2018/12/30

今の僕が思いつくビジネスモデル

 僕は残念ながらクリエイティブな人間ではない。だからゼロから何かを作るのには向いていない。だけれど今まで30余年生きてきた知識、スキル、経験から、既存のモノを組み合わせて新しいモノを作ることはできると思っている。

 僕は英語を使って外国人とコミュニケーションを取ることができる。お金周りの知識も人よりはある方だと思っている。法律の知識も仕事柄ある程度ある。これらを組み合わせて何かできないか?と今考えているのである。

 これらを組み合わせてビジネスをやろうと思う理由は、ホリエモンの本を読んだからだ。堀江貴文氏が掲げるビジネスの鉄則は4つある。

 1つ目は小資本で始められることである。英語力、お金周りや法律の知識を使ってビジネスをやるならば、顧客と会って話して、ソリューションを提案することが考えられる。これらに必要な機材はパソコン、プリンター、最低限の事務用品くらいだろう。ミーティングはカフェやレストランでやれば良い。つまりビジネスを開始するのに大きなお金は要らないのである。

 2つ目は在庫がない、若しくは少ないことである。僕が考えるビジネスはソリューションの提案であるので、在庫は0である。

 3つ目は利益率が高いことである。僕が考えるビジネスに高い維持費がかかる機材はない。また、モノ作りではないので沢山の人を雇う必要もない。だから、効率的に業務を行うことができれば、高い利益率を維持できるのでは、と考えている。

 4つ目は毎月の定期収入が確保できることである。これはビジネスを継続していくことで蓄積されるノウハウをパッケージ化してnote等で販売することができれば、実現できるのでは、と考えている。

 最も僕が考えるビジネスがどのような顧客に需要があるのかが未知数なので、未だ机上の空論だろう。

 英語力はネイティブレベルとは程遠いので、日本人を相手にビジネスをするならば、完全に不要だろう。そうすると、英語力はあくまで顧客とのコミュニケーションツールとして使うべきだろう。

 お金周りの知識については、どの客層にも需要はあるだろうけれど、個人的には金融商品を勧めてフィーを稼ぐビジネスモデルを構築したいとは考えていない。だから顧客への聞き取りから、最適なライフプランニング案を提案するビジネスが考えている。

 僕は弁護士ではないので、訴訟行為はできない。だから法律の知識を活かしてビジネスをやるとなると、顧客の話を聞いて、法律的なアドバイスしたり、書類作成を代行することが考えられる。

 そうすると外国人をターゲットにして、お金周りの提案や法律行為の手伝いをするビジネスモデルを作ることになるんだろうか?うーん。中々難しい。

拝金 青春経済小説
堀江貴文
徳間書店
2013-07-01





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス