2017/11/12

自分がイケてない事を受け入れよう

願望は口に出すのも大切だけれど、行動に移して初めて叶う

 「彼女欲しい。」が口癖になっている人をたまに見かける。そしてその後に続く言葉が「出会いがない。」である。気持ちはわからなくはない。でも同時に愚痴っていても何も変わらないのを僕は知っている。

 現代は出会いのツールで溢れている。街コンや合コン、SNS、加えて新しく生まれる様々なイベントもある。「出会いがない」って言葉は単に自分が動いていないから、機会を作ろうとしていないから、ただの言い訳である。同じような境遇の男とお互いの傷を舐めあっていても何も生まれない。 機会を作る努力が必要なのである。

 またこれもよく考えて欲しいのだけれど、今までモテなかった人がある日突然モテるようになるがわけないでしょう?ある日相手から言い寄ってくる、交際を申し込んでくるわけないでしょう?相手の方から求愛してくるなんてシチュエーションはドラマや漫画の世界だけである。自分はそこそこイケているっていう希望的観測を捨てることがはじめの一歩である。

 上記を踏まえると答えは見えてくるハズである。それは、第一に自分から行動することである。自分から出会いのある所に行く。機会を作るよう努める。僕も含めた9割の大してイケてない男は待っていても何も始まらない、悲しいけれどそれが現実である。

 続いてチャンスがあると見たら、勇気を出してそのチャンスに賭けること。過剰にリスクを取る必要はない。ただしリスクはリターンの対価であることは紛れもない事実である。何もリスクを取らなければリターンは得られない。そんな事僕が言わなくてもわかりきっている現実だろう?

 そしていざチャンスが到来し、リスクを考慮してリターンと釣り合っていると判断した時に躊躇なく行動に移すには、自分にある程度自信がある必要がある。その自信は自分を磨いていくことで身につくものである。この自分磨きの方法はどんな方法でも良い。身体を鍛えるでも良いし、教養を身に着けるでもなんでも良い。自分の特性に合わせて磨ければ自ずと自信がつくハズである。

 僕自身は大して外見が良いわけでも、大してお金を持っているわけでもない。ただ上記を理解して自己研鑽をして自信をつけ、積極的に行動するように努めたら、良い出会いにも恵まれることが出来た。そしてこのことを20代前半までに理解していたらなと30代になって振り返っている。

 上から目線でこの記事を書いてしまったことをお詫びいたします。ただクリスマスも近づいてきて皆様全員に幸せになって欲しいと思い、敢えて厳しい内容を書かせていただきました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。





スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)恋愛 
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字