2018/07/01

年収が上がっても生活水準を一定に保つ

 僕の将来の夢は、アーリーリタイアして世界中を旅行することである。その為には金がいる。そしてとても大事な事だけれど、アーリーリタイア後も継続して収入源を確保する必要がある。貯金を取り崩しながら生活するのは精神衛生上良くないからである。

 僕が考える将来に収入源を確保する方法は、資産運用である。資産運用には種銭がいる。 種銭を確保するには月々の収支を必ずプラスにする必要があるのであるが、案外これが難しい。ついつい使いすぎたりしてしまうしね。自分への投資だとか言い訳を作って。

 さて、ここで月々の余った分を投資資金の種銭に充てるという考えは絶対に持ってはいけないと断言できる。何故ならそれは強い苦痛を伴うからだ。貯金と同じでこれは難しいのである。我慢が目に見えてしまうから。

 僕が考える月々の収支を常にプラスに保つ方法は、月々にいくら資産運用に充当するか予め決めてしまうである。最初から家賃などと同様に、生活費の固定費用としてカウントしてしまうのである。仮にそれ以外に余った金を全て使ってしまったとしても、収支は常にプラスになるという寸法である。

 加えて、定期昇給などの収入の増加に併せて、資産運用に充当する金額も徐々に増やすのが理想形である。徐々に種銭を増やすことでアーリーリタイアまで要する期間を短縮させる事ができるのである。

 また、上記を実践する事で、生活水準を一定に保つことができる。僕達はたとえ収入が上がっても、それに合わせて生活様式を変える必要はないのである。

 ところで、生活水準を一定に保つ事には、たとえ収入が下がったとしても精神的苦痛を軽減する事ができるという、副次的な効果があるのである。 年収500万の人、Aさんが年収300万の人と同じ生活をしていたとする。ある日突然、Aさんの年収が本当に300万まで下がってしまったとしてもいきなり生活が破綻することはないだろう。勿論実際にそれが起こったら悲しいだろうけれども。

 僕はアーリーリタイアするまでの過程でも、精神的苦痛を軽減し、幸福度の高い生活を送りたいと思っている。将来の為、という漠然とした目標の為だけに、高い収入だからという理由だけで仕事を続けるのは不幸である。(僕は高給取りではないけれど。)

 ところで、上記Aさんが今やっている仕事が嫌で嫌でしょうがなかったとしよう。Aさんは収入の割にかなり質素な生活をしているので、仕事を選択する際に、多少年収が下がることがわかっていたとしても躊躇なく決断できるだろう。だって生活水準は変わらないからである。

 もし僕達が転職を考えたり、フリーランスになりたいと考えたりした時、転職や独立の前後で、生活水準が一定に保つことができるのであれば、少ない苦痛で決断する事ができるだろう。上記のAさんのように生活水準をある程度セーブしているのであればそれは可能かもしれない。まぁ僕は旅行くらいしか趣味がないので普段の生活はかなり質素なほうなんだけれどね。この考えはアーリーリタイヤにもつながる考えだと思う。

 話がそれてしまったが、アーリーリタイヤ後には収入源が必要だから資産運用しておく必要がある。アーリーリタイヤ後は派手な生活はしないことになるだろうから(そもそも散財している人がアーリーリタイヤできるとは到底思えないけれど)、生活水準も馬鹿みたいに上げるのは避けた方が良いだろうってことで締めておく。

 





スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)ライフスタイル | 日常
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字