2018/11/18

キャッシングポイントを増やす

僕はしがないサラリーマンだ。しかし、将来は組織に依存しない生き方ができればと思って生活している。それには何が必要だろうか?

その答えは簡単である。給与に依存しなくても生きていけるだけの経済力である。これさえあれば会社に依存する必要はない。当たり前の事だけれど、それが難しい。

実際、事業を所有し、そこからの事業所得、加えて自己の資産からインカムゲイン、キャピタルゲインで生活できるのならば、会社にしがみつく必要は皆無だ。極論を言えばニートになることも可能だろう。

僕は会社の帰りにサウザー氏がパーソナリティを務めているサウザーラジオを聴くのが日課になっている。

彼が言っていることはいつも同じだ。そして概ね正しい(彼は否定的だが、僕は投資、資産運用をアーリーリタイヤする前からある程度やっておくべきだと考えているけれど。)取り上げるお題が多様なのは流石だと思う。毎回ついつい聞き入ってしまう。

彼は毎晩サラリーマン辞めたいなら何か商品を持て、ビジネスを持てと説く。さすればニートになれると。彼の生活を聞いているとニートではないような気がしないでもないけれどね。

僕自身はニートになりたいとは思っていない。目指すのは週の4日くらい好きな事をやって残り3日働くような生活だ。週3日ならば楽しく働けるような気がするしね。

4日あればアメリカやヨーロッパなどの遠方への旅行は厳しいけれど、国内やアジア圏、ミクロネシアなどなら十分楽しめるだろう。僕はそんな生活が欲しいのだ。

残りの3日を仕事に使うのは、社会との接点をある程度確保して、一定水準以上の社会性を維持するためだ。金のために働くのではない。僕はコミュ障だから、一定水準以上のコミュ力を維持する努力をする必要があるのである。

サウザー氏が彼のラジオで仰っていた「芸人+α」のような生活が僕の目指すところだ。生活するための収入を自分の事業から稼ぎだし、残りの遊ぶ為の金を労働から得るような生活が僕の理想だ。遊ぶためにお金を稼ぐんだったら、モチベーションを維持しながら働けるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加