2019/03/31

Time is the most valuable thing ever!

社会人になってから感じることがある。ボーッとしていられる時間が沢山ある生活がどれだけ幸せだったのかと。

僕が言うボーッとしているとは、文字通りボーッとするだけのみならず、テレビをダラダラ見たり、ゲームをしたり、ひたすらネットサーフィンしている時間も含む。社会人になってからというもの、こういう時間が著しく減ったと言わざるを得ない。

僕は学生時代RPGゲームを良くやっていた。ポケモン、ドラクエ、FFなどプレイ時間100時間超えたゲームがいくつかある。しかし、社会人になって以来、僕はこれらのゲームをやるのをやめた。理由は簡単でまとまった時間がないからだ。

また、ネットサーフィンする時間も学生時代に比べて減ったような気がする。この理由も簡単でまとまった時間がないからだ。

僕は社会人になってからしばらくしてからは、なんとかサラリーマンを卒業したくて隙間時間に気力と集中力が続く限り、学びのために時間を使ってきた。英語や法律、ファイナンスを中心に勉強をしてきた。(今となってはこれらだけではサラリーマン卒業はできないと気づいたけれど。)

週末の夜は、勉強に飽きたら夜遊びもしていた。いや、小金を持ったので覚えたという方が正しいだろうか。世間では所謂社会人デビューと言われるのかもしれない。(今は結婚してメッキリやめて健康的な生活を送っているけれど。)。

今振り返ると、あの頃の僕は朝起きて会社に行って、夜まで働き、帰ってきてから隙間時間に勉強し、眠くなったら寝るだけの単調な生活を退屈に感じていた。

退屈な生活に飽き飽きした僕は、ただ刺激が欲しかった。バーなんかで女性に話しかけて仲良くなって、その後の展開をうまく持っていく。この遊びはRPGほど時間を取られない。時短で楽しめて、刺激的で、ゲームのような感覚だった。多分相手も同じだっただろうからWinWinだっただろう。

別に結婚した今は夜遊びしたいとは微塵も思わない。だけれどボーッとする所謂非生産的な時間がもっと欲しいと思う今日この頃である。

やっぱりそんな生活をするにはVoicyの人気パーソナリティのサウザー氏が言うように、自分のビジネスを持って、ビジネスモデルにお金を稼がせるしか道はないのだろう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)日常 | 戯言
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字