2017年09月

2017/09/27

「不必要なモノに買わない」は保険も同じ

 僕は数年前に3級から初めて、2級ファイナンシャル・プランニング技能士を取得した。悲しいことに普段の仕事にあまり活かせていないけれど、少なくとも胡散臭いFPや顔だけは可愛い生保レディーに騙されないくらいの知識はあると自負している。

保険は大きなお買い物

 先日会社の同期が生命保険に入ったという話を聞いたので、FP資格保有者としての僕なりの見解を書いてみる。まぁFPを本業にしているわけではないけれど、どうかお付き合いください。さて話に出てくる彼はアラサーの独身である。詳しい契約内容は聞いていないが、話の内容から終身保険に入ったと思われる。随分大きな買い物を即決したものである。

保険は投資商品である

 本題に入る前に生命保険について僕の見解を書いておく。僕は生命保険を将来確実に起きること、つまり死に備える投資商品だと考えている。この「将来」が曲者である。確かに人は例外なく死ぬ。これは紛れもない事実だ。だがいつ死ぬかはわからない。ところでもし生命保険が投資ならば、儲けが出る場合はどんな時だろうか?簡単なことだ。保険金>総保険料になった時だ。では損の時は?その逆だ。言葉を変えると早死にすると得をし、長生きすると損をするのが保険である。実にシンプルな理屈だ。余談だが保険金が支払われる時には、自分はこの世にいない。したがって利益が出ようが損が出ようが、自分には関係ない事も付け加えておく。

その保険は本当に必要?

 さて本題に入る。上段で利益は自分とは関係ないと書いたが、遺された人には大切なことだ。誰かが死ねば葬儀代、お墓代と金がかかる。しかし本題の彼はどうか?独身のアラサー、死んだからって言葉は悪いが、悲しむ人はいたとしても困る人はいない。また現状だと高い確率で保険金受取人は親になるのだろうが、保険金を受け取って喜ぶ親はいない。万が一葬儀費用が心配ならば、その分を貯金しておけば良いだろう。そんなことを考えられるならば、今入る必要のない保険には入らないだろうが。

 ところで、余計な知識かもしれないが、その保険商品に税制優遇特約が付いているならば、現行の法律では所得税に対しては最高4万円、住民税に対しては最高2.8万円の所得控除が受けられる。なので多少税負担を減らすことが出来るだろう。どう考えても割に合わないと思うけど。一応書いておく。

保険はわかりにくいけれど普通の買い物と一緒

 言うまでもないけれど、僕達は不要なもの、明らかに割に合わないものにお金を払ってはいけない。みんな普通の買い物だとすぐそれがわかるのに、買うものが金融商品だと途端にわからなくなる人が多い。

 僕は生命保険に入ること自体を否定するつもりはない。タイミングと必要性をよく考えて決める必要があると言っているのである。それらについては、自分で考えるしかない。胡散臭いFPも生保レディも保険を売るのが仕事で、それらについては教えてくれないのである。

 最後に保険に入った彼について書くと、「もしもの時に備えて入った」と言って満足げな顔をしていた。僕は敢えて「もしもはいつ起きるの?」とは聞かなかったことを付け加えておく。

生命保険のカラクリ (文春新書)
岩瀬 大輔
文藝春秋
2009-10-17




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)保険 

2017/09/24

過剰な承認欲求は持たない

過度な承認欲求は捨てる

 過度な承認欲求はストレスを生む。僕はそう思う。僕たちは自分の人生を生きているのであって、誰かのために生きているのではないのである。

 職場であなたはどうだろうか?僕はと言えば、僕がまだ新人だった頃、今思うと結構無理をしていたと思う。僕は当時、周りからよく思われたいとか、こいつは有能だとか、頭が良いとか思われたいと考えていた。

 それにより、引かれるんじゃないか、嫌われるんじゃないかと過度に考え、素の自分を出すことをあまりしなかった。また、聞けばすぐ終わる様な事に関しても、過去の事例を調べる、インターネットや書籍などで調べる等して仕事をしていた。(まぁ自分で考えず、何でもかんでも聞く人はどうなのかとは思うけれども。)

 今思うと大分窮屈な過ごし方をしていたなと振り返っている。素を出して嫌われたりするんだったら、長期的に良好な関係を築くなんて最初から無理だし(そもそも会社の同僚とは仕事上の付き合いだけでも何も問題ないのだから、無理に好かれる必要はない)、何かを聞くにしてもよほどアホな事を聞いたり、同じことを何度も聞くようなことをしなければ大した問題じゃないのである。ましてや新人だったんだから。

 友人や恋人に対しても同様である。自分をよく見せようと過度に考えなくて良い。と言うのも無理をして付き合っても長くは続かないからである。友人や恋人は一緒にいて居心地が良いから成り立つ関係のハズある。違うだろうか?

