2018/05/13

お金にも働いてもらう

我々が置かれる将来はあまり明るくない

 周知の事実かもしれないが、日本に住んでいる僕たちが、これからの時代お金持ちになるには、それほど多くの方法はない。実際資産運用などで自分の資産自体に働いてもらって、資産自体に自己成長してもらうくらいしかないのである。だってこれから徐々に税率は上がっていくだろうし、ひとまず落ち着いたみたいだけれどけれど、社会保険料も再び上がる可能性が高いだろう。

税金高いとは言うけれど実は高いのは税金ではない

 そもそも論だけれど、一般の人にとっての税率はそれほど高くはない。所得税もその人の扶養親族の数とか、入っている保険だとかで一概には言えないけれど、世間で言われている平均的な給料収入の人だと概ね所得に対して5~10%の税率、住民税も一律10%である。これらの税率は社会保険料控除や基礎控除、所得控除後のパーセンテージだから収入全体で見たら実はもっと低いのである。

 一方で社会保険料は高いと言わざるを得ない。なんたって額面上の金額からそのままぶっこ抜かれるのである。それに加えて、実は交通費も社会保険料を計算するための所得額に加算されているのである。(これ個人的にかなりふざけていると思う。)正直所得税や住民税なんかよりよっぽど質が悪いのである。因みに税金の方では公共交通機関を使って通勤している人は月に10万まで非課税である。

資産運用の利益には社会保険料はかからない

 ところで、僕達サラリーマンがやる資産運用からの儲けには当然税金は課されるけれど、社会保険料には全く影響を与えないのである。であるから安心して儲けられるのである。もっとも継続して儲け続けるのはすごく難しんだけれどね。現行法だと所得税、住民税合わせて20.315%の分離課税である。

 僕が考える資産運用の方法は、世間ではビットコインをはじめとした暗号通貨がブームのようであるが、iDeCoと積立NISAを使ってインデックスファンドをひたすら積立投資する方法である。一番手間がかからないし、長期的に継続可能だと考えられるからである。

 僕は今後資産運用などの利益に対する税率が上がらないことを切に願いたいと思う。だってそこでも増税されたら、多くの人が財を築くことが不可能になってしまうだろう。僕はさっさとつまらない仕事なんてやめてアーリーリタイヤしたいのである。




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│税金 | 資産運用
スポンサードリンク