2018年09月

2018/09/30

モノを減らすのではなくて選ぶ

 僕はシンプリストである。僕のライフスタイルは必要なモノや好きなモノを選んで所有し、それ以外は極力持たないようというものであるである。

僕が目指すのはミニマリストの方が仰っている必要最小限しか持たない生活ではない。好きなモノのみに囲まれる生活である。

 僕はシンプリストであり、ミニマリストではない。だから、僕はミニマリストの考え方にはあまり賛同できない。あれはただの病気だとすら思っている。この記事をミニマリストの人が見たら、怒られてしまうかもしれないけれど、それが僕の率直な意見だ。

 例えば、まともな人がテーブルの代わりにダンボール、茶碗の代わりにタッパーを使いたいと思うだろうか?段ボールはモノを入れて運ぶ道具で用事が済めばゴミであり、タッパーは保存用、若しくは軽いことから携帯用に使うための容器であり、日常的に皿として使うモノではない。

 上記のまともな人が~に対する答えは否であろう。そんな生活をしている人に聞きたい。その生活は本当に自分で望んでしているの?と。

 勿論ミニマリストの方を全否定したいわけではない。過剰に着飾るためのモノやいつ使うかわからないモノ、いつ着るかわからない服、何となく買ったモノはすべて不要だという彼らの考え方には僕は同意する。でも何事もホドホドにするのが肝要だろう。

 必要なものに加えて、なくても生きていけるけれど、あると幸せを感じることが出来るものに囲まれて生活する。それが本当の質の高い生活なのではないだろうか?

適度な無駄が幸せのカギである


 僕は旅行を趣味としている。国内海外問わず僕は旅行が好きだ。一人で行くのも、気の合う友人や彼女と行く旅行もすべて好きである。

 でも旅行をしなくても生きている。旅行に行ったからといって誰かを幸せにするわけではない。僕は幸せだけれど。

 それに昨今は地方でしか売っていなかったモノや海外のモノをネットで簡単に買うことができる。

 旅行は、ある人にとっては人生においての完璧無駄である。でも僕には必要な無駄なのである。旅行に行くことで新たな価値観を見つけたり、ひとり旅ならば自分と向き合う良い機会を得ることができるたり、と色々なメリットがあるのである。

 要は、自分は何が好きで、何が必要なのかを明確に線引きできれば、部屋の中がモノで溢れたりはしないのである。別に病的にモノを捨てる必要はないのである。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/09/23

競争を避けないと結局価格競争になる

 先日ニッセイアセットマネジメントが運用する<購入・換金手数料料なし> シリーズ及び三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドの信託報酬を相次いで下げた。

 ニッセイと三菱UFJ国際投信の該当ファンドに積立投資している僕としては嬉しい限りである。なぜならリターンは不確定だけれど、コストに関しては確定的について回る問題だからだ。

 一方で、商品の内容で差別化できないと、又は競争を回避する戦略を取らないと最後は価格競争なんだな、とまざまざと見せつけられニュースだと痛感した。

 例えばニッセイの外国株式の信託報酬(税込約0.12%)のうち、委託会社であるニッセイの取り分は税込0.05%未満である。絶望的は低さだろう。普通の会社がそれをやったらすぐ潰れてしまうだろう。

 因みにニッセイにしてみれば0.05%はあくまで売上である。

 ところでニッセイのそれは、eMAXSIS Slimやその他のインデックスファンドと商品の中身はほぼ同じである。違いはコストだけなのである。

 僕の将来の目標はセミリタイヤしてフリーランス、自営業者として気が向いた時に仕事をする事である。

 その生活を実現するには一定水準以上の利益率が必要になる事だろう。つまり、価格競争とは程遠い所にいないといけないのである。

価格競争に晒されないビジネスには何が必要だろうか?

 何個か挙げてみると、商品の差別化、オリジナリティ、一定水準以上の参入障壁、明確なターゲット層などなどが必要かと思われる。

 高い利益率を確保するために、他者との違いを有していること、他の人が思いつかないような独創性があること、簡単には真似できないこと、どういう層に売り込むのか明確にしていること、これらは価格競争から遠ざかるための絶対条件である。

 上記の条件をすべて満たした商品、サービスを開発できれば長期的なスパンでお金が入ってくることだろう。

 別に万人ウケする必要はない。だけれどある種クセのある商品、サービスを生み出すのは中々大変だな。僕はそれを見つけたい。だってサラリーマンてつまらないんだもん。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス | 資産運用

2018/09/16

高い服を買うなら金融資産を買う

服に金なんてかけたくない

 僕は週末に着る服に、コート類を除いて1万円以上出さない。なぜなら1万円以上出さなくてもオシャレはできるからである。

 僕は服にそもそもそこまでの価値を見出していない。過剰に持てば場所も取られる。たとえ高いものでも一生使えるわけではない。服の値段が高いのと僕自身に似合うかは別の問題である。理由を挙げたらキリがない。

1着10000円のTシャツとか信じられない

 たまに10000円以上するTシャツを見かけるけれど、そんなもの買う人の気が知れない、と言うのが僕の考えだ。正直そんなものに喜んで金を出しているとしたら、その人は狂っているのではないかとすら思う。

