2018/07/22

時間とお金に余裕がある人の資産運用

    本記事ではある程度、時間とお金に余裕がある方にオススメの資産運用の方法を書きたいと思う。僕自身は両方実践できていないので、自分がもし時間と金の両方を手に入れたら実践したい方法と言い換えられるだろう。

 僕が薦める資産運用の方法はコア・サテライト戦略である。コア・サテライト戦略は、元々海外の年金基金や大学基金など、所謂機関投資家が採用している資産運用の方法だけれど、個人がこの方法をやっても問題はないし、昨今ではそれができるのである。

 さて、コアとサテライトの定義は文字の通りの意味である。コアとは日本語で核と訳され、資産運用において中心、主力となる部分である。サテライトは日本語で衛星と訳される。要は主物に対しての従物である。資産運用においてはオマケと考えていただいて差し支えない。

 言葉の定義はこれくらいにして、下記で僕が考える資産運用でのコアの運用方法、サテライトの運用方法を説明していきたいと思う。

 僕は時間的制約のあるサラリーマンが資産運用を行う際、コアの部分を主要インデックスに連動するインデックスファンドへの投資によって運用する事が最適解になると思っている。

 そして、余裕があれば、インデックスファンドからETFのリレー投資ができれば更に良いと思っている。最も昨今ではインデックスファンドのランニングコストは低下傾向にあるので、今後は不要になると見込んでいるが。

 まとめると、コアの部分については、主要インデックスに連動するファンドに投資する事で、色々な銘柄に広く浅く投資する、所謂絨毯爆撃のような方法で行えば良いと僕は考えている。理由はそれが最も手間がかからないからだ。

 そして、僕は金と時間に余裕があれば、サテライトの部分で、コアよりも高いリスクを取り、より高いリターンを目指せば良いと考えている。 サテライトの部分は、個別株(人によっては仕手株、ボロ株も含まれるだろう)、IPO、投資型クラウドファンディング、最近流行りの仮想通貨など、よりリスクが高いが、より高いリターンを狙えるものに短期的に投資を行い、運用する‪のはどうだろうか?

 上記の投資対象はうまくいけば投資元本の何倍もの利益を生む可能性がある。インデックスファンドへの投資ではそれは難しいだろう。そしてこれらは比較的少額で実践できるのも強みである。(実物不動産投資をサテライトに含めなかったのは少額でできないから。)

 ただし、サテライト部分に関しては、ハイリスク・ハイリターンの投資なので、損切りのルールをより厳格化すること、あくまでもサテライトなので投資額を少額に抑え、たとえ0になっても大きな影響が出ない資金から工面すること等、慎重に運用する方が望ましいだろう。

 書いていて気がついただろうけれど、サテライトの部分はコアに比べてリスクが高い。また、投資対象を個別に調べる必要がある。よって資金面だけではなく、時間的に余裕がある場合にオススメする方法である。無理ならばやる必要はないのではないだろうか?残念ながら、今の僕にはサテライトまでやっている余裕はなさそうである。




 


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)資産運用 
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字