2019/09/23

わざわざオフィスに行く必要ある?

今の時代 、多くの仕事、特に事務方の業務は別にオフィスに行かなくても完結する。

チャットソフトを使えばタイムリーに連絡ができるし、クラウドを使えば瞬時に情報共有ができる。 現代は、ネットさえ繋がっていればどこにいても仕事ができる素晴らしい時代だ。

僕は人付き合いが嫌いなので、オフィスに行かなくて良いならば行きたくない。オフィスに行かなければくだらない飲み会も誘われないし、同僚から上司や会社の愚痴も聞かなくてすむ。これだけで相当ストレスが減るだろう。

だから家で仕事したり、知り合いがいない外国なんかを転々としながら仕事ができたらと妄想している。日本食が好きなので、外国に行きっぱなしではなく、3ヶ月ごとに日本と外国を交互に生活できたらなーと夢見ている。まぁ夢だけれど。

もし仮にモノづくりする会社ならば、商品の完成形は市場に流通させる前に目で見る必要があるだろう。だけれどその前の工程はどこに居ようができる。打ち合わせが必要ならば、テレビ電話で行えば良い。普段の連絡はチャットでやり、データは共有はクラウドで行えば良い。会議室でくだらない時間を過ごす必要性は皆無だ。

そもそもオフィスで働くことが本当に生産的なのだろうか?気がついたら仕事に関係ない無駄話をしている時間はないだろうか?みんな決まった時間に昼休みを取るので、昼時の飲食店は激混みだ。果たして昼ごはんを食べるのに時間をかけるのは生産的だろうか?答えは否だろう。

また、オフィスで仕事していると必然的に上司の顔色を伺う必要がある。しかし、顔を合わせて仕事をしていなければその必要はない。ご機嫌取りやゴマ擦りも必要がなくなるのである。これは生産性の向上に間違いなく繋がるだろう。

こんなこと僕が言わなくても皆んな気がついていることだろう。だけれど会社はオフィスに来ることを強いる。多分サボらないように監視したいのだろう。

だけれどそんな環境ではクリエイティブな仕事はできない。ただ目の前の決められた仕事を処理するだけだ。クリエイティブな仕事はリラックスしている時にできるのではないだろうか?

最後に、先日の台風の日の朝、駅前にサラリーマンの長蛇の列ができてたけど、あの日会社に行く必要が本当にあったんだろうか…。







スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 13:28│Comments(0)ビジネス | Opinion
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字