2018/08/26

仕事以外の生きがい、やりがいを見つけたら幸せ

サラリーマンの仕事に生きがいを見つけるなんて無理

 

そもそも論として、サラリーマンの仕事の多くにやりがいなんてない。少なくとも僕には感じられない。理由は自分がやらなくても他に幾らでもやる人がいるから、自分以外でもその仕事はできてしまうからである。これは一部の例外を除いてほとんど全ての人に当てはまるだろう。

悲しいけれど、サラリーマンの仕事なんてそんなものである。そして、サラリーマンとして身につけたスキル、経験の多くは他所に持って行くと全く使い物にならないのである。当然である。なぜなら我々サラリーマンがやる業務は、会社が持っているビジネスモデル、ビジネスフローのほんの一部だからである。

 また、サラリーマンは出世すればするほど部下の管理、監督や、社内やもっと階級が上の上司との調整により多くの時間を費やす事になる。僕はそれが絶対つまらないとハッキリと言い切れる。

だったら仕事以外で生きがいを見つけたらどうか?

 僕は旅行を趣味の1つとしている。旅行は非日常が味わえるから好きだ。今まで見た事がないものを見たり、食べたことがないものを食べたりと新しい発見の連続である。別に高級なホテルや宿に泊まる必要はない、ただ心身ともにリフレッシュできれば良いのである。そしてそれがクリエイティビティに繋がると思っている。

 また、僕は今年結婚する予定なんだけれど、家族との時間を大切にしたいと思っている。広い庭のある戸建てやタワマンに住んだり、高級車を乗ったりなどの贅沢をする必要はないし、全く興味もない。

 僕は奥さんとたわいない事でふざけあったり、一緒に出掛けたり、旅行したり、美味しいものを食べに行ったりできればそれで良い。別に他人に自分が持っているモノを見せつける必要はないのである。

 それに加えて、子どもができたら子の成長を見守るという新たな楽しみができて、もっと幸せだろう。子育ては大変だろうけれど。

 それ以外にも何か生きがい、やりがいを見つけられたらもっと幸せだろう。例えば仕事関係以外で友達を作って一緒に遊んだりとかね。社会に出てからできる友達は学生時代のそれとは違う。なぜなら完全に自分の意思で友達になるからだ。

 学生、特に中学校までは決められた村社会に放り込まれるから、出会う人、付き合う人を選べない。僕は学生時代、この点になんとも言えない違和感を持っていた。社会に出た後にできた友人は能動的にできるのだ。

 僕は現在サラリーマンである。正直今の仕事を生きがいに生きたいとは微塵も思わない。でも、たまに趣味の旅行に行けて、未来の奥さんとたわいない事で笑いあって、将来子どもができたら成長を見守り、自分の意思で能動的にできた友人とたまに遊んだりできれば、ささやかな幸せ感じながら生きられると思っている。そんな風に思うってことはもう若くないんだろうな。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00│Comments(0)日常 | 戯言
スポンサードリンク

コメントする

名前
 
  絵文字