2018/04/08

面倒な結婚式はやりたくない、だったら?

それをやることで本当に満足感を得られるのか

 僕たちは何かをやるにあたって満足感を得る。しかし中にはやっても満足感を得られないものがある。僕達はやっても満足できないようなことをやる必要はない。いや、寧ろやるべきではない。だってその時間を他のもっと有益なことに使えるかもしれないのだから。

 例えば結婚式から満足感を得られないんだったら、上記のやるべきでない事柄の一つになり得る。僕自身婚約中なので、まさに婚約者とそれについて話し合っている真只中である。僕は、所謂世間一般的な結婚式を執り行う事で得られる満足感は、果たして挙式費用や手間に対して妥当なものなのか非常に疑わしいと考えている。

 300万超ってどういう金額かわかっている?

 見積金額300万超、式場によっては350万超、自己負担120万以上って普通に考えてふざけた金額じゃないだろうか、と思ってしまうのである。確かに人件費もかかるし、会場代もあるのはわかるけれど、それにしたってボッタクリもいい所だろう。

誰をどこに座らせる?そんなの考えるの面倒!

 また、僕を含めて多くの人はサラリーマンだから会社の同僚、先輩、上司のうち、誰を呼ぶかを考えたり、呼んだ人の中から誰はどこに座ってもらおうなんて考えたりする手間もあるのである。正直死ぬほど面倒臭いし、そんなこと考えている時間はとても非生産的なものだと思う。そもそも論だけれど、僕は休日中に仕事で関わる人の顔なんてみたくもないのでおる。

でも挙式をやらないのは女性側がかわいそう。

 多くの男性が挙式について面倒であると考えいるだろう。僕はその気持ちが物凄い強い方だと自負している。だから世間一般で良く行われているホテルでの挙式、披露宴なんてものはやりたくないのである。とは言っても、まったくやらないのでは女性はかわいそうだろう。ウエディングドレスを一度着てみたいと思う女性は多いのではないだろうか?僕の婚約者もその一人の様である。その機会を男性側の意見で奪うのはあまりにもかわいそうである。

 海外挙式ならば解決できそう!

 そこで、予定しているのが海外挙式である。実際調べていてわかったんだけれど、残念ながら二人だけでやらないならば、ネットで言われているほど格安ではない。渡航費もあるので。因みに二人だけでやる場合は超格安である。家族を呼んで海外挙式をやるならば、日本国内で挙式するのより少し安い程度なんだけど、誰を呼んで、どこに座らせるかなんて考える必要はない、また家族だけなので過度な装飾もいらないし、気疲れも少ないことだろう。

 メリットはそれだけではない。挙式自体のオリジナリティーである。実際結婚式に何度も行ってわかったんだけれど、どこで挙式をしても内容、演出はほぼ同じである。一言で表すと非常に堅苦しい。それはまさに日々の業務の様である。式をやって、披露宴を行い、そこで司会者が二人の馴れ初め紹介したり、幼い時の写真を編集して流したり、上司や友人がスピーチしたり等毎度おなじみ、予定調和的な流れである。あとは新郎新婦の親が最後挨拶か。旧知の仲ならば感動もしたのだけれど、職場の同僚や何となく呼ばれて参加しただけの時に過去を紹介されてもね・・・・・。そんな堅苦しいことはせず、好きなようにできるのは海外挙式のメリットだと僕は思っている。

 さて、日取りも決まったし、式場も押さえたので後は衣装を何にして、オプションは何をつけて、何を削るか考えるくらいである。それくらいならそこまでストレスはない。グアムで挙式をやる予定なので金土日の三日間で挙式を行い、新婚旅行は別に行くつもりなので、そちらの計画に集中できるというものである。

※この記事を読まれた方の中には気分を害された方もいたかと思われます。お詫び申し上げます。




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│結婚 | 日常
スポンサードリンク