2019/01/27

貧乏は金持ちを検証してみた

 先日橘玲氏の書籍、「貧乏は金持ち」を読んだ。内容としては、法人を設立して自分の収入を法人と自己の給与に分けて、税金を徹底的に削れば、裕福になれるという内容だ。読みやすい文章だったのでスラスラ読み進めてしまった。




 良い本を読んだので早速アウトプットしようと思い、自分自身の現在の年収を法人と個人で折半してどうなるか検証してみた。

法人は経費を計上できる

 経費を使えるのは法人成立の最大のメリットだろう。家賃や光熱費、携帯代、パソコンなどの機器の一部、そして自分自身の給与は法人の経費とすることができる。可処分所得を増やすにはこれが肝となる。

サラリーマンは経費を計上できない

 サラリーマンには給与所得控除があるけれど、上記のすべては経費として認められない。これを考えるとどちらが経費としてより多く計上できるかは誰の目にも明らかだろう。まずは、僕個人がいくら税金を納めているか計算してみる。

 僕の昨年の年収は500万を少し上回ったくらいだった。ここで計算をわかりやすくする為丁度年収を500万とし、実際の社会保険料を代入して、税額を計算したいと思う。計算方法は以下である。
1. 500万÷4=125万(小数点が出たら切り捨て)
2. 125万×4=125万
3. 給与所得控除を控除する。僕の年収は500万だから給与所得控除額は154万である
500万-154万=346万(これが所得である)
4. 続いて各種所得控除を行う。僕は結婚しているが、奥さんも働いているので扶養親族はいない。基礎控除(所得税38万、住民税33万)と社会保険料控除(75万)だけである。
346万-38万-75万=233万(所得税に対する課税所得)
346万-33万-75万=238万(住民税に対する課税所得)
5. 僕の所得税率は10%だから所得税=23.3万だ
6. 住民税はもう少し多くて4に戻る。課税所得は238万
7. 238万に対して10%(市民税6%、県民税4%)をかける。(これが所得割)
県民税:238万×4%=9.52万
市民税:238万×6%=14.28万
8. 続いて均等割(県民税1500円、市民税3500円)を住民税の課税所得から控除する。
9. 調整控除を行う。僕の場合は2500円(県民税1000円、市民税1500円)であるので、住民税額から控除する
10. 以上から住民税の合計は以下である。
県民税:9.12万+0.15万-0.1万=9.42万
市民税:13.68万+0.35万-0.15万=14.13万
  住民税合計:23.55万である
 僕個人としての税金は46.85万だ。

半分を法人、残りを個人としたらどうなる?

 もしこの500万を僕名義の法人が受け取り、そのうちの半分を僕に給与として支給したとしたらどうなるだろうか考えてみたいと思う。

 法人の収入は500万になるわけだけれど、僕が個人で払っている家賃や電気費、インターネット、携帯代の半分を経費に計上できる。また、僕個人に法人として支払う給与も経費にできるのである。控除額はわかりやすく以下とする。
家賃:5万×12=60万
電気代:2500×12=3万
インターネット代:2500×12=3万
携帯代:2500×12=3万
僕に支払う給与:250万
法人の所得は181万である。マイクロ法人の実効税率は30%だから54.3万、均等割が7万だから61.3万が法人税額である。うん?高いな。

 ここで個人の税金を計算する。年収250万の人(国保、国民年金加入を前提)の税金は所得税約4.4万、住民税約9.4万である。合計13.8万である。

 法人と個人の合計は75.1万である

 あれ?法人を持っている方が、税額が高くなってしまったw しかし、給与収入の低下に合わせて社会保険料が激減していることだろう。ついでに、家賃や電気代、インターネット代、携帯代も既に半額法人が負担しているのもミソである。

 上記に加えて、ここで定年した親などの親族を1人雇って、非課税の範囲(103万円)で給与を支払ったらどうなるか検証してみよう。これだけで、法人税を30.9万円圧縮できる。もし2人雇えば所得割は0、均等割が7万になる。つまり支払う税金は個人部分と合算して20.8万である。

もし、この103万を取り戻したければ、贈与して貰えば良い。110万円まで贈与税は非課税だから無税で回収できる。

とは言え、年収500万程度ではあまり旨味はない事がわかった。しかしながら、サラリーマン+αの働き方を実行する際のヒントになった。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)読書 | 税金
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字