2018/10/14

体育会系重視って時代錯誤じゃない?

 僕は就職活動をしている時からこの多様化、変化の時代に体育会系をもてはやすなんて、時代遅れも甚だしいと思っていた。その考えは30を過ぎた今でも変わっていない。

体育会に所属していた人は体力がある。それは認めよう。おそらく連日の残業も彼らなら体力でカバーできることだろう。(僕はさっさと帰りたいけれど。)

また、体育会は縦社会だ。上下関係の中で生きてきた彼らなら、上司、先輩の指示には忠実に従う事だろう。きっと彼らは目上の人に言われた通り仕事をすることだろう。そう昨日までと同じように。

サラリーマンは本来、同じ仕事をやるんだったらいかに効率的に仕事をして、作業時間を短縮するかを評価されるハズだ。その方が残業代を支払わなくても良いし、より多くの仕事を振れるからね。なのに、多くの会社ではどうやら違うようである。とにかく従順に言われたことをやるのが評価されるらしい。たとえ非効率な方法で、時間がかかったとしても。

自衛隊や警察、消防など、やることが明確で、行う仕事も基本毎日同じという職業ならば、体育会出身の人は大活躍することだろう。体力があるし、上の人の言いつけ通り仕事をするのだろうから、管理職も指揮監督するのも容易だろう。断わっておくけれど僕らは彼らの仕事をディスっているのではない。思ったままに書いているだけだ。

勿論、自衛隊や警察、消防も日夜新しいことに遭遇することだろうけれど。行う事業は通常の事業会社より単純明快だろう。僕たちが安心して生活出来ているのは、彼らが毎日愚直に、一定水準を維持して仕事をしてくれているからだろう。

ところが、現在は多様化、変化の時代である。多くの事業会社は昨日と同じことをしていても生き残れないのである。これは事務系公務員とかにももしかしたら当てはまるのかもしれないけれど。

技術革新も目まぐるしく起こっている。今までなかった商品やサービスが現在どんどん生まれてくる。そしてこれは今後ずっと続くだろう。

そして同時に、今まであったサービスが無価値になることもこれからは頻繁に起こる事だろう。 

新しい商品やサービスは昨日と同じことをやっていても生まれない。もし企業の採用担当の方が見ていてくれたら是非考えていただきたい。これからの時代は、体力があって従順な人材だけでなく、より多様な考え、価値観を持った人材を確保する必要があるのではないだろうか。

 




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)ビジネス | Opinion
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字