2019/02/17

アイディアを組み合わせるスキル

 僕達の日常で、単体では買わないけれど、組み合わてならば買うモノやサービスってたくさんある。ところが組み合わせてならまあまあの頻度で買ったり、利用したりするモノやサービスがあったりする。

 例えば、僕はイカの塩辛やビーフジャーキーなどのツマミは単体では絶対に買わない。だけれどビールやウィスキーなどの酒とならば結構買ったりする。

 海外旅行に行く時、海外旅行保険に入ることがある。僕も昨年の終わりに新婚旅行に行ったんだけど、一応最低限入っておいた。旅行保険は単体では絶対使わないサービスだろう。

 上記の考え方は自分が作るスモールビジネスや日々の仕事に使えるのではないだろうか?

 例えば、異文化交流を趣向するパーティービジネスと語学スクールを融合させることはできないだろうか?外国人と日本人の出会いの場を作るパーティビジネスを手がけて、そこに語学スクールを併設するのである。パーティビジネスだけだと競争が激しい、語学スクールだけの場合も同様だろう。

 だけれど、2つを組み合わせればどうだろう?外国人と出会いたいけれど語学力が不足している人、語学力はあるけれどそれを使う機会がないって人、若しくはその両方を満たしたい人はある程度いるような気がする。最も必然的に外国人とのビジネスになるので、日本人以上にリスクマネジメントが必要になるだろうけれど。

 もし2つの商品、サービスを同時に展開するほどの財力や時間がない場合は、自分の提供するサービスや商品と相性の良いビジネスをやっている人を見つけて、仲良くなって業務提携してしまうのも手じゃないだろうか?

 僕は将来、最低限の生活を維持できるだけのキャッシュポイントをサラリーマンをやりながら作り、その後フリーランスや自営業の様な働き方をしたいと思っている。それが僕の目標である。

 独立後、僕は2つのビジネスをやるほど器用ではないし、そもそも時間の余裕が欲しいので、何か小資本で始められるビジネスを始めて、自分のビジネスと相性の良いビジネスをやっている人を探すだろう。

 とは言え、先ずは核となるビジネスを作るところから始めないといけないんだけれどね。僕は金持ちじゃないし、怠け者なので小資本で始められて、自動化がしやすいビジネスモデルを作らないとな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ビジネス | Opinion