2017/10/01

サラリーマンの仕事=調整

組織に属するストレス

 

 僕は組織に属して働くのって煩わしいと結構な頻度で思う。と言うのも集団が大きければ大きいほど、「調整」という業務の比重が大きくなるからである。勿論仕事は一人だけですべて完結できるわけではないのは知っているけれど、この煩わしさ凄くストレスになる。

 まず調整するっていうのはサラリーマンをやっていれば、誰でもわかるだろう。何か大きなことをやったり、物事に変更を加えたりする時にあっちを立てれば、こっちが立たないと言う事が起こる。あとは変化を嫌う人もいる。僕たちは組織に属している以上、色々な部署、人間の利害を考え、うまく調整しながら仕事を進めないといけないのである。

 また、変な軋轢を生まないように、僕達は物分かりの悪い人(上司や先輩にいるととても難儀である)や変化を嫌う人に、噛み砕いた表現で説明したり(言い回しを変えて説明したり)して、納得してもらった上で仕事を進める必要がある。これらを調整と呼ぶ。

 上記の調整業務に時間を取られちゃうといつまでたっても仕事が進まないし、それ以上に大事な事に注力できないのである。実に腹立たしい。はっきり言って無駄、組織に属することのデメリットだと思う。(昇進したらこの調整業務の比重がますます大きくなると考えると実につまらないなと思ってしまう。)

 僕はサラリーマンの仕事は楽だとは決して思わない。ノルマもあるし、面倒くさい上司や先輩とも(ある程度の距離を置いてだが)付き合わないといけない。取引先の無茶ぶりにも対応しないといけない事もある。そしてその中で一定の成果を出さないといけないのである。しかし、同時に内容がとんでもなく難しい業務なんてほんの一握りだと思う。

 超がつく程難しい仕事はそれほど多くないことを踏まえて、僕は一つの回答を見出した。それはフリーランスとして働くことである。フリーランスとして働くならば、調整に時間を取られるのを0にはできないにしろ、大幅に減少させること出来ると考えるからである。

 僕は将来フリーランスで働きたいと密かに思っている。その為には自分にしかない専門性を身につける事、今まで会社がやってくれていた税金、健康保険、年金などのお金周りの実務能力を身につける事が必要になる。

 組織に属するストレスから解放される為には、自分を磨いて、組織に養ってもらわなくても生きていける力を手に入れるしかないと言うのが、もしかしたら真の回答なのかもしれない。

 あ、最後に話を逸らすと、組織で働く事をフリーランスとして働く為の踏み台として考えるならば、少しはストレスが軽減できるからもしれないな。だって専門性はわからないけれど、少なくともお金周りの知識については今後ずっと付いて回る問題なんだから。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス