2017/10/22

小さいハート、大きいハートどっち?

 小さいハート、大きいハートどっち?

 あなたは大きいハートが欲しいの?それともすぐ消えちゃう小さいハートが沢山欲しいの?いつだったか、付き合っている彼女にそんな事を聞かれた。

 大きいハートとは所謂世間一般で言うちゃんとした恋愛、小さいハートとは短期的なもの、主にワンナイトの事である。念のため。

 もし上記を問われたら、20代半ば位までは多分小さいハートを沢山欲しいと心の中では回答していたと思う。僕自身誰か一人に決めたいと考えてなかったし、恋愛なんてのは、そもそも確率のゲームであり、暇潰しの一つくらいにしか当時は考えていなかったからだ。 しかし、今同じ問いかけをされたら、大きい方が欲しいと回答するだろう。

 本記事では大きいハートが欲しいと相手に思わせる方法を男目線で書きたいと思う。もし女性の方で本記事を読んでいる方がいらっしゃいましたら参考にして欲しい。

 そもそも、なぜ男は一人の相手に決めようと思うのだろう?僕は男が一人の相手に決める要因は大きく分けて四つあると思う。

四つのシンプルな理由 

 一つ目は胃袋を満たしてくれることである。女性はわからないだろうけれど、大多数の一人暮らしの男の食事なんてひどいものである。仕事が終わった後の晩飯は外食だったら大手牛丼チェーン店の牛丼かラーメンがメインで、家で食べるとしてもスーパーやコンビニなどの弁当か、良くても適当な惣菜を買って、後は白飯を炊くくらいのものである。そんな状況で家にたまに来て、ご飯を作ってくれたりしたら、もう男はその相手を手離したくないと思うのである。余談であるが、このご飯は凝った料理である必要はない。作ろうと思えば男でも作れるもので良いのである。

 二つ目は人間の三大欲求の一つ、性欲を満たしてくれることである。草食系男子と言う言葉が生まれて久しい世の中であるが、彼らにその欲がなくなったわけではない。ただその欲の比重が下がっただけである。健全な男は女性と食事などのデートをしていてそういう状況になったら、したいと思うものである。そして何度か事に及び、この欲が満たされている状況が継続されると、今度は失うのが怖くなってしまうものなのである。

 三つめは男の周りとも会って関係を良好にしておくことである。具体的に親は勿論、友人、職場関係などである。ただし会って関係を形成する順番は絶対に間違ってはいけない。必ず友人が最初である。いきなり親や職場関係だと男は重たい、逃げたいと思ってしまうからである。親と職場関係の順番は通常親が先になると思われるが、状況によっては前後してしまっても大きく結果は変わらないだろう。

 四つ目は男を尊重することである。これは男に尽くした方が良いと言うことではない。やりたい事をやらせてあげるという事だ。僕は給与はそれ程だけれど、そこそこ業績の安定した会社で働いている。しかし息が詰まりそうな閉鎖的な社風にウンザリしていて転職したいと思っている。その事を付き合っている彼女に伝えたら、私は○○で働いている僕が好きなんじゃないと言ってくれた。彼女の本心はわからないけれど、嘘でもそう言ってくれる女性と一緒にいたいと思うのが男の性である。

 勿論上記以外にも男が一人の相手に決める要因はある。ただ上記のすべてを満たしている状況において、(一部の物凄くモテている男はどうかわからないが)男がその相手を手放したいと思う事は稀である。少なくとも自分は上記のすべてを満たしている今交際中の彼女を手放したいと思わない。女性の皆様参考にしてみてください。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│恋愛 | 日常
スポンサードリンク