2017/09/13

投資、資産運用に役立つ書籍

 本記事では僕が過去に読んだ投資、資産運用関連の書籍で参考になったもの、役に立った物を上げたいと思う。

 

<投資信託> 


 

 正しい投資信託の選び方を学習することができる。初心者にもわかりやすい言葉で書かれているのも良い点だと思う。ただし紹介されている投信は発行当時の物なのであくまで選び方を学習するに留めること。余談だが、現在ではこの本が発行された当時とは比べ物にならないほどの低コスト投信が設定されている。

 

<積立投資> 




積立投資について本当にゼロベースの知識でわかるように書かれた良書だと思う。また投信の仕組みなども書かれており、非常に参考になる。僕は忙しいビジネスマンが投資をやるとしたら、積立投資は最適な方法だと個人的に思っている。これを読むと投資と言うのは怪しい物でもなんでもなくて、その逆の堅実なものだとわかると思う。

 

<iDeCo> 

確定拠出年金の教科書
山崎元
日本実業出版社
2016-07-22

 

 個人型確定拠出年金、通称iDeCoについて説明している書籍。一度読めばどういうメリットがあるのかなどの全体像がわかる。運用する投信の選び方については、積立投信と同じように選べば良いので他の書籍を既に読んでいるようであれば、特にそこの部分に関しては読む必要はないと個人的には思う。

 

<ポートフォリオマネジメント>


 

 ポートフォリオマネジメントの大切さを実例から学びたい方に特におススメの良書。アメリカ最大の年金基金、カルパースのポートフォリオを紹介する等、実例を見てポートフォリオマネジメントについて学習できる。コア・サテライト戦略についても書かれており非常に参考になる内容だと思う。上記の書籍を読んで投資や資産運用に興味を持った方は是非読んでい頂ければと思う。

 

<コーポレートファイナンス> 


 

 インデックスファンドを積立投資するだけならば、正直この書籍は不要だと思う。しかし、個別株に長期投資をする方等には非常に参考になると思う。実在する企業を題材に企業価値を計算してみるなど、非常にためになる内容だった。お時間がある方は読んでみてはいかがだろうか?

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)資産運用 | 読書