 今回の記事では僕の文章力不足や人間性の深さの欠如のため具体的な解決策を提示することが出来なかった。ただ僕は「自分は変れても、人は変えられない」のならば、あんまり無理をせず肩の力を抜いて生きたほうが幸せだと言い切ることができる。

 



 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)人間関係 

2017/09/17

過剰な期待はしない

性善説より性悪説

 誰かに過度に期待したり、求めたりすると、自分の期待に応えてくれない時にすごく傷つく。しかしながら、傷つくのは期待しすぎた、又は求めすぎた自分が悪いのであって相手は何も悪くないのである。相手があなたを騙そうとしたとかは別としてね。

 たまに、○○が私を裏切ったとか被害者面して、怒っている人を見かける。そういう人は飲み屋だと更に酔って泣いてるかな?相手に悪意がないのならば、騙された方には過失ないのか?と僕は思ってしまう。相手からしたら「は?何勘違いしているの?」ってのが率直な感想だろう。

 ところで僕は性悪説の精神で生きたほうが、ストレスが溜らないと考えている。みんな自分が最優先で、他人は二の次に考えているくらいに認識しておいた方が、変な期待をせずに済む。ほとんどの人は、自分の利益より誰かの利益を優先するなんて事できないんじゃないだろうか?勿論僕もそうである。

 上記は恋愛に関しても重要な考え方である。職場とかで誰かにちょっと優しくされたくらいで、相手が自分に好意を寄せていると勝手に勘違いする人を見かける。とんだ勘違い野郎だ。相手はあなたに優しくすることで、今後の職場での人間関係を良好に保ちたいから、若しくは貸しを作っておきたいから、つまりは自分の利益の為にあなたに優しくしただけである。

 もし、人間関係でストレスを感じるのならば、この性悪説の考え方を採用されてはいかがだろうか?確かに文章にすると冷めきった考え方だと改めて思うけれど少なくともストレスはかなり軽減されるはずである。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)人間関係 

2017/09/16

朝型の方が断然お得

朝型か夜型なら断然朝型

 若い時は体力が有り余っているからあまり意識しないだろうけれど、僕は最近朝型生活を心がけるようになった。今誰かに朝型と夜型のどちらが得かと聞かれたら、断然朝型の方が得だと答えるだろう。

 夜更かしし過ぎると翌日以降の生産性が著しく落ちる。どうしても金曜の夜は仕事から解放された事から来る高揚感から夜遅くまで遊びがちである。これが12時前までにちゃんと家に帰ればそこまでだろうけれど、2時過ぎとかまで遊んでいると次の日ベッドから出るのは昼である。

 どういうわけか金曜の夜には解放感から、夜更かししがちだ。冷静に考えれば一週間働いて、すでに体力を消耗しており、ヘトヘトだ。早く休んだ方が翌日も活動的になれて合理的なはずなのに毎回誤った選択をしてしまう。

 夜更かしの後には非常にもったいない結果が待っている。せっかくの休みを半日寝て過ごすことになるのだから。朝早く起きれば平日行けないところに行けるだろう。仕事がある平日では十分に取る事が難しい勉強や趣味にも時間を充てられることだろう。朝早く起きるには早く寝るしかない。

 朝は誰にも邪魔されず自分の好きなことができる。勉強も朝のスッキリした頭の方がはかどる。仕事も周りがガヤガヤしていない状況の方が断然効率よく進めることが出来る。少なくとも変な事を聞かれたりして作業が中断されることはない。マイペースに公私両面において過ごすことができる。

 こんなこと書いても多分底なしの体力を持つ若い人には理解できないと思う。僕もそうだったからわかる。でも、もし皆様の中に最近自分の体力が衰えてきたなと感じる人がいたら、朝型生活に切り替えるいい機会である。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 16:14|PermalinkComments(0)ライフスタイル 

2017/09/13

投資、資産運用に役立つ書籍

 本記事では僕が過去に読んだ投資、資産運用関連の書籍で参考になったもの、役に立った物を上げたいと思う。

 

<投資信託> 


 

 正しい投資信託の選び方を学習することができる。初心者にもわかりやすい言葉で書かれているのも良い点だと思う。ただし紹介されている投信は発行当時の物なのであくまで選び方を学習するに留めること。余談だが、現在ではこの本が発行された当時とは比べ物にならないほどの低コスト投信が設定されている。

 

<積立投資> 




積立投資について本当にゼロベースの知識でわかるように書かれた良書だと思う。また投信の仕組みなども書かれており、非常に参考になる。僕は忙しいビジネスマンが投資をやるとしたら、積立投資は最適な方法だと個人的に思っている。これを読むと投資と言うのは怪しい物でもなんでもなくて、その逆の堅実なものだとわかると思う。

 

<iDeCo> 

確定拠出年金の教科書
山崎元
日本実業出版社
2016-07-22

 

 個人型確定拠出年金、通称iDeCoについて説明している書籍。一度読めばどういうメリットがあるのかなどの全体像がわかる。運用する投信の選び方については、積立投信と同じように選べば良いので他の書籍を既に読んでいるようであれば、特にそこの部分に関しては読む必要はないと個人的には思う。

 

<ポートフォリオマネジメント>


 

 ポートフォリオマネジメントの大切さを実例から学びたい方に特におススメの良書。アメリカ最大の年金基金、カルパースのポートフォリオを紹介する等、実例を見てポートフォリオマネジメントについて学習できる。コア・サテライト戦略についても書かれており非常に参考になる内容だと思う。上記の書籍を読んで投資や資産運用に興味を持った方は是非読んでい頂ければと思う。

 

<コーポレートファイナンス> 


 

 インデックスファンドを積立投資するだけならば、正直この書籍は不要だと思う。しかし、個別株に長期投資をする方等には非常に参考になると思う。実在する企業を題材に企業価値を計算してみるなど、非常にためになる内容だった。お時間がある方は読んでみてはいかがだろうか?

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)資産運用 | 読書