2018年01月

2018/01/28

没頭するものがあれば勝ち組

 いつもかもしれないけれど、本記事は特にダラダラと書いているので、ダルいと思ったら先に読むのをやめてほしい、と最初に申し上げておきます。

周りが見えなくなる程の没頭

 僕は恥ずかしながら、今まで生きてきた人生で一つの事に周りが見えなくなるほど没頭した経験がない。

何とも無味乾燥な学生時代

 学生時代の部活動もそこまで一生懸命やっていなかった。いや寧ろ嫌々やっていたような気がする。学業に対してもそこまで意欲があったわけではなく、要領よくやって、そこそこの成績を修めていたにすぎない。テストが終わればすぐ忘れるので何も残らない。

引き続き無味乾燥な社会人生活

 仕事ではどうか?今までの社会人生活を振り返ると、モチベーションは決して高いとは言えず、与えられた仕事を淡々とこなしているだけである。と言うか僕は会社員として大成したいとか微塵も思っていない。ある程度出世すれば収入は上がるけれど、それに応じて交際費などの出費が増えるのを余儀なくされるし(僕は会社の同僚と会社外で一緒に居たいと思わない)、中途半端な管理職にでもなってしまったら、収入は増えないのに責任が重くなるという文字通りの地獄が待っているからである。これらの理由からいつかはフリーランスの専門職(士業とかね)として働きたいとは密かに思っているけれど、本記事では置いておく。

20代から30代になったので良い機会かな?

 上記を踏まえて僕は今後の人生では何か没頭できるものを見つけたいと思っている。30代になって20代の時よりも少し余裕が出来たような気がするからだろうか。

 しかしながら、何か没頭できるものを見つけるのは、言うは簡単だけれど今まで経験したことがない人にとっては非常に難しいことだ。没頭する行為自体が、今まで効率性重視、コスパで物事を考えてきた人間にとっては真逆の行動様式だからである。悲しいけれど僕は○○ってコスパどうなの?とか無意識に考えてしまったりする人間なのである。

没頭する=好きの最上位

 そもそも没頭するというのが、僕はイマイチわかっていない。勿論僕は無趣味とまでは言わないけれど、熱を入れてやったことが未だかつてないのである。僕の想像だと、没頭するとは好きの中でも最上級なものである。難しいところである。

 僕は何か没頭できるような趣味があったりする人って見ていてとても幸せそうだと若い頃から思っていた。多分そういうのを持っているだけで人生においての勝ち組と言えるだろう。だから僕もそっち側の人間になりたいのである。

 皆様は何か没頭するものがありますか?あったら何に没頭していますか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkOpinion 

2018/01/21

有給休暇は取れるだけ取るべし

有給休暇、それはサラリーマンの最大のメリット 

 皆様は有休をきちんと取れているだろうか?休んでも給料が支払われるこの制度、サラリーマン最大のメリットである有給休暇は使わないと明らかに損である。

取っても良いからこの制度があるのを理解するべき

 有給休暇は労働者の権利であり、取っていいからこの制度があるのである。僕は社会人になった当初あまり有休を取っていなかった。しかしこれは大きな間違いだったと今更ながら後悔している。ヘロヘロになりながら働いても、ストレスでイライラしながら働いても大した成果は上げられない。僕はこのことにもっと早くから気づくべきだったのである。

有給休暇を取っても給料は変わらない

  上記は大きなメリットである。自営業やフリーランスとして働いていると働かなければまったく収入は増えない。しかしながらサラリーマンは有給休暇の範囲内で休暇を取れば、給料には全く影響が出ないのである。時折休んでもきちんと成果を出していればとやかく言われる筋合いもないし、成果を出し続ければ昇進に影響も出ないはずである。僕自身は出世したいとかそういう願望はないけれど(だって明らかに責任の重さに対しての給料が割にあってないしね。)

休みを取る人に無茶な量の仕事は振らない

  上司だって人間である。頼みやすい人に仕事を振っているのである。全く休みを取らない人だったらどうせこいつは会社に常にいるんだから、と上司は仕事を振ってくることだろう。これ振られた側は明らかな損である。だって給料はその仕事をやってない人と変わらないからである。正直、人より多くの仕事をやって、飲みに連れて行ってもらっても嬉しくはないでしょう?(僕だったら嬉しくない。)しかし休みを定期的に取れば、上司から無茶な量の仕事を自分に振らせない予防線になるのである。取った方が何かと得でしょう?

