2018/11/04

学校嫌いなんて気にする必要なんてない

 僕は学生時代(主に小学校から高校まで)まで学校が嫌いだった。正直本当に楽しいと思ったことなんて一度もなかったのではないだろうか?その一方で今はそこそこ楽しんで生活できている。

 小学校から中学校までの僕は、何かと理由を作って欠席していた。頭が痛いとか、熱があるとか言ってね。不登校と言われるレベルではなかったけれど、サボりマンだったことは間違いないだろう。だってテレビゲームの方がやりたかったんだもん。

 高校生の時は家から学校までの通り道に映画館があったので、朝家を出て、適当なところで時間を潰して、映画を観てから登校するなんて日常茶飯事だった。だって学校の授業よりそっちの方が楽しかったからね。

 そんな話をすると、僕が学校でいじめられていたとか、学校の授業について行けなかったとか思う人もいるかもしれない。けれど、僕はいじめられていなかったし、勉強はそこそこできる方だった。単純に僕は学校生活が好きじゃなかっただけだ。

 何故好きじゃなかったのか?僕はあのみんな同じ、人と違うことをしたら顰蹙を買う同調圧力、村文化に若いながらウンザリしていたのである。だからサラリーマン生活も好きではない。(給料を貰っているわけだから、学生時代のようにサボったりしないけれど。)

 でも大学に進み、アメリカ留学を経験したら視点が変わった。留学中、個人主義的な思想で生きていても問題ないんだということを初めて肌で感じることができた。

 別に僕は海外かぶれとかではない。現に僕は日本で生活することを選んでいる。日本のご飯の方がおいしい、良いサービスを受けられる等優れているところが多いのを僕は知っているからだ。

 僕はこの記事で視野を広げる為に海外に飛び出せとか、適当なことを言いたいのではない。小学校から高校までのような閉鎖的な世界に嫌気がさしても、人生捨てたものではないと言っているのだ

 現に今年32のオジさんの僕は、仕事は正直好きではないけれど、学生時代より人生を楽しんでいる。何故なら社会人の方が付き合う人を能動的に選べるからだ。

 会社や取引先の人とは仕事以外では付き合う必要はない。完全に断ち切るのは難しいけれど、避けることはできるだろう。

 そして学生時代の友人は社会人になれば切ろうと思えば簡単に切ることができる。何度か誘いを断れば向こうから切ってくれるだろう。

 でも不思議と古い関係を断ち切ると新しい出会いがあったりするのである。そして新しく出会いでは、学生時代のようなウェットな付き合いはしなくて良いからかえって楽である。そんな生活ならば学生生活より楽しいだろう?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)Opinion | 人間関係