2018/04/22

人生-無駄=有意義な人生

無駄を削れば価値あるものだけが残る

人生を有意義に過ごしたいならば、いかに自分にとっての無駄を削るかを考える事が大切である。僕達はやりたいことは誰かに言われなくても、放っておいてもやる。それこそ金も時間も惜しまずにね。金も時間も有限である。それらを惜しまず使う為には、無駄を削るしかない。

我々には制約がある

見も蓋もない話をすると、我々の人生においての大きな制約と言えば、金と時間である。金がないと、たとえやりたいことがあってもできない。そしてたとえ金があっても時間がないと、これまたやりたいことはできないのである。非常にシンプルである。

 僕はお金と時間に関して自分で言うのもなんだけれど、結構シビアな方である。プライベートにおいて、金と時間を使いたくないと思ったら一円たりとも出したくないと思うし、無駄だと思ったら一秒も浪費したくないと考えている。

 僕は千葉県の田舎の方の出身なんだけれど、あの田舎独特の村文化や変な地元意識が昔から大嫌いだった。正直反吐が出ると言っても言い過ぎではないと思っている。だから誘われても一度も同窓会に出席したことはないし、これからも出席するつもりもない。僕にとっては同窓会に参加する為の金も時間も無駄であり、一円も一秒も無駄に使いたくないのである。断わっておくが、僕は地元の人全員が嫌いなのではない。わざわざ大して仲が良かったわけでもない相手も含めて、大勢で再会する必要はないと思うだけである。会いたい人がいたら個別に連絡をとって会えば良いのである。

 また僕は職場の飲み会は一次会には参加しても、二次会は参加しないようにしている。理由は上記と同じで金と時間の無駄だと思っているからである。ちなみに一次会も参加したくないと考えているが、一次会まではある種の仕事で、参加しないと今後の仕事がやりにくくなるリスクを孕んでいるから必要経費だと割り切り、参加するようにしている。僕は飲み会に参加しない人に対して態度を変える人を、本当のプロフェッショナルではないと思っているけれど、案外そういう人は多いものである。日本の村文化は根が深い。

 僕は旅行を数少ない趣味の一つとしている。旅行には金がかかる。だから金食い虫の車やマイホームは出来れば今後も買いたくないと思っている。車がないと行けない場所もあるんだけれど、そもそも金がないと旅行自体ができないし、旅行に行けたとしても本当の意味で楽しめないのである。結婚して子供ができたら、車は割り切って買わないといけないとは思っているけれど、燃費が良いもので、絶対一台までしか買うつもりはない。

 僕たちは金と時間の制約を背負って生きている。その制約を軽くして有意義に過ごそうと思ったら、徹底的に無駄を省く必要があるのである。それこそ自分が許容できる範囲であれば、たとえ誰かに嫌われても。なぜなら僕達の人生は、自分自身の為にあるのだから。




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│ライフスタイル | 断捨離
スポンサードリンク