2018/01/28

没頭するものがあれば勝ち組

 いつもかもしれないけれど、本記事は特にダラダラと書いているので、ダルいと思ったら先に読むのをやめてほしい、と最初に申し上げておきます。

周りが見えなくなる程の没頭

 僕は恥ずかしながら、今まで生きてきた人生で一つの事に周りが見えなくなるほど没頭した経験がない。

何とも無味乾燥な学生時代

 学生時代の部活動もそこまで一生懸命やっていなかった。いや寧ろ嫌々やっていたような気がする。学業に対してもそこまで意欲があったわけではなく、要領よくやって、そこそこの成績を修めていたにすぎない。テストが終わればすぐ忘れるので何も残らない。

引き続き無味乾燥な社会人生活

 仕事ではどうか?今までの社会人生活を振り返ると、モチベーションは決して高いとは言えず、与えられた仕事を淡々とこなしているだけである。と言うか僕は会社員として大成したいとか微塵も思っていない。ある程度出世すれば収入は上がるけれど、それに応じて交際費などの出費が増えるのを余儀なくされるし(僕は会社の同僚と会社外で一緒に居たいと思わない)、中途半端な管理職にでもなってしまったら、収入は増えないのに責任が重くなるという文字通りの地獄が待っているからである。これらの理由からいつかはフリーランスの専門職(士業とかね)として働きたいとは密かに思っているけれど、本記事では置いておく。

20代から30代になったので良い機会かな?

 上記を踏まえて僕は今後の人生では何か没頭できるものを見つけたいと思っている。30代になって20代の時よりも少し余裕が出来たような気がするからだろうか。

 しかしながら、何か没頭できるものを見つけるのは、言うは簡単だけれど今まで経験したことがない人にとっては非常に難しいことだ。没頭する行為自体が、今まで効率性重視、コスパで物事を考えてきた人間にとっては真逆の行動様式だからである。悲しいけれど僕は○○ってコスパどうなの?とか無意識に考えてしまったりする人間なのである。

没頭する=好きの最上位

 そもそも没頭するというのが、僕はイマイチわかっていない。勿論僕は無趣味とまでは言わないけれど、熱を入れてやったことが未だかつてないのである。僕の想像だと、没頭するとは好きの中でも最上級なものである。難しいところである。

 僕は何か没頭できるような趣味があったりする人って見ていてとても幸せそうだと若い頃から思っていた。多分そういうのを持っているだけで人生においての勝ち組と言えるだろう。だから僕もそっち側の人間になりたいのである。

 皆様は何か没頭するものがありますか?あったら何に没頭していますか?



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Opinion 
スポンサードリンク