2017/11/19

モノに囲まれてても幸せにはなれない

モノに囲まれてても幸せにはなれない

 僕達の生活に過剰なモノはいらない。最近シンプルライフやミニマリズムなんて言葉がブームだけれど、僕個人としては、これは度が過ぎなければ正しい考え方だと思う。まぁそもそも僕はミニマリズムほどの断捨離はできなさそうだけれど。

 僕は20代半ばくらいまで、大学時代に経済学を学んでいたこともありモノは多ければ多いほど良い。我々はモノの多さによって幸せを感じることが出来ると思っていた。だから今持っている2~3倍くらいの服を20代半ばの頃は持っていた。今じゃ考えられない派手な服とかもあったな。後はマンガとかも結構持っていたかな。いらなくなっても処分していなかったから部屋はモノで溢れていたと振り返っている。

 でもちっとも幸せじゃなかったな。使っていないもので溢れているから部屋は狭いし、モノが多いから片づけても部屋の中がすぐ散らかるしね。それに服は結構持っているのに中々コーディネートが決まらないのもストレスだった。週2日しか自由な服装で出かけないんだから色々なコーディネートを楽しみたいと当時は思っていた。

 20代半ばのある日、偶然シンプルライフって言葉を知ってちょっと真似てみた。要らない服を売ったり、捨てたり、漫画本やもう読まなくなった本は古本屋に売り払って処分してみた。

 そうしたら部屋の中がすごくすっきりした。片づける手間も以前より大分減った。要らない服を処分したことで必然的にシンプルな服だけが残り、コーディネートもすぐ決まるようになった。(以来僕のコーディネートはシンプル&ベーシック。なんでオシャレな人からしたらつまらないかもしれないけれど。

僕は一度シンプルライフに目覚めてからは、モノが増え過ぎたと思ったら定期的に処分するようにしている。僕が持っている小さい本棚の中の本が一杯になってきたら持っている本の中から要らないものを選んで古本屋に売って処分し、着古してしまった服は思い切って捨てるか、売るかして処分している。

もし、皆様の中で部屋が狭いな、すぐ散らかるなと思ったらそれはモノが多すぎるせいかもしれませんよ?その服これからも着ますか?その漫画もうとっくに卒業しているんじゃないですか?




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│断捨離 
スポンサードリンク