2018/09/23

競争を避けないと結局価格競争になる

 先日ニッセイアセットマネジメントが運用する<購入・換金手数料料なし> シリーズ及び三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドの信託報酬を相次いで下げた。

 ニッセイと三菱UFJ国際投信の該当ファンドに積立投資している僕としては嬉しい限りである。なぜならリターンは不確定だけれど、コストに関しては確定的について回る問題だからだ。

 一方で、商品の内容で差別化できないと、又は競争を回避する戦略を取らないと最後は価格競争なんだな、とまざまざと見せつけられニュースだと痛感した。

 例えばニッセイの外国株式の信託報酬(税込約0.12%)のうち、委託会社であるニッセイの取り分は税込0.05%未満である。絶望的は低さだろう。普通の会社がそれをやったらすぐ潰れてしまうだろう。

 因みにニッセイにしてみれば0.05%はあくまで売上である。

 ところでニッセイのそれは、eMAXSIS Slimやその他のインデックスファンドと商品の中身はほぼ同じである。違いはコストだけなのである。

 僕の将来の目標はセミリタイヤしてフリーランス、自営業者として気が向いた時に仕事をする事である。

 その生活を実現するには一定水準以上の利益率が必要になる事だろう。つまり、価格競争とは程遠い所にいないといけないのである。

価格競争に晒されないビジネスには何が必要だろうか?

 何個か挙げてみると、商品の差別化、オリジナリティ、一定水準以上の参入障壁、明確なターゲット層などなどが必要かと思われる。

 高い利益率を確保するために、他者との違いを有していること、他の人が思いつかないような独創性があること、簡単には真似できないこと、どういう層に売り込むのか明確にしていること、これらは価格競争から遠ざかるための絶対条件である。

 上記の条件をすべて満たした商品、サービスを開発できれば長期的なスパンでお金が入ってくることだろう。

 別に万人ウケする必要はない。だけれどある種クセのある商品、サービスを生み出すのは中々大変だな。僕はそれを見つけたい。だってサラリーマンてつまらないんだもん。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)ビジネス | 資産運用
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字