2018年04月

2018/04/29

勉強しかできないよりも勉強すらできない方がヤバイ

 かなり前から勉強ができても社会に出たら使えない、という議論がされてきた。僕はそれを誰にでも思いつく、取るに足らない議論の一つである、と思っている。だってその論理が正しいと証明するのは至難だし、そもそもその論理を言っている人で頭が良い人を僕は見たことがないのである。別に僕自身は特別勉強ができるわけでも、頭が良いわけでもないけれど。

変化の時代であるからこそ勉強するべき

 僕たちが物事を判断する際、何を頼りに判断するするだろうか?人によっては閃きだろうか?動物的勘だろうか?多分どちらも間違いではないけれど、なんかしっくりこない。 まぁ閃きや動物的勘に優れている人を、才能がある人と言うんだろうけれど。

 さて、思うに論理的な判断をしたり、複雑な事案を将来のルーティンに落とし込むための判断をしたりする為には、基本原理、基本原則の理解と過去の経験則に頼るのではないだろうか?

 僕は基本原理、基本原則の理解は勉強により身につき、過去の経験則は実践によって身につくものだと考えている。そして、効率的に仕事をこなしたり、賢く生きたりする上で両方とも備えておく必要があると僕は考えている。だって前者だけだと、ただの頭でっかち、後者だけだと自分の価値観を他人に押し付ける鬱陶しい人だろう?

 ところで、上述の閃きや動物的勘も基本原理、基本原則の理解や過去の経験則から生まれるものではないだろうか。なぜなら、そもそも人は前提となる知識がないと物事を正しく判断できないからである。未成年が制限行為能力者として、行動に一定の制限がある一方、法的に守られているのは、前提となる知識が成年者に比べて少ないと考えられているからである。今の時代必ずしも当たっているかは定かではないが。

 いずれにしても勉強さえもできなければ、基本原理、基本原則の理解もままならないわけで、有能な人材と見られることはないだろうし、なり得ないだろう。

勉強ができる=仕事ができる、ではないが、勉強ができないとその職にすら就けない

 上記は事実である。例えば弁護士や医者は誰でも理解できるだろう。しかし所謂肉体労働の職種である警察官や消防士になる為にも筆記試験に受かる必要があるのである。(勿論勉強ができるだけでは採用されないだろうけれど。) 因みに、女性から結婚相手として人気の職業と言われる事務系公務員(どこが良いのか教えてほしいけれど)も勉強すらできない人はなることが出来ない。多くの役所で一次試験として筆記試験があるからである。つまり勉強すらできないと職業選択の自由が明らかに狭まってしまうのである。その職に就けなかったら仕事ができる云々すらあり得ないのである。

 上記の議論を踏まえると、勉強ができる人=社会的に有意義な人材の論理は成り立つとは言えないけれど、勉強すらできない人=社会的に有意義でない人材の論理はある程度の確率で成り立つように考えられる。

 よって、「勉強ができても社会では使えない」という冒頭の議論に対して回答は、「それは勉強すらできない人のただのヤッカミなので、言われても何も気にする必要はない。」になり得るのではないだろうか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalinkライフスタイル | Opinion

2018/04/22

人生-無駄=有意義な人生

無駄を削れば価値あるものだけが残る

人生を有意義に過ごしたいならば、いかに自分にとっての無駄を削るかを考える事が大切である。僕達はやりたいことは誰かに言われなくても、放っておいてもやる。それこそ金も時間も惜しまずにね。金も時間も有限である。それらを惜しまず使う為には、無駄を削るしかない。

我々には制約がある

見も蓋もない話をすると、我々の人生においての大きな制約と言えば、金と時間である。金がないと、たとえやりたいことがあってもできない。そしてたとえ金があっても時間がないと、これまたやりたいことはできないのである。非常にシンプルである。

 僕はお金と時間に関して自分で言うのもなんだけれど、結構シビアな方である。プライベートにおいて、金と時間を使いたくないと思ったら一円たりとも出したくないと思うし、無駄だと思ったら一秒も浪費したくないと考えている。

