2017年11月

2017/11/26

資産運用は難しくない

ビジネスマンにとって積立投資は最強

 

 iDeCoやNISAも認知度が上がったりして資産運用を検討されている方も今度増えてくると思われる。しかしながら、投資や資産運用は頭を使わなければならない。難しいものだと考えている方が多いことだろう。本記事で書く内容は大して難しい話ではないので安心して読んでいただきたい。

 僕達は頭を使うと、とてつもなくエネルギーを使うので疲れる。僕も仕事で頭を使ったりすると非常に疲れたりする。仕事で頭を使って、日常生活でも頭を使って、そんな疲れた状態で更に投資、資産運用でも頭を使いたいか?と言われると答えはNoである。だから僕は最も簡単な方法として知られる、積立投資によるドルコスト平均法で資産運用している。それが一番頭を使わなくて良い方法だからである。ドルコスト平均法とは、同じ投資商品を、毎月決まった額、決まった日に買い増していく資産運用の方法の事である(念のため)

 僕を含めた一般人の脳味噌のキャパシティーはそれほど多くない。仕事に、そして日常の隙間時間を勉強にと、頭を使うと脳味噌はすぐオーバーヒートしてしまうのである。パソコンだったら熱を出して突然電源が落ちるような感じになるだろう。そこで視点を変えるのである。つまりいかに頭を使わず、楽にやるかを考えるのである。

 上記の課題に対する解決策が、積立投資によるドルコスト平均法である。最近では積立投資をネット証券を使うことで、すべて全自動でできるのである。実際僕がネット証券の口座にログインする頻度はと言えば、週に1度あるかないかである。正直あまり投資していることを意識しないで生活しているというのが本音である。

 僕が投資を始めたのは大学生の頃だった。その頃は始めたばかりという事もあり面白くてしょうがなかった。しかしながら、いつの間にか熱は冷め、今となってはそこまで熱を入れてやっていない。もっと面白いことがあるのを知ってしまって興味が薄れてしまったのである。

 また投資をやっていて、自分がそこまで才能がないと気がついたのも熱が冷めた原因だろう。自分に投資の才能がないとわかった結果、いかに頭を使わないでやるかを模索するようになった。そして積立投資によるドルコスト平均法に行き着いたのである。

 今思うとそれは悪くなかったと思う。だって投資自体で疲れることもないし、空いた時間を他の事に時間が使えるからである。僕はもう若者と言われる年齢ではないけれど、これからも色々な事を経験したいと思っており、時間はいくらあっても多すぎることはないのである。

 もし自分がまったく利益を出さなくてよいFPとして働くならば(あり得ないけれど)、積立投資を薦めるだろう。考える事といったらアセットアロケーション(これだけ少し大変)、調べることと言ったら、どのインデックスファンドのコストが低いかだけで万人に薦められるからである。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink資産運用 

2017/11/19

モノに囲まれてても幸せにはなれない

モノに囲まれてても幸せにはなれない

 僕達の生活に過剰なモノはいらない。最近シンプルライフやミニマリズムなんて言葉がブームだけれど、僕個人としては、これは度が過ぎなければ正しい考え方だと思う。まぁそもそも僕はミニマリズムほどの断捨離はできなさそうだけれど。

 僕は20代半ばくらいまで、大学時代に経済学を学んでいたこともありモノは多ければ多いほど良い。我々はモノの多さによって幸せを感じることが出来ると思っていた。だから今持っている2~3倍くらいの服を20代半ばの頃は持っていた。今じゃ考えられない派手な服とかもあったな。後はマンガとかも結構持っていたかな。いらなくなっても処分していなかったから部屋はモノで溢れていたと振り返っている。

 でもちっとも幸せじゃなかったな。使っていないもので溢れているから部屋は狭いし、モノが多いから片づけても部屋の中がすぐ散らかるしね。それに服は結構持っているのに中々コーディネートが決まらないのもストレスだった。週2日しか自由な服装で出かけないんだから色々なコーディネートを楽しみたいと当時は思っていた。

 20代半ばのある日、偶然シンプルライフって言葉を知ってちょっと真似てみた。要らない服を売ったり、捨てたり、漫画本やもう読まなくなった本は古本屋に売り払って処分してみた。

 そうしたら部屋の中がすごくすっきりした。片づける手間も以前より大分減った。要らない服を処分したことで必然的にシンプルな服だけが残り、コーディネートもすぐ決まるようになった。(以来僕のコーディネートはシンプル&ベーシック。なんでオシャレな人からしたらつまらないかもしれないけれど。

僕は一度シンプルライフに目覚めてからは、モノが増え過ぎたと思ったら定期的に処分するようにしている。僕が持っている小さい本棚の中の本が一杯になってきたら持っている本の中から要らないものを選んで古本屋に売って処分し、着古してしまった服は思い切って捨てるか、売るかして処分している。

もし、皆様の中で部屋が狭いな、すぐ散らかるなと思ったらそれはモノが多すぎるせいかもしれませんよ?その服これからも着ますか?その漫画もうとっくに卒業しているんじゃないですか?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|Permalink断捨離 

2017/11/12

自分がイケてない事を受け入れよう

願望は口に出すのも大切だけれど、行動に移して初めて叶う

 「彼女欲しい。」が口癖になっている人をたまに見かける。そしてその後に続く言葉が「出会いがない。」である。気持ちはわからなくはない。でも同時に愚痴っていても何も変わらないのを僕は知っている。

 現代は出会いのツールで溢れている。街コンや合コン、SNS、加えて新しく生まれる様々なイベントもある。「出会いがない」って言葉は単に自分が動いていないから、機会を作ろうとしていないから、ただの言い訳である。同じような境遇の男とお互いの傷を舐めあっていても何も生まれない。 機会を作る努力が必要なのである。