 Tシャツの耐用年数はせいぜい数年だ。まぁ寝巻としてならずっと長く着られるかもしれないが。

 一方で、金融資産はどうか?それらは耐用年数などを特に気にする必要はない。勿論一過性のブームの中にある会社や投資商品はあるけれども。今はそういう会社の株の話ではない。

 僕が自己資金を投下している個別株やインデックスファンド、ETFはある程度の金額を保有していれば、それ自体が価値を生み出す。

 金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバート・キヨサキ氏の定義だと、資産とは自分の富を増やすもの、負債とは自分の富を減らすものである。

 余談だけれど、僕が昨年買った婚約指輪の代金の一部は資産運用から生まれた利益が原資となっている。僕の資産自体が富を生んだ結果だと言えるだろう。

 話が飛ぶけれど、1年に10000円以上を自動的に生み出すような自己資産があれば、上記のTシャツは不労所得で買えるのである。それを望めばだけれど。

 事実、現在僕は資産運用から生まれた不労所得のみで10000円のTシャツを毎月買うことができる。多分月によっては5,6枚は買えるだろう。

 もっとも、そういう状況になった今も、僕は10000円以上するTシャツに興味は持てない。価値を見出せないからね。

 それに残念ながらファッションを極めてもモテないのである。一部の異性にはウケてもね。

 考えても見て欲しい。異性のファッショントレンドとかわかります?僕なんかメンズファッショントレンドすらイマイチわからないのにレディースなんて絶対無理である。

 上記の理由によって僕は服にそんなに金をかける気にはなれない。服の代金が経費で落とせて、節税できるとかだったら考えても良いかな?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)資産運用 | ファッション

2018/09/09

あなたは自分に自信はありますか?

 先日以前からお付き合いさせていただいている彼女の誕生日だったので、お祝いをする為ちょっと小洒落たレストランで食事をしていた。そこで溜息を吐きたくなる場面に出くわしてしまった。

 店内に多分大学生か社会人1,2年目くらいの合コンのグループが入ってきて近くの席に座ったのである。そして何を勘違いしたかメンズ陣の一部が店員さんに横柄な態度を取っていた。

 多分彼等的にはそれがカッコいいと思っているんだろう。その時点であ〜あ、このメンズ陣はモテないだろうなと思ってしまった。一言言わせてもらうと…。それすげぇダサいよ!

自信がある男は他人を見下さない

 そもそも自分に自信がある男は誰かに横柄な態度を取らない。他者を見下して自分を大きく見せる必要性がないからだ。そもそも店員さんに横柄な態度を取る行動自体が自信のなさの裏返しである。

モテるには自分に自信を持つ必要がある

 男は女性にイケメンだから、金持ちだから、それとも両方だからモテるのだろうか?勿論両方あれば可能性は上がるだろう。でもその両方があっても、自信がなければモテない。

 ルックスも金も副次的な要素であって、モテの主要な要素ではないのである。あくまで主要な要素は自信である。

 ではその自信はどう表現すれば、女子にうまく伝わるだろうか?偉そうな態度だろうか?答えは否である。

 例えば、ある人が他者から軽度の理不尽な事される場面を想像してみてほしい。その人がポーカーフェイス又は笑顔でその理不尽な事をした相手を流したらどう思うだろうか?僕は器の大きな人だと思う。

 また、自分ではなく自分の大切な人に同じことをされた時のみ、冷静に怒るような人がいたらその人も器が大きな人だと僕は思う。

 要は些細なことでは目くじらを立てず、大切なことにのみ怒れる人がモテるのである。自分に自信があるから、そう振る舞えるのである。

 上述の店員に横柄な態度を取っていたメンズは自分のプライドのみの為に怒る人種だろう。実に器の小さい。自分がそういう人種でない事を切に願いたい。

 あなたは自分に自信はありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)恋愛 | 日常

2018/09/05

オススメ英語学習本

 僕は一応英語を話せるので、本記事では僕が使ってみて役に立った英語学習本を紹介したいと思う。



 単語を羅列しているだけのタイプの英単語帳ではなくて、ストーリ調になっている。(単語レベルは難しくない。)ビジネス会話のセンテンスが250個に分かれているので、僕は月曜日から金曜日まで寝る前に1日50個ずつ音読する方法で使っている。



 チャプターが9個に分かれており、僕は土日に2チャプターずつ音読する方法で使用している。単語や構文のレベルが平易なもので書かれているので、本当に喋ることに特化した書籍だろう。例文も面白くておススメです。

総合英語Evergreen
川崎 芳人
いいずな書店RT
2017-01-01


 桐原書店で出版されていた、Forestの後継本。著者は同じで内容は先代のForestと同じである。英文法を勉強するのにこれ一冊あれば他は要らないと思う。

 英語でコミュニケーションを取るのに難しい単語や言い回しを覚える必要はない。勿論ビジネスで使うんだったら専門用語は必要になるんだろうけれど、その専門用語の知識は英語力でなく、業務領域の知識や経験でカバーすることは十分可能だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 06:17|PermalinkComments(0)英語学習 | 読書