2018/10/21

副業禁止とか最早時代遅れだろ

 昨今は空前の副業ブームである。しかし一方で、多くの会社で、副業禁止を就業規則で定めている。僕はこれを時代遅れだと思っている。だって会社がずっと面倒を見てくれる時代は終わったんだから。

そもそも就業時間以外に口を出すこと自体ナンセンス

 確かに就業時間外に法に触れる事をやったり、会社の品位を下げる事をやったり、会社の不利益を与えるような事をやっていたら、それは問題だろう。

 また就業時間内に副業をやられるのも、雇主からしたら困るだろう。だってお金を払っているのに自分のところに利益をもたらさないんだから。

 でも、僕が言っているのはそういう事ではない。就業時間外にビジネスをやるのであれば、ガタガタ言うなと言っているのである。本来就業時間外は自由時間のハズである。

 また、本業に影響が出るとは言うけれど、その根拠もハッキリ言って皆無である。要はやり方次第ではないだろうか?

 むしろ、次の日も仕事があるのに、連日深夜まで飲み歩いている人のほうが問題なのではないか?本題から外れるけれど。アルコール摂取は睡眠を浅くし、次の日の生産性を著しく下げる効果があるのに異論を唱える人は誰もいないだろう。それは野放しして副業には目くじらを立てるのに合理性は皆無だろう。

 ところで、僕は思うんだけれど、もし副業により従業員がスキルアップしたら、むしろ雇主からしたらプラスなのではないだろうか?自分で事業をやるとなると非常に多くの事を考える必要がある。

 例えば、そもそもどんな商品やサービスを提供するか、どうやってマーケティングするか、運転資金をどうやって資金調達はどうするか、流通経路はどうするか、価格設定はどうするか、幸運にも売上がでたら、会計処理や税務処理はどうするかなど考える事はてんこ盛りである。

 もし、これらのすべて経験している人材を雇えるんだったら、雇主としては間違いなく嬉しいのではないだろうか?

 以上の理由から、雇用主にとっては良い人材確保にもつながると同時に、従業員を今より経済的により豊かにすることができる副業は許されて然るべきだと僕は考える。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス | Opinion