 またこれもよく考えて欲しいのだけれど、今までモテなかった人がある日突然モテるようになるがわけないでしょう?ある日相手から言い寄ってくる、交際を申し込んでくるわけないでしょう?相手の方から求愛してくるなんてシチュエーションはドラマや漫画の世界だけである。自分はそこそこイケているっていう希望的観測を捨てることがはじめの一歩である。

 上記を踏まえると答えは見えてくるハズである。それは、第一に自分から行動することである。自分から出会いのある所に行く。機会を作るよう努める。僕も含めた9割の大してイケてない男は待っていても何も始まらない、悲しいけれどそれが現実である。

 続いてチャンスがあると見たら、勇気を出してそのチャンスに賭けること。過剰にリスクを取る必要はない。ただしリスクはリターンの対価であることは紛れもない事実である。何もリスクを取らなければリターンは得られない。そんな事僕が言わなくてもわかりきっている現実だろう?

 そしていざチャンスが到来し、リスクを考慮してリターンと釣り合っていると判断した時に躊躇なく行動に移すには、自分にある程度自信がある必要がある。その自信は自分を磨いていくことで身につくものである。この自分磨きの方法はどんな方法でも良い。身体を鍛えるでも良いし、教養を身に着けるでもなんでも良い。自分の特性に合わせて磨ければ自ずと自信がつくハズである。

 僕自身は大して外見が良いわけでも、大してお金を持っているわけでもない。ただ上記を理解して自己研鑽をして自信をつけ、積極的に行動するように努めたら、良い出会いにも恵まれることが出来た。そしてこのことを20代前半までに理解していたらなと30代になって振り返っている。

 上から目線でこの記事を書いてしまったことをお詫びいたします。ただクリスマスも近づいてきて皆様全員に幸せになって欲しいと思い、敢えて厳しい内容を書かせていただきました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)恋愛 

2017/11/05

20代にやってよかった事、やっておけばよかった事

 本記事では僕が20代にやってよかったこと、やっておけばよかったことをまとめてみたいと思う。完全に個人的な内容なので、興味がない方はスルーしてください。

20代でやってよかったこと

アメリカへ留学したこと

  僕は大学時代幸運にもアメリカへ留学する機会を得られた。それによって英語を完璧に話せるようにはなれなかったけど、今でも英語で簡単なプレゼンをしたり、自分の担当業務において折衝することができる。また外国人を相手にしても、気負う事も特にない。これは今後のキャリアにプラスに働くと思っている。両親にはアメリカへ留学させてもらったことをとても感謝している

勉強する習慣を身につけたこと

 僕は残念ながら一流の大学へは進学していない。いやできなかった。だからその反動からか、若手の時から勉強する習慣を身に着けることが出来た。この変化の激しい時代には誰かに教えてもらうのではなく、自分で学ぶことは不可欠だと思うので、良いことだと思っている。

FP資格を取得したこと

  生きていく上でお金の知識は不可欠である。若いうちにその取っ掛かりを得られたことは今後の人生においてプラスに働くと信じている。少なくとも胡散臭いFPや顔だけ可愛い生保レディーにわけのわからない保険商品を買わされたりはしないだろう。

投資、資産運用をやり始めたこと

  上記と重複するが今後の長い人生において資産運用は必要不可欠だと僕は思っている。20代で資産運用を始めたことで、それをやっていないひとよりも有利に生きられると信じている。iDeCoや積立NISAもあるしね。

恋愛

  僕は恋愛することによっても、人間として成長できたと思っている。僕は人並みには経験してきたと思っているので、少しは人間として成長できたんだろうか?今まで僕とお付き合いしてくれた方、今お付き合いしくれている方には感謝している。

20代にやっておけばよかったこと

英語以外の外国語を勉強すればよかった

  僕は英語以外の外国語を今まで一切勉強してこなかった。正直に言うと、僕程度の英語力を持っている人なんてごまんといる。僕程度の英語力ではそれ単体で大して強みにはならない、それが現実である。しかし幾つかの外国語を操れれば強みになったのではないか、と今更ながら思っている。

法律系の勉強をすればよかった

  僕は現在、法律系の資格を取ろうと努めている。理由はクリエイティビティーのない僕にとって、士業が唯一のフリーランスとしてのキャリアパスだと思っているからである。勿論、士業がクリエイティブとは程遠いと言っているわけではない。けれど、クライアントの話をよく聞いて、自分の知識やスキルを用いて提案する、問題を解決する事しか僕にはできないのである。0から新しいモノを生み出すのは僕にはできないのである。

転職すればよかった

  正直一つの会社しか経験しなかったのは、柔軟性を失う事にもつながり、大きなマイナスポイントだと僕は思っている。多様な価値観に触れる機会を喪失しているのだからね。

趣味を探せばよかった

  僕は以前も書いたけれど何かに没頭した経験がない。僕はまだそれに出会っていないだけだと信じて、今後の人生でそれを見つけたいと思っている。

もう少し早く遊んでおけばよかった

  僕は20代半ばから後半にかけて女遊びをしていた時期があった。多分20代前半に付き合っていた元カノとひどい別れ方をして、恋愛に対して自暴自棄になっていた事が原因かと思われる。今は既に女遊びには飽きてもうする気はないけれど、どうせ遊ぶならもっと早い時期にすればよかったと思っている。何も残らないって気づくのももう少し早かっただろうしね。皆様もやるならば若い時の方が良いと思いますよ?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)Opinion