 僕は千葉県の田舎の方の出身なんだけれど、あの田舎独特の村文化や変な地元意識が昔から大嫌いだった。正直反吐が出ると言っても言い過ぎではないと思っている。だから誘われても一度も同窓会に出席したことはないし、これからも出席するつもりもない。僕にとっては同窓会に参加する為の金も時間も無駄であり、一円も一秒も無駄に使いたくないのである。断わっておくが、僕は地元の人全員が嫌いなのではない。わざわざ大して仲が良かったわけでもない相手も含めて、大勢で再会する必要はないと思うだけである。会いたい人がいたら個別に連絡をとって会えば良いのである。

 また僕は職場の飲み会は一次会には参加しても、二次会は参加しないようにしている。理由は上記と同じで金と時間の無駄だと思っているからである。ちなみに一次会も参加したくないと考えているが、一次会まではある種の仕事で、参加しないと今後の仕事がやりにくくなるリスクを孕んでいるから必要経費だと割り切り、参加するようにしている。僕は飲み会に参加しない人に対して態度を変える人を、本当のプロフェッショナルではないと思っているけれど、案外そういう人は多いものである。日本の村文化は根が深い。

 僕は旅行を数少ない趣味の一つとしている。旅行には金がかかる。だから金食い虫の車やマイホームは出来れば今後も買いたくないと思っている。車がないと行けない場所もあるんだけれど、そもそも金がないと旅行自体ができないし、旅行に行けたとしても本当の意味で楽しめないのである。結婚して子供ができたら、車は割り切って買わないといけないとは思っているけれど、燃費が良いもので、絶対一台までしか買うつもりはない。

 僕たちは金と時間の制約を背負って生きている。その制約を軽くして有意義に過ごそうと思ったら、徹底的に無駄を省く必要があるのである。それこそ自分が許容できる範囲であれば、たとえ誰かに嫌われても。なぜなら僕達の人生は、自分自身の為にあるのだから。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalinkライフスタイル | 断捨離

2018/04/15

マイホームか賃貸派か

 良くテレビでマイホームは投資か?マイホーム派?賃貸派?どっちが得か?なんてものをやっている。と言ってもテレビはほとんど見ないのだが。僕の考えではマイホーム購入は投資の一つで、ある意味賭けだ、である。

 と言うのもマイホーム購入は色々なリスクを孕んでいると言わざるを得ないからである。勿論デメリットばっかりではないので、メリットもある。本記事ではそれらについて僕なりの意見を綴りたいと思う。

マイホーム購入のデメリット

 まず、マイホームは天災などが起きて住めなくなってしまうリスクがある。地震だけじゃなく、最近は台風などの被害も考えられる。最近多いですからね。全壊してくれれば保険でかなりカバーできるのかもしれないけれど、最近の家は頑丈ですからね。保険で全額カバーは恐らくないだろう。笑えない話で、保険ですべてカバーができるような天災があったら家の主の方がこの世にいない可能性すらあるだろう。

 続いて隣人、近所から生じるリスク。これは住み始めの環境は良かったとしても、後から引っ越してくる可能性もある。賃貸だからといってすぐに引っ越せるわけでもないが、マイホームなら半永久的にそれと付き合うことになる。この点は賃貸優位なのは明らかだろう。

 その他仕事の都合で転勤もあるだろう。家を売って儲かることはこの時代にはほぼ期待できないのが現実である。人口が減少しているのに家の需要が上がることはないでしょう?よっぽど立地が良いとかならば逆に儲かるかもしれないけれど。

マイホーム購入メリット

 一方で税制優遇のメリットもある。いつ家を建てたかによるが、現在の税法だと2014年4月から2021年12月までの期間に住宅を買った方で、その住宅の種類が一般住宅なら所得税額から最高40万円を税額控除される制度がある。住宅借入金等特別控除という制度である。ちなみにこれは最高10年間続く。また、所得税額が40万未満ならその額を全部控除され、控除しきれない分に関しては住民税から控除される。

 ちなみに返済期間が10年経つ、又残りの返済期間が10年を下回るとこの税制優遇はストップする。つまり10年間フルでこの優遇を受けたい方はお金を借りる最初の段階では最低20年以上の住宅ローンを組む必要がある。当然だが、返済期間が長くなればなるほど支払い利息も増えるのは忘れてはいけない。では最短の20年で返済するか…?ふ~む。20年で完済できる人がそれほど多くいるだろうか?

