2018/02/25

超シンプルな資産運用

 資産運用でもマニュアル化、ルーティン化

 僕は残念ながらそれほど頭が良い方ではない。ちょっと前まではそんなことはないと思っていたけれど、僕より頭が良い人や頭の回転が速い人っていうのはごまんといるのを悟ってしまった。一方でマニュアル化、あるいはルーティン化されたものを処理するのであれば、頭が良かろうが悪かろうがそれほど大きな差は出ないのを僕は知っている。これは仕事でよくある事だけれど、資産運用でも当てはまるのである。

 資産運用においてマニュアル化、ルーティン化する方法、道具とは、ずばり積立投資とインデックスファンドである。

 積立投資をするのにやることは、各アセットクラスにどの程度自分の資産を割り振るかを考えて、予め決めておいた資産配分になるよう買付設定を行い、後はほったらかしである。知能で勝負する部分があるとすれば、各アセットクラスにどのような割合で割り振るかを考えることくらいである。

 積立投資とは?

 ところで上記の積立投資とはなにか?積立投資とは、一定額・一定数の投資対象を 、定期的に(毎月、または毎週など)買い続ける投資法の事である。例えば毎月1日に○○投信を1万円買い付けよう、というのが積立投資である。この手法のメリットは買付タイミングを分散させ、所謂高値掴みを防ぐことが出来ることである。これにより同じ条件の下では誰がやっても同じような結果になるのである。

 もし結果に差が出るとしたら、それは投資するインデックスファンドの信託報酬などのコストの差である。同じ条件で長期的に資産運用するとしたら、後はコストをいかに削るかが大切なのである。

 インデックスファンドを選ぶポイント

 上記からわかるように、インデックスファンドを選ぶポイントは非常に簡単、シンプルである。それはコストが低いかだけである。確かに運用母体がしっかりしているかとか、自分が持っている証券会社の口座で購入可能かなど頭に浮かぶことだろう。しかし、そもそもインデックスファンドを運用している会社はどれも超大手企業である。それを考える必要があるならば、自分が勤めている会社が大丈夫かを心配するのが先だろう。また超低コストのインデックスファンドは、大手ネット証券のどこでも購入することが出来る。よってこれらの問題を考慮する必要はない、と僕は考えている。

 もし、誰がやっても同じように利益が期待できる(絶対儲かると言っているのではない)。そして手間もかからない。これらの条件が揃っているならばやらない理由はないように僕は思う。

 




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│資産運用 
スポンサードリンク