2018/07/29

ホット&コールドリーディングを駆使したコミュニケーション

ホットリーディングとは研究によるコミュニケーション
 皆様はホットリーディングという言葉をご存知だろうか?恐らくコールドリーディングという言葉をご存知の方は結構いると思うけれど、ホットリーディングを知っている方は少数ではないだろうか?

 かくいう僕も最近まで知らなかった。とは言っても無意識にはやっていたけれど。ホットリーディングとは、相談者の情報を予め入手し、それを利用することで、信頼関係を築く方法のことである。ホットリーディングはビジネスの現場でも非常に有用な方法である。
 
 昨今はSNSを使って、相手の情報を事前に仕入れることができる。その人の趣味やハマっていること等のプライベート、仕事観、人間関係などそれこそ色々と。
 
 SNS等を利用してその人のことを良く知ることができればビジネスチャンスも拡がることだろう。僕達は技術革新が進むと勘違いしがちだけれど、どんなにテクノロジーが発展してもビジネスは人と人がやるものだからね。
 
 ホットリーディングにコールドリーディングを組み合わせれば、更に円滑なコミュニケーションができる。円滑なコミュニケーションは人間関係の構築にも役立つのである。

コールドリーディングとは経験則によるコミュニケーション

 コールドリーディングとは、誰にでも当てはまる問いかけなどを行い、予めこちらが用意しておいたルーティンにうまく誘導し、信頼関係を築く手法である。

このコミュニケーション方法は経験則からくる部分が多いと思う。なぜなら自分が考えたルーティンに相手に悟らせずに持っていく必要があるのと、そもそもそのルーティン自体が経験則からできあがるものだからである。また、ある程度の話術も必要になるのはいうまでもないだろう。

 僕たちはビジネス現場において、予め相手について仕入れた情報を元にコミュニケーションを取り、所謂ホットリーディングを駆使し、信頼関係を築き、そして、コールドリーディングを駆使して場を盛り上げ、更に信頼関係を強固にする事ができる。人は肯定する事を続けると相手を無意識に信用しようしてしまうのである。

 実はホットリーディング、コールドリーディングは恋愛にも応用可能である。藤沢数希氏が提唱しているメソッドに、イエスセットと言うコールドリーディング理論を応用した戦略があったと記憶している。

 イエスセットとは相手にイエスと思わせる質問を継続的に投げかけて、自分が持っているルーティンに持ち込み、場を盛り上げ、信頼関係築くコールドリーディングの応用例である。僕も若かりし頃に実践してみたんだけれど、かなり強烈な破壊力を秘めていたことを覚えている。

 上記のイエスセットに加えて、意中の相手の情報をFacebookなどのSNSを使い、事前に情報を仕入れたらどうなるだろう?意中の相手は、この人は私のことを本当に理解してくれる素晴らしい人だと思わせることができるのではないだろうか?

 僕は今の彼女と付き合う前は、ホットリーディング、コールドリーディングの両方を組み合わせた戦略を使って、週末の夜の街に繰り出していた。漫画や小説ほどではなかったけれど、学生時代大してモテなかったにも関わらず、そこそこの成果を上げていた。今はやらないけれどね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)ビジネス | 恋愛
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字