2018/12/09

資産運用や投資でセミリタイヤは無理ゲー

資産運用や投資でセミリタイヤは正直無理ゲー
 
 セミリタイヤをしたいと思った時、僕達の多くは資産運用や投資を思い浮かべるだろう。僕もその1人だった。でも資産運用や投資での実現は難しいだろう。理由は簡単で、規模が小さすぎるからである。

 もし期待リターンを5%と仮定して、僕の運用資産が1億とかあったら資産運用、投資でセミリタイヤする事は十分可能だろう。これが規模の力である。

 1億円持っていて期待リターンが5%で運用したら、税引前で500万、資産運用、投資に対する税金は約20%だから、税引き後で約400万になる計算だ。そこから国民健康保険やら国民年金を引かれても、特定口座の源泉徴収ありやNISAで取引しているのであれば大した金額にはならないので、裕福でなくてもそれなりの生活ならば可能だろう。

 だけれど、多くの人はそんな大金を持っていないし、そこまで殖やすこともできない。もしインデックスファンドへの投資のみで1億に届かせようと思ったら相当の長い期間が必要だろう。1億に届かすのは、今の方法ではおそらく無理だろう。それではアーリーリタイヤにはならない。

解決策はたった一つ

 ではどうすれば良いか?それは自分の商品を作ることだ。それについては毎夜サウザー氏がVoicyにて熱弁されているので、聴いてみてほしい。辛口だけれど、彼が仰っていることは多くの面で正しいだろう。

 僕は自分の商品を作ることに目を背けていた。投資、資産運用でどうにかなると考えていた。なぜなら投資や資産運用はやり方によってはほとんど手間がかからないからである。つまり、僕は怠け者だから目を背けていたのである。

 考えてみたら投資や資産運用は事業会社だったらどこでもやっている。もしそれらの会社が投資や資産運用で十分な利益を取れるならば、独自の商品を作らなくなるだろう。でもそうはなっていない。これは個人にも当然当てはまる事象である。

 確かに投資や資産運用は必要だけれど、それらはあくまで自分の資産を守る手段であり、攻めの手段ではないのである。商品を作ることが攻めの手段なんだと今更ながら再確認した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)資産運用 | ビジネス