 上記の内容は僕の経験則に基づいて書いた。会社によっては企業風土が違い、僕が勤めている会社とはだいぶ雰囲気が違うかもしれない。ただ往々にして上記は当たっているのではなかろうか?皆様もサラリーマン最大のメリットである有給休暇を可能な限り使いましょう!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalinkビジネス 

2018/01/14

ノリが良いなんて思われない方が良い

ノリが良すぎるのはマイナス効果 

 ノリが良い、目立つのが好きな人なんて誰かに思われる必要なんてない、と僕は思っている。そんな風に思われたら、トータルで考えると決してプラスではないからである。

 もしあなたはノリが良いなんて思われたら、参加したくもない飲み会やイベント行事にまで誘われて自分の時間を確保できなくなる。会社の飲み会は、一次会は仕事だからしょうがないけど、二次会より後は正直面倒、時間外手当の出ないサービス残業と同義である。しかも生産性ゼロのサービス残業である。

 様々な行事に何でもかんでも参加していたらお金がいくらあっても足りない。それが将来の肥やしになるんだったら、先行投資だと割り切って参加する方が良いんだろうけれど、残念ながらその可能性は低いと言わざるを得ない。二次会以降は往々にして会社の愚痴や誰かの悪口で盛り上がるだけのひどく生産性が低いものである。皆様もよーく知っていることだろう。

 ところで、僕はたとえそれが難しくても、一人の時間を確保するよう努めたほうが良いと思っている。理由として良いアイディアはボーっとしている時とか、一人で何かに没頭している時とか何気ない時に閃いたりすると考えているからだ。常に誰かと一緒に行動していたら、その瞬間は訪れないだろう。

 いつか自分の時代は終わる

 加えてあなたがどんなにノリが良くて、目立ちたがり屋でも、いつかは集団の中での中心の座を明け渡さないといけなくなる。何故ならば若い人がドンドン入ってきて、将来は彼らにその座を望む望まないに関わらず明け渡す運命だからである。

 身近な例で言うと、芸能界を見ていたらわかるのではなかろうか?芸能界は活発な新陳代謝によって成り立っている業界だ。大御所として残っている人の大多数は、自分がステージの中心に居座り続けるのではなく、後から入ってきた有望な若手、中堅とうまく調和する道を選び生きながらえたと言ってよいと僕は思う。それが出来なかった人は煙たがられ、いつの間にかテレビから消えてしまっているでしょう?

 もしあなたが第一線に居続けたいと思うならば、過度にノリを良くし過ぎず、目立ち過ぎないことに気を配るのが肝要である。ノリが良すぎればお財布にはマイナスに働き、また良いアイディアを見つけることが難しくなる。また、目立ちたがりも大概にしないといつかは干されてしまう。ほどほどに存在感を出し、うまいこと立ち回ろう。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink人間関係 

2018/01/07

アンチ・ミニマリズム

 僕はシンプルに生きたいと常々思っている。しかし僕はある程度の断捨離はするけれど、ミニマリストではない。僕はいろんな意味で無駄遣いはしたくないと思っている。お金も時間も労力も。しかし同時に、そこまで度を越えて何かを捨てようとは思わない。なぜなら過剰な断捨離は本当の意味での幸福度を下げてしまうと思うからだ。本記事は行き過ぎたミニマリズムへ警鐘を鳴らしたいと思い書かせていただいた。

 タッパーは茶碗や味噌汁碗の代わりにはならない

 僕はご飯や味噌汁を食べる時、茶碗やお椀の代わりにタッパーで食べたいとは絶対に思わない。ご飯は茶碗に盛られていた方が絶対美味しいと感じる事だろう。お気に入りの茶碗なら尚のことである。お味噌汁も同じである。 料理は料理自体の質が大切だが、見た目も大切である。美味しい食事は人生の楽しみの一つだ。それを自分から放棄するなんてもってのほかである。

 確かにノマドワーカーの様に常に移動を繰り返しているならば、タッパーの方が軽量で使い勝手が良いだろう。だが大多数の人はノマドでない(おそらくTwitterや自分のブログなんかで、ミニマリズムを推奨している人の大多数はノマドではないだろう。)移動が日課になっている人以外が、タッパーを食器の代用に使うメリットってはたしてあるのだろうか?行き過ぎたミニマリズムは人生の幸福まで削るのではなかろうか。

