と合算して20.8万である。

もし、この103万を取り戻したければ、贈与して貰えば良い。110万円まで贈与税は非課税だから無税で回収できる。

とは言え、年収500万程度ではあまり旨味はない事がわかった。しかしながら、サラリーマン+αの働き方を実行する際のヒントになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)読書 | 税金

2019/01/20

サラリーマンモデルじゃ独立しても意味がない

 僕は以前自分が考えるビジネスモデルについて記事を書いた。だけれど、後々読み返してみたらあることに気がついた。

 それは自分が考えていたビジネスモデルがサラリーマンの働き方そのものだったのである。そして、僕は自問自答した。金と時間が欲しいからサラリーマンじゃない働き方をしたいのではないのか?と。

 先日僕が綴った、語学力とお金周りや法律の知識を使って、顧客に対してアドバイスしたり、書類作成の代行を行ったりするのはサラリーマンがやっている仕事と大差はない。実際それを生業にしている方はいることだろう。士業の方が正にそうだろう。

 確かにノウハウの蓄積後にそのノウハウをパッケージ化して、noteなどで販売するのはある種ストック型の商品=資産になるので、それ自体は良いのだけれど、その段階まで行き着くまではサラリーマンの働き方と大差ない。

 また、僕のビジネスモデルに決定的に抜けているのが、どうやって顧客を確保するかが抜け落ちているのである。今は会社の名前である程度は顧客を獲得することができる。だけれど、独立後は会社の後ろ盾はないのである。

 実際、会社の後ろ盾がない状況でどうやって顧客を獲得するかは、ある種今後の最大の課題だろう。また、潜在的な顧客人口はどの程度で、今後増えると予想されるのか、減ると予想されるのかも、正しく見極めなくてはなるまい。

 また、習得している言語が英語だけだと、実は個人で働くのには大して強みにはならないのである。英語を母国語とする外国人、アメリカ人や英国人は大企業に勤めていることも多く、既に会社が生活のサポートをしてくれることが多い。したがって、彼らに対して小資本でビジネスしても上手くいくようには到底思えないのである。

 それ以外の英語を使う外国人となるとフィリピン、インドネシア、タイなどの所謂、新興国出身の方々になるのだろうけれど、やはり考えることは皆同じで競争は激しそうである。

 日本にいる外国人とビジネスをするっていうのは、多少の参入障壁になりえるので、悪くない視点だとは思うんだけれど、如何せん使いこなせる外国語が英語だけだと、個人でビジネスをするのは少し物足りないかもしれないな。やっぱり中国語、スペイン語あたりも勉強しないとな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス 

2019/01/13

お待たせ!の段階でファッションチェックは始まっている。

最初に書いておくと、僕自身は全くファッションには興味がない。だけれど、同時にそれなりの身だしなみをしていないと、自分が損することを僕は知っている。身だしなみを整えるとは独創性でオシャレな格好をすることだろうか?僕の答えは明確にNOである。 

僕が考える「それなり」の身だしなみとは相手に不快感を与えない、ダサいと思わせないファッションのことである。僕達が誰かに会う時、別に個性的な服を着る必要もないし、この人すごいオシャレだとか思わせる必要は全くないのである。

だけれど、どの瞬間から人はこの人はダサい、この人はオシャレだと評価しはじめるのだろうか?相手の顔をハッキリと認識できる瞬間だろうか?それとも・・・・?

ところで、休みの日のコーディネートを考える時に、皆様はトップスを先に考えるだろうか?それともボトムスからだろうか?多くの人はトップスから考えがちだ。なぜなら相手の顔を見た時に同時に視界に入るのはトップスだからである。

ところが、この考えは大事な事を見落としているのである。皆様にデートや待ち合わせしている状況をイメージしてほしいんだけれど、僕達の視界に最初に映る相手の姿はどんなだろうか?

答えは簡単で、全体像である。僕達が相手にお持たせ!と言う時も、僕達が相手に言われる時も、最初に視界に映る相手の姿は全体像である。つまり、トップスが視界に入るころには、相手のファッションチェックはもう既に終わっているのである。 

だから、僕は敢えてコーディネートをボトムスから考えるのを提案したい。なぜなら汎用性の高いボトムス選べば、トップスはある程度適当でもそれなりのコーディネートが作れるからである。

僕は週末用のボトムスを黒スキニー、ベージュのスリムチノ、白のスリムチノ、ブルーのスリムデニムで回している。すべてユニクロでOKである。余談だけれどユニクロならば無料で裾上げもしてくれるので、スッキリ着ることが出来る。

上記に共通しているのはすべて細身であることである。また細見に加えて、何も柄が入っていない無地のものを選ぶとなお良いだろう。ボトムスにシンプルかつスッキリしたフォルムを持ってくるとコーディネートが本当に簡単になるからである。

