2018年11月

2018/11/18

キャッシングポイントを増やす

僕はしがないサラリーマンだ。しかし、将来は組織に依存しない生き方ができればと思って生活している。それには何が必要だろうか?

その答えは簡単である。給与に依存しなくても生きていけるだけの経済力である。これさえあれば会社に依存する必要はない。当たり前の事だけれど、それが難しい。

実際、事業を所有し、そこからの事業所得、加えて自己の資産からインカムゲイン、キャピタルゲインで生活できるのならば、会社にしがみつく必要は皆無だ。極論を言えばニートになることも可能だろう。

僕は会社の帰りにサウザー氏がパーソナリティを務めているサウザーラジオを聴くのが日課になっている。

彼が言っていることはいつも同じだ。そして概ね正しい(彼は否定的だが、僕は投資、資産運用をアーリーリタイヤする前からある程度やっておくべきだと考えているけれど。)取り上げるお題が多様なのは流石だと思う。毎回ついつい聞き入ってしまう。

彼は毎晩サラリーマン辞めたいなら何か商品を持て、ビジネスを持てと説く。さすればニートになれると。彼の生活を聞いているとニートではないような気がしないでもないけれどね。

僕自身はニートになりたいとは思っていない。目指すのは週の4日くらい好きな事をやって残り3日働くような生活だ。週3日ならば楽しく働けるような気がするしね。

4日あればアメリカやヨーロッパなどの遠方への旅行は厳しいけれど、国内やアジア圏、ミクロネシアなどなら十分楽しめるだろう。僕はそんな生活が欲しいのだ。

残りの3日を仕事に使うのは、社会との接点をある程度確保して、一定水準以上の社会性を維持するためだ。金のために働くのではない。僕はコミュ障だから、一定水準以上のコミュ力を維持する努力をする必要があるのである。

サウザー氏が彼のラジオで仰っていた「芸人+α」のような生活が僕の目指すところだ。生活するための収入を自分の事業から稼ぎだし、残りの遊ぶ為の金を労働から得るような生活が僕の理想だ。遊ぶためにお金を稼ぐんだったら、モチベーションを維持しながら働けるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/11/11

変化の時代での稼ぎ方を考察してみる

 昨今は変化の時代だ。良い学校に入って、良い会社に入れば安泰の時代は終わったと言えるかもしれない。

 学歴は就職活動の時は役に立つけれど、社会に出たら何も価値はないのが昨今の時代である。だって学歴は要領の良さを面接でアピールするためだけの道具だからね。
会社の名前もその会社がうまくいっている時は良いけれど、そうじゃなくなれば価値はなくなってしまう。それが現代の流れである。

 別に僕は高学歴でもなければ、誰もが知っているような会社で働いているわけでもない。平凡な大学を平凡な成績で卒業して、特に有名でない会社でサラリーマンをやっている。正にザ・普通のサラリーマンである。

 21世紀は個人の時代と言われて久しい。しかし、今後もサラリーマンが圧倒的多数派だろう。一方で同時に21世紀は、かつてないほど個人が個々の力で稼げる時代になる事は間違いないだろうと僕は確信している。

 と、言うのも月並だけれど、情報発信がかつてよりも容易かつ安価になったからである。HPやブログ、各種SNSなど実に多くの手段を僕たちは持っているのである。
また、上記の情報発信メディアに広告を載せてうまくいけば、キャッシュインフローが望める。それは一つ不労所得の獲得を意味するのである。寝ている間でもお金が入る可能性があるのだから。

 そして情報発信が容易になったと言うことは、誰も思いつかなかったアイデアがあれば、各種メディアを駆使してそのアイデアを販売することができるのである。

 21世紀は個人が新しい商品やサービスを生み出す時代になるのではないだろうか?僕もそんな21世紀の人材になれればと思う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス 

2018/11/10

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018に投票しました

 先日、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018に投票させていただきました。

 途中でブラウザがフリーズしたので、ちゃんとできてるかわからないですけど、取り敢えず今年の目標1つ達成ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)資産運用 

2018/11/04

学校嫌いなんて気にする必要なんてない

 僕は学生時代(主に小学校から高校まで)まで学校が嫌いだった。正直本当に楽しいと思ったことなんて一度もなかったのではないだろうか?その一方で今はそこそこ楽しんで生活できている。

 小学校から中学校までの僕は、何かと理由を作って欠席していた。頭が痛いとか、熱があるとか言ってね。不登校と言われるレベルではなかったけれど、サボりマンだったことは間違いないだろう。だってテレビゲームの方がやりたかったんだもん。

 高校生の時は家から学校までの通り道に映画館があったので、朝家を出て、適当なところで時間を潰して、映画を観てから登校するなんて日常茶飯事だった。だって学校の授業よりそっちの方が楽しかったからね。

 そんな話をすると、僕が学校でいじめられていたとか、学校の授業について行けなかったとか思う人もいるかもしれない。けれど、僕はいじめられていなかったし、勉強はそこそこできる方だった。単純に僕は学校生活が好きじゃなかっただけだ。

 何故好きじゃなかったのか?僕はあのみんな同じ、人と違うことをしたら顰蹙を買う同調圧力、村文化に若いながらウンザリしていたのである。だからサラリーマン生活も好きではない。(給料を貰っているわけだから、学生時代のようにサボったりしないけれど。)

 でも大学に進み、アメリカ留学を経験したら視点が変わった。留学中、個人主義的な思想で生きていても問題ないんだということを初めて肌で感じることができた。

 別に僕は海外かぶれとかではない。現に僕は日本で生活することを選んでいる。日本のご飯の方がおいしい、良いサービスを受けられる等優れているところが多いのを僕は知っているからだ。

 僕はこの記事で視野を広げる為に海外に飛び出せとか、適当なことを言いたいのではない。小学校から高校までのような閉鎖的な世界に嫌気がさしても、人生捨てたものではないと言っているのだ

 現に今年32のオジさんの僕は、仕事は正直好きではないけれど、学生時代より人生を楽しんでいる。何故なら社会人の方が付き合う人を能動的に選べるからだ。

 会社や取引先の人とは仕事以外では付き合う必要はない。完全に断ち切るのは難しいけれど、避けることはできるだろう。

 そして学生時代の友人は社会人になれば切ろうと思えば簡単に切ることができる。何度か誘いを断れば向こうから切ってくれるだろう。

 でも不思議と古い関係を断ち切ると新しい出会いがあったりするのである。そして新しく出会いでは、学生時代のようなウェットな付き合いはしなくて良いからかえって楽である。そんな生活ならば学生生活より楽しいだろう?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)Opinion | 人間関係