2018/09/16

高い服を買うなら金融資産を買う

服に金なんてかけたくない

 僕は週末に着る服に、コート類を除いて1万円以上出さない。なぜなら1万円以上出さなくてもオシャレはできるからである。

 僕は服にそもそもそこまでの価値を見出していない。過剰に持てば場所も取られる。たとえ高いものでも一生使えるわけではない。服の値段が高いのと僕自身に似合うかは別の問題である。理由を挙げたらキリがない。

1着10000円のTシャツとか信じられない

 たまに10000円以上するTシャツを見かけるけれど、そんなもの買う人の気が知れない、と言うのが僕の考えだ。正直そんなものに喜んで金を出しているとしたら、その人は狂っているのではないかとすら思う。

 Tシャツの耐用年数はせいぜい数年だ。まぁ寝巻としてならずっと長く着られるかもしれないが。

 一方で、金融資産はどうか?それらは耐用年数などを特に気にする必要はない。勿論一過性のブームの中にある会社や投資商品はあるけれども。今はそういう会社の株の話ではない。

 僕が自己資金を投下している個別株やインデックスファンド、ETFはある程度の金額を保有していれば、それ自体が価値を生み出す。

 金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバート・キヨサキ氏の定義だと、資産とは自分の富を増やすもの、負債とは自分の富を減らすものである。

 余談だけれど、僕が昨年買った婚約指輪の代金の一部は資産運用から生まれた利益が原資となっている。僕の資産自体が富を生んだ結果だと言えるだろう。

 話が飛ぶけれど、1年に10000円以上を自動的に生み出すような自己資産があれば、上記のTシャツは不労所得で買えるのである。それを望めばだけれど。

 事実、現在僕は資産運用から生まれた不労所得のみで10000円のTシャツを毎月買うことができる。多分月によっては5,6枚は買えるだろう。

 もっとも、そういう状況になった今も、僕は10000円以上するTシャツに興味は持てない。価値を見出せないからね。

 それに残念ながらファッションを極めてもモテないのである。一部の異性にはウケてもね。

 考えても見て欲しい。異性のファッショントレンドとかわかります?僕なんかメンズファッショントレンドすらイマイチわからないのにレディースなんて絶対無理である。

 上記の理由によって僕は服にそんなに金をかける気にはなれない。服の代金が経費で落とせて、節税できるとかだったら考えても良いかな?




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)資産運用 | ファッション
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字