ファッションチェックは、僕達が考えているより早い段階で始まっており、トップスの柄をハッキリ見られる頃には既に終了している。だから全体像を意識してコーディネートを考えないといけないのである。 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ファッション | 日常

2019/01/06

小中学校の友人関係なんてクソ

 ちょっと前に林修氏がテレビでタイトルの様な事を言っていたのを見た。元ネタはプレジデントの記事らしいけれど、これを見た時物凄く共感したのを記憶している。

 別に僕は小中学校時代いじめられていたわけではないけれど、正直言ってつまらない生活をしていたのを記憶している。

 これからも一緒にいなきゃいけないと無意識に思ってしまい、遠慮して息苦しい人間関係だったと今振り返っても思う。子どもの時の人間関係は同じ学校の友人だけだからね。

 社会人になった後、小中学校時代の友人と会うかというとほぼ皆無である。僕の場合は一対一で会いたいと思うのはたったの2人だけである。同窓会は今後も行くつもりはない。何度か断わっているのでもう呼ばれないだろう。同級生は100人くらいいたにもかかわらずである。正直上記の2人以外に会いたいと思う人はいないし、会う理由もみつからないのである。

 そもそも、小中学時代時代の友人は、同じ年に同じ地域で生まれ育ったというだけのつながりである。同じ学区だから同じ学校に押し込まれているに過ぎない。自分で選んで関係が始まったのではないのである。

 しかしながら、その閉鎖的空間が小中学で9年間続く。僕はその期間は永遠と続くのではないかと子供心に思っていた。みんな同じように感じているから、必然的に同調圧力が生まれて、村社会が構築されるのである。その時は気づかないけれど、そこから出たら、その期間が終わったら2度と付き合う義務はないのに。

 僕の時代は超閉鎖的だったけれど、時代は変わった。今はSNSが発達して自分の生活圏内のコミュニティ外の人とも簡単に出会える様になった。だから未来では、学生生活の立ち振る舞い方が変わってくるだろう。

 僕が考える学生さんの最適戦略は、気が合わない人とは表面上の付き合いにとどめ、気が合う人とだけ深く付き合えば良い。同じ学校に気が合う人がいなければ、現代のテクノロジーを駆使して探せば良いのである。僕の時はそんなことできなかったから羨ましい時代である。今だったら学生に戻っても良いな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/01/01

2019年の目標

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年も今年の目標をあげたいも思う。と言ってもほぼ焼き回しですけれど。以下が50個の目標である。


  • 英語力を磨く

  • 英語以外の外国語を学ぶ

  • 小説以外の本を10冊以上読む

  • 小説を5冊以上読む

  • 諺や漢字などの学習

  • ビジネスマナーを勉強しなおす

  • オフィスソフトを含むITスキル向上

  • 今後のキャリアに役立ちそうな資格(主に法律関連)を取得する

  • その他雑学を得るために常にアンテナを張る

  • より効率的に仕事を進める

  • 業務をマニュアル化して休みを取りやすくする

  • 有給消化15日以上を目指す

  • 休日出勤を昨年より少なくする

  • 仕事上のケアレスミスを減らす

  • 自分自身で始められるビジネス、商品を模索する

  • 月々の積立投資額を増やす

  • ボーナスの30%以上は投資資金に充てられるようにする

  • 資産運用のランニングコストを下げる

  • 今年こそはふるさと納税をする

  • 今年こそは株主総会に出席する

  • 純資産額を殖やす

  • 今年こそはiDeCoを始める(去年は結局やらなかった)

  • 2019年のマネープラン・資産運用を早いうちに決める

  • 投資、資産運用とはある程度距離をとって付き合う

  • 生活費を下げることができる個別株に投資する

  • 旅行積み立てを月5000円はする

  • ポートフォリオのリスクをより正確に把握する

  • Fund of the Year2019に投票する

  • ブログを最低週に1回は更新する

  • ブログの話題を増やす

  • ブログアクセス数を倍増させる

  • 妻を大切にし、今よりももっと幸せにする

  • 海外旅行に最低1回は行く

  • 国内旅行に近場2回、遠くへ1回行く

  • 旅行先で食べた事ないものに挑戦する

  • 健康に気を遣う(手洗いうがいの徹底)

  • 身体を絞る

  • お酒の量を減らす

  • 外食の回数を減らす

  • 料理のレパートリーを増やす

  • 週に最低1回は運動するようにする

  • 映画を20本以上は観に行く

  • ライブ、コンサートに最低1回は行く

  • 新しい趣味を見つける

  • ダーツを練習する

  • ビリヤードを練習する

  • 雰囲気の良いカフェを開拓する

  • シンプル、ベーシックコーディネートを徹底する

  • 手入れがより楽で自分に合うヘアスタイルをみつける

  • コスパを意識して買い物し無駄遣いしない



  • 多分達成率は例年同様低いだろうけれど頑張ろう(笑)




    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)日常