 他のメリットはと言えば、マイホーム購入によって家を自分が好きなように装飾できる事や戸建てならばマンションに住むほど音を気にしなくてよい事だろう。僕が婚約者を説得するのに一番大きな障壁になりそうな部分である。確かに大きなメリットであると思う。

 加えて人によっては、自分の城を建てたことで自尊心を満たせるのもメリットかもしれない。僕は同じ資産を持つならば、より流動性が高いものを好むので全く満たされないけれど。

マイホーム購入が投資だとすると

 ところでマイホーム購入が投資だと仮定すれば、それは投資ポートフォリオに入れる事を意味する。さて一般のサラリーマンが資産ポートフォリオにマイホームを入れたらどうなるだろう?間違いなく国内不動産が大半、それこそ70、80%になってしまうだろう。これは分散投資の観点からいったらナンセンスである。アセットアロケーションを見直す必要があるという結論になるだろう。

 以上からマイホーム購入を投資だと考えると、投資実行はあり得ないのである。僕は少なくとも所有しているという大して役にも立たない優越感より実利が欲しい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink税金 

2018/04/08

面倒な結婚式はやりたくない、だったら?

それをやることで本当に満足感を得られるのか

 僕たちは何かをやるにあたって満足感を得る。しかし中にはやっても満足感を得られないものがある。僕達はやっても満足できないようなことをやる必要はない。いや、寧ろやるべきではない。だってその時間を他のもっと有益なことに使えるかもしれないのだから。

 例えば結婚式から満足感を得られないんだったら、上記のやるべきでない事柄の一つになり得る。僕自身婚約中なので、まさに婚約者とそれについて話し合っている真只中である。僕は、所謂世間一般的な結婚式を執り行う事で得られる満足感は、果たして挙式費用や手間に対して妥当なものなのか非常に疑わしいと考えている。

 300万超ってどういう金額かわかっている?

 見積金額300万超、式場によっては350万超、自己負担120万以上って普通に考えてふざけた金額じゃないだろうか、と思ってしまうのである。確かに人件費もかかるし、会場代もあるのはわかるけれど、それにしたってボッタクリもいい所だろう。

誰をどこに座らせる?そんなの考えるの面倒!

 また、僕を含めて多くの人はサラリーマンだから会社の同僚、先輩、上司のうち、誰を呼ぶかを考えたり、呼んだ人の中から誰はどこに座ってもらおうなんて考えたりする手間もあるのである。正直死ぬほど面倒臭いし、そんなこと考えている時間はとても非生産的なものだと思う。そもそも論だけれど、僕は休日中に仕事で関わる人の顔なんてみたくもないのでおる。

でも挙式をやらないのは女性側がかわいそう。

 多くの男性が挙式について面倒であると考えいるだろう。僕はその気持ちが物凄い強い方だと自負している。だから世間一般で良く行われているホテルでの挙式、披露宴なんてものはやりたくないのである。とは言っても、まったくやらないのでは女性はかわいそうだろう。ウエディングドレスを一度着てみたいと思う女性は多いのではないだろうか?僕の婚約者もその一人の様である。その機会を男性側の意見で奪うのはあまりにもかわいそうである。

 海外挙式ならば解決できそう!

