2019/03/10

ファッションに金かける必要なくね?

 レディースファッションは非常にリーズナブルな価格で楽しめるのに対して、メンズファッションは割高の様に思う。男はデート代を多めに出す機会も多いだろうし、身体も大きいから食費も女性よりかかる。

 上記のような状況だと必然的に若い男性の可処分所得は、女性よりも低くなるのではないだろうか?事実そうだと思う

 そんな状況だと、若い男性にファッションに金をかけるほど余裕はなくなってくる。趣味、彼女なし、貯金しない、投資や資産運用はしない、本を買うなどの自己投資も一切しない、というならば金をかけることができるだろうけれど。多くの人は違うだろうし、違う事を願う。

 ところが、そんな状況だけれど朗報がある。それはファストファッションの台頭である。僕達は今までは考えられないほど安価な価格でオシャレが出来る。

 僕の去年の年収は大体530万くらいで、ここ数年は横ばいか微増傾向にある(もしかしたら今年は、最近残業時間が減少傾向にあるので減少するかもしれないけれど)。ところが、衣服にかける金はむしろ減少傾向にある。

 むしろ大学生や社会人1年目とかの方が衣服への出費が多かったくらいだ。オシャレに対する意識が高かったのもあるかもしれないけれど、多分それだけではない。

 答えは簡単で、昔よりファストファッションがオシャレになっているのである。ユニクロ、GU、無印良品はシンプル、ベーシックな商品が多く、コーディネートを考えるのに非常に役立つ。ユニクロは自社の服をコーディネートの部品として捉えていると聞いたことがあるが、おそらく本当だろう。

 上記ファストファッションブランドはシェアを伸ばして儲かっているから、品質も上がっているように思う。特にここ最近でGUの品質は明らかに上がった(一方ユニクロは商品によっては下がった疑いがあるけれど)。

 いずれにしても、上記のファストファッションのデザイン性、品質の向上により、僕は他の店で服を買う必要性を感じられない。むしろオシャレに気を配るならば、服のブランドより筋トレをして引き締まった身体を維持することに注力して方が良い様に思う。

 僕達はファッションに金をかける必要がない時代で生活しているのである。むしろファッションに金をかけるならば他の事に金を使った方が賢い時代だろう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_talent at 00:00|PermalinkComments(0)ファッション | Opinion