 今の時代自宅で髪を切るなんてナンセンス

 散髪代をケチって、自宅で髪を切りたいとも僕は思わない。因みに僕は髪型にこだわる人間ではない。コスパを考えて外で切った方が良いと判断し、言っているのである。昨今の美容室の数はコンビニよりも多いと言われている。まさしく供給過多のレッドオーシャンであり、生き残りをかけてサービスをどこも向上させている。また価格帯は1000円からある。僕は1000円カットを使っていないが、高くない値段でそこそこのヘアスタイルを手に入れる事ができている。

 当然髪を切った後、自分で掃除する手間も外で散髪すれば不要である。 考えても見て欲しい。家族に散髪をお願いし、散髪後にその為だけに掃除をする。散髪と掃除で時間にして1時間程度はかかる。それも二人に対して1時間である。トータルで1時間×2人の2時間も浪費しているのである。ここで労働の対価を時給換算にしても考えてみよう。仮に二人が正社員の労働者だとすると、二人分の時給の合計は年齢や職種、住んでいる地域にも寄るだろうけれど、3000円位にはなる。これだけあれば外で髪を切れる筈である。しかもより短時間、少ない手間で。また、おそらく素人が切るよりもうまく髪を切ってくれることだろう。つまり総合的に考えれば、自宅で髪を切る選択肢なんてないのである。行き過ぎたミニマリズムを提唱されている方はその辺の事を考えているのだろうか?

自分の頭でよく考えて決めよう

 確かに余分なモノを持たない、変な見栄を張らないで生きる、シガラミの少ない人間関係を築くなど、ミニマリズムの考え方には賛同する部分も多い。実際僕もその点では強く賛同している。しかしながら、行き過ぎた断捨離は本当の意味での幸福度を下げる結果になると僕は考える。もし皆様が断捨離をするならば、誰かが言っている事を鵜呑みにするのではなく、自分の頭でよく考えてから判断してほしいと思う。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink断捨離 | ライフスタイル

2018/01/01

2018年の目標

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、新年になったという事で早速だけれど、今年の目標を挙げてみたいと思う。とは言っても去年の焼き回しだけれど。毎年達成率は低いけれど、目標は立てないとね。以下が僕の今年の目標である。

  1. 英語力を磨く
  2. 英語以外の外国語を学ぶ
  3. 小説以外の本を10冊以上読む
  4. 小説を5冊以上読む
  5. 諺や漢字などの学習
  6. ビジネスマナーを勉強しなおす
  7. オフィスソフトのスキル向上
  8. 今後のキャリアに役立ちそうな資格(主に法律関連)を取得する
  9. その他雑学を得るために常にアンテナを張る
  10. 効率的に仕事を進める方法を見つける
  11. より効率よく仕事を進めて残業時間を減らす
  12. 有給消化15日以上を目指す
  13. 休日出勤を昨年より少なくする
  14. 仕事上の簡単なミスを減らす
  15. 新しいキャリパスを見つける
  16. 月々の積立投資額を増やす
  17. ボーナスの40%以上は投資資金に充てられるようにする
  18. 資産運用のランニングコストを下げる
  19. ふるさと納税をする
  20. 株主総会に出席する
  21. 純資産額を殖やす
  22. iDeCoを始める
  23. 2018年のマネープラン・資産運用を早いうちに決める
  24. 投資、資産運用とはある程度距離をとって付き合う
  25. 個別株にも投資してみる(趣味の範囲以内で)
  26. 旅行積み立てを月5000円はする
  27. ポートフォリオのリスクをより正確に把握する
  28. Fund of the Year2018に投票する
  29. ブログを最低週に1回は更新する
  30. ブログの話題を増やす
  31. ブログアクセス数を倍増させる
  32. 彼女を大切にし、今よりももっと幸せにする
  33. 海外旅行に最低1回は行く
  34. 国内旅行に近場2回、遠くへ1回行く
  35. 海外挙式を行う
  36. 健康に気を遣う(手洗いうがいの徹底)
  37. 身体を絞る
  38. お酒の量を減らす
  39. 外食の回数を減らす
  40. 料理のレパートリーを増やす
  41. 週に最低1回は運動するようにする
  42. 映画を20本以上は観に行く
  43. ライブ、コンサートに最低1回は行く
  44. 新しい趣味を見つける
  45. ダーツを練習する
  46. ビリヤードを練習する
  47. 雰囲気の良いカフェを開拓する
  48. 新しいファッションスタイルにも挑戦してみる
  49. 手入れがより楽で自分に合うヘアスタイルをみつける
  50. コスパを意識して買い物し無駄遣いしない


多分達成率は例年同様低いだろうけれど頑張ろう(笑)

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink日常