 そこで、予定しているのが海外挙式である。実際調べていてわかったんだけれど、残念ながら二人だけでやらないならば、ネットで言われているほど格安ではない。渡航費もあるので。因みに二人だけでやる場合は超格安である。家族を呼んで海外挙式をやるならば、日本国内で挙式するのより少し安い程度なんだけど、誰を呼んで、どこに座らせるかなんて考える必要はない、また家族だけなので過度な装飾もいらないし、気疲れも少ないことだろう。

 メリットはそれだけではない。挙式自体のオリジナリティーである。実際結婚式に何度も行ってわかったんだけれど、どこで挙式をしても内容、演出はほぼ同じである。一言で表すと非常に堅苦しい。それはまさに日々の業務の様である。式をやって、披露宴を行い、そこで司会者が二人の馴れ初め紹介したり、幼い時の写真を編集して流したり、上司や友人がスピーチしたり等毎度おなじみ、予定調和的な流れである。あとは新郎新婦の親が最後挨拶か。旧知の仲ならば感動もしたのだけれど、職場の同僚や何となく呼ばれて参加しただけの時に過去を紹介されてもね・・・・・。そんな堅苦しいことはせず、好きなようにできるのは海外挙式のメリットだと僕は思っている。

 さて、日取りも決まったし、式場も押さえたので後は衣装を何にして、オプションは何をつけて、何を削るか考えるくらいである。それくらいならそこまでストレスはない。グアムで挙式をやる予定なので金土日の三日間で挙式を行い、新婚旅行は別に行くつもりなので、そちらの計画に集中できるというものである。

※この記事を読まれた方の中には気分を害された方もいたかと思われます。お詫び申し上げます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink結婚 | 日常

2018/04/01

ベーシックインカムは案外悪くないかもしれない

ベーシックインカムは最適解なのかもしれない

 僕はこれまでベーシックインカムという考え方について非常に懐疑的だった。と言うのも考え自体が共産主義そのものではないかと思えたからだ。しかし、このベーシックインカムの制度を実行、運用するのと、現行の社会保障制度を継続させるのとでは、前者のベーシックインカムの方が容易かつ効率的なのではと考えられるのである。

 生活保護や年金支給より手間がかからない

 誰かが生活保護を役所に申請したら、役所の担当者はその人の収入状況や生活状況、家族構成などを個別に審査することになる。この審査は、審査基準、処理基準という大まかなガイドラインはあるのだろうが、細かい部分は担当者の恣意的な判断に委ねられら事になるだろう。だって人が人を審査する以上感情が入るでしょうからね。

 ところで、上記の審査を正確に行うのには非常に手間がかかる。そして正確な審査をしたところで残念ながらそれほど社会的にプラスには働かない。寧ろ他のことに人的資源を投下した方が経済的にはプラスになるだろうから、トータルで見たら社会的にはマイナスの可能性すらある。人件費を含めた諸費用は税金から出るのだから。

 また、年金に関してもベーシックインカムの方が効率の面では優れていると考えられる。FP試験で少しかじった程度だけれど、年金の計算は中々難しい。その年金の計算をする為の人的資源などを省く事が出来るのだとしたら、人件費を相当削ることが可能だろう。ベーシックインカムならば、一律の金額を給付するだけなんのだから。

ベーシックインカムは雇用の流動化にもつながる

 ところで、年金の計算をする、それ自体は何かを生み出すわけではない。同じ人件費をかけるならば、その分を営業社員に充てるなり、商品開発費に充てるなりした方が営利企業にしてみればプラスだろう。

  私企業の目標は利益を出す事であるが、大企業などにはもう一つ社会的に目標が課されている。雇用を創出し、社会に貢献することである。これにより、企業は簡単には従業員の首を切ることができない。なぜならリストラは雇用を喪失させ、効率化され社会的にむしろプラスになるかもしれないけれど、世間から感情的にバッシングされてしまうリスクがあるからである。 しかし、ベーシックインカムがあるならば、その枷も幾分軽くなることだろう。少なくとも感情的にバッシングされる可能性は下がるだろう。

 最もベーシックインカムは現行の社会保障制度より優れている可能性があるが、実現は難しいだろう。なぜなら現役世代にも給付することになり、政府が支出する「給付」金額が増えてしまうからだ。(まぁ生活保護担当や年金事務所の人件費圧縮につながることを考えるとトータルの支出額は減ると思うけれど。) ならば、自分自身でベーシックインカムを得られる仕組みを作るしかないだろう。そう、資産運用である。資産運用には種銭がいる。十分な種銭を得られるまでは汗水垂らして働くしかないだろう。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkOpinion