2019/01/13

お待たせ!の段階でファッションチェックは始まっている。

最初に書いておくと、僕自身は全くファッションには興味がない。だけれど、同時にそれなりの身だしなみをしていないと、自分が損することを僕は知っている。身だしなみを整えるとは独創性でオシャレな格好をすることだろうか?僕の答えは明確にNOである。 

僕が考える「それなり」の身だしなみとは相手に不快感を与えない、ダサいと思わせないファッションのことである。僕達が誰かに会う時、別に個性的な服を着る必要もないし、この人すごいオシャレだとか思わせる必要は全くないのである。

だけれど、どの瞬間から人はこの人はダサい、この人はオシャレだと評価しはじめるのだろうか?相手の顔をハッキリと認識できる瞬間だろうか?それとも・・・・?

ところで、休みの日のコーディネートを考える時に、皆様はトップスを先に考えるだろうか?それともボトムスからだろうか?多くの人はトップスから考えがちだ。なぜなら相手の顔を見た時に同時に視界に入るのはトップスだからである。

ところが、この考えは大事な事を見落としているのである。皆様にデートや待ち合わせしている状況をイメージしてほしいんだけれど、僕達の視界に最初に映る相手の姿はどんなだろうか?

答えは簡単で、全体像である。僕達が相手にお持たせ!と言う時も、僕達が相手に言われる時も、最初に視界に映る相手の姿は全体像である。つまり、トップスが視界に入るころには、相手のファッションチェックはもう既に終わっているのである。 

だから、僕は敢えてコーディネートをボトムスから考えるのを提案したい。なぜなら汎用性の高いボトムス選べば、トップスはある程度適当でもそれなりのコーディネートが作れるからである。

僕は週末用のボトムスを黒スキニー、ベージュのスリムチノ、白のスリムチノ、ブルーのスリムデニムで回している。すべてユニクロでOKである。余談だけれどユニクロならば無料で裾上げもしてくれるので、スッキリ着ることが出来る。

上記に共通しているのはすべて細身であることである。また細見に加えて、何も柄が入っていない無地のものを選ぶとなお良いだろう。ボトムスにシンプルかつスッキリしたフォルムを持ってくるとコーディネートが本当に簡単になるからである。

ファッションチェックは、僕達が考えているより早い段階で始まっており、トップスの柄をハッキリ見られる頃には既に終了している。だから全体像を意識してコーディネートを考えないといけないのである。 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ファッション | 日常