2019/03/24

積立投資は最良の貯蓄手段…だけれど

 僕はインデックスファンドを積立投資している。思うにこの方法は時間のないサラリーマンが貯蓄する手段としては、最良の方法である。

 だけれど、それだけではサラリーマン卒業を成し遂げることは絶対にできない。もし既に運用資産が1億とか2億あるんだったら話は変わってくるだろうけれど、僕を含めた一般的なサラリーマンにそんな人はまずいないだろう。

積立投資はただの消費の先送り

 貯蓄とは消費の先送りである。僕が積立投資をやっているのは、単純に銀行にただ預けておくより期待リターンが高いからである。そう僕は積立投資を貯蓄の一手段と位置付けている。

 勿論、積立投資の期待リターンが銀行預金より高いだけがメリットではない。保有資産の分散、買付のタイミングの分散により、リスクの低減を図れるのは大きなメリットだ。

 だけれど、それだけではサラリーマンを卒業できない。積立投資を定年まで続ければ、高い確率で老後は安泰だろうけれど、僕は定年前に卒業したいのだ。

結局労働以外で金を生む仕組みを作らないとタダの貯金と変わらない

 結局のところそれ自体が金を生む仕組み、ビジネスだったり、商品を持たないとサラリーマンを卒業するのは不可能だと思う。

 普通のサラリーマンが1年間に投資に充てられる金額なんてせいぜい100万くらいだ。僕は100万すらできていない。仮に出来立てして100万円をインデックスファンドで運用したとしていくらになるだろうか?調子が良くて10〜15万、平均だと5〜7万が関の山だろう。

 僕の昨年の年収は税引き前530万くらいで手取りだと400万くらいだった。僕のライフスタイルだったら、毎年勝手に同程度の金が入ってくるならば働く必要はないだろう。

 インデックスファンドの期待リターンを5%と仮定すると税引き前で500万の利益(税率約20%のため)必要になる。500万の利益を生むためにはちょうど1億必要になる。

 仮に毎年100万、利回り5%で複利運用すると1億に届くのに約37年かかる。つまり1億出来上がる頃には残念ながら定年しているのである。

働きたくないならより強力な仕組みが必要

 結局のところ資産運用だけでサラリーマンをアーリーリタイアするのは絶望的なくらい可能性が低い。だったらどうか。

 サラリーマンを卒業したいならば、非労働集約型のビジネスを作るしかないという結論にならざるを得ない。お金と時間を同時に手に入れたいなら、どうやら間違いなくこれが答えのようである。

 なぜなら独立したとしても、労働集約型のビジネスだったらサラリーマンの方がマジだろう。だって失敗しても怒られるだけで、最悪クビになるかもしれないけれど、給料はもらえるし、命までは取られないんだから。

 ようやく答えにたどり着いた。あとは自分のビジネス、商売を見つけるだけだな。それが難しいんだけれど。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)資産運